オリンパスE-P1と各社ハイエンドコンデジとの大きさの比較写真が掲載

Photo RumorsにオリンパスE-P1と、各社の主要なハイエンドコンデジとの大きさの比較画像が掲載されています。

E-P1, DP1, LX3, G10, P6000 size comparison 

(※リンク先の画像を参照してください)

  •  ソースは中国のxitek.com

 

オリンパスE-P1の横幅は金具の部分を含めずに見ると、シグマDP1よりわずかに小さく、パナソニックのLX3、キヤノンのG10、ニコンP6000よりも若干大きいといったところのようで、レンズ交換式のデジカメとしては予想以上のコンパクトさですね。

また、レンズを含めないボディ部分の厚さでは、LX3よりは若干厚いものの、DP1とは同程度、G10と比べるとE-P1のほうが薄いように見えます。

このサイズならパンケーキレンズを付けてコンデジ感覚で持ち歩くことも十分可能ですね。ただ、E-P1は標準ズームを付けると、かなりかさばってしまうかもしれませんが・・・

2009年6月10日 | コメント(2)

コメント(2)

ボディの寸法もコンパクトさを語るには重要ですが、最近の高級コンパクト機はレンズキャップを付けるものが多くなっているのが不満です。
これだと、レンズ保護のためにフィルタを装着できない場合が多く、私の持っているDP2だとレンズフードを介してフィルタを付けることになり、使用していない場合でも3cmていどの突起物としてコンパクトさをスポイルしているからです。
その点、本機は1眼デジと同様にレンズに直に保護フィルタを装着できますからレンズ方向の寸法も、ボディの厚みを考慮しても薄くできそうです。
写真で見る限り、上から見た雰囲気は、クラシカルなデザインのようですね。

まるさん
コメントありがとうございます。

コンデジは確かにフィルタを使おうとすると、いろいろと不便なことが多いですよね。フィルタを多用する人はそれだけでマイクロフォーサーズを選ぶメリットがありそうですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2009年6月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマDP2は低感度でRAWを使って撮影すると息をのむような画質」です。

次のブログ記事は「次期EOS-1DはAPS-Hのままで15MPの新型センサーを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る