パナソニックGH1とニコンD90の高感度ノイズの比較ではD90が1段分のアドバンテージ

CAMERA LABSにパナソニックDMC-GH1とニコンD90の高感度ノイズの比較レビューが掲載されています。

Panasonic Lumix DMC-GH1 High ISO Noise preview

  • ISO100ではGH1もD90もノイズが無く大変クリアな結果。GH1はデフォルトでシャープネスがより強くかかっており、D90よりいくらかディテールの描写は上
  • ISO200ではGH1とD90は共に何の問題もない。ISO400では両機ともおぼろげにノイズが浮かんでくるが、心配はないレベル
  • ISO800では両機ともともにわずかにノイズが目立ってくる。両機は大雑把に言って同程度だが、細かく見るとD90のほうがわずかにリードしている
  • ISO1600では差が見えはじめ、GH1はかなりノイズが増えてくるが、D90は輪郭がソフトになるだけでディテールは良好
  • ISO3200ではGH1はノイズが多くなり色が薄くなるが、ディテールは保っている。D90はディテールが若干甘くなる程度で素晴らしくクリーンなイメージ。D90はISO6400にも設定でき、ノイズは非常に多くなるがかなりのディテールを保っている
  • ISO1600以上の高感度ノイズでは、GH1と比べてD90に1段分のアドバンテージがある

 

GH1とD90の高感度性能は、ISO400までは同程度、ISO800で若干D90がリードし、それ以上ではD90に1段分のアドバンテージという結論になっています。

サンプルを見ると、 D90は高感度でもノイズとディテールのバランスがとれていて良好な画質を維持しているようです。D5000もD90と同じセンサーを採用していますが、このニコンの12MPセンサーはとてもバランスのいいセンサーのように感じます。

GH1は高感度ノイズは目立つもののディテールは比較的よく保持していて、センサーサイズが小さい割りには健闘している印象です。

2009年6月16日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2009年6月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-P1&交換レンズの大きなサイズの画像」です。

次のブログ記事は「オリンパスが「E-P1」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る