ニコンD5000はAFや露出などのカメラの基礎部分が非常によくできている

dpreviewにニコンD5000の詳細なレビューが掲載されています。

Nikon D5000 Review by Richard Butler, June 2009

  • 画質はまぎれもなく素晴らしいもの。デフォルトの設定ではJPEG出力がややソフトだが、若干のパラメータの調整でよい結果になる。RAWでの撮影がベスト
  • デフォルトのJPEGでは、KissX3のほうがシャッキリとした描写。E-620との比較でも積極的にシャープネスを強くしているE-620のほうがシャープ
  • 高感度の性能は大変に素晴らしく、ISO800までは見事なノイズレベルを保っている。KissX3との比較では、ISO800ではKissX3のほうが若干ディテールの情報が多いが、それ以上の感度ではD5000のほうがディテールに優れる
  • ファインダーはこのクラスのカメラとしては出来がいい。露出は正確だがアンダーになる傾向があり、ディテールの喪失を防いでいる
  • 位相差AFは高速だが、コントラストAFは非常に遅く多くの場面で役にたたない
  • 動画はコンデジと比べれば素晴らしい品質だが、制限が多く、メインの録画機とはなり得ない
  • D5000は機能がテンコ盛りのカメラだが、それ以上に重要なことは、AFや露出などのカメラの基礎の部分が非常に良くできていることだ

 

KissX3やE-620の画像と並べて比較してみると、D5000のJPEG出力はかなりシャープネスが弱く、ソフトな感じがしますね。DIGIC4以降キヤノンのJPEG出力はソフトな傾向にあると言われていますが、D5000のほうがよりソフトな絵作りというのは少し意外な感じもします。

ただ、高感度になると、KissX3はディテールが失われ色が淡くなってしまうのに対し、D5000は粘り強くディテールや色を保持していて良好な描写ですね。

2009年6月15日 | コメント(3)

コメント(3)

同サイト(dpreview)で同評者(R.Butler)による、D5000とD90の比較を見てみたいです。

早合点でした。
JPEGとRAWのサンプル比較は、D60も交えて載っていましたね。^^)

wewekkさん
コメントありがとうございます。

ここでは、結論など元記事のごく一部しか紹介していませんが、D60との比較など、元記事にはいろいろと書いてありますね。ただ、34ページもあるので全部読むのはかなり大変かもしれません(^^;


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2009年6月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックのコンパクト型マイクロフォーサーズ機は外付けEVFが用意され9月か10月に登場?」です。

次のブログ記事は「パナソニックG1とGH1の高感度の画質には予想外の差がある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る