パナソニックG1とGH1の高感度の画質には予想外の差がある

デジカメWatchにパナソニックのG1とGH1の高感度の画質を比較したレビューが掲載されています。

パナソニックLUMIX DMC-GH1【第1回】 高感度でG1と対決

  • G1とGH1は高感度での静止画の画質において予想外の差があった
  • ISO400ではほとんど差はないが、ISO800になると違いを感じる箇所が出てくるがそれほどの差はない
  • ISO1600では違いがはっきりしていて、G1は輪郭がぼさぼさになりノイズもきつく、色も薄くなる。ISO3200ではG1は輪郭がとろけ、ノイズもくっきり浮き出す。GH1のISO1600と3200の優秀さには関心した
  • 結論として、ISO800までなら大きな差はなく、ISO1600以上をよく使うならGH1のほうが画質で有利。14-140mmのような暗いレンズを多用するならGH1のほうが心強いケースが多いだろう

 

こうして並べて比較してみると、G1とGH1の高感度の画質には意外に大きな差がありますね。これだけの画質の差があれば、ISO1600~ISO32000の高感度を多用するユーザーは、動画がそれほど必要なくてもGH1を選ぶ意味がありそうです。

2009年6月15日 | コメント(2)

コメント(2)

いつもブログ参考にさせていただいています。

私はこの記事を参考にして
G1から、GH1へ乗り換えたひとりです。

高感度時のノイズは、G1でもオリンパスのE-3より
改善されている印象でしたが
GH1はさらに改善されていました。

最近はE-3を押さえて
もっとも出動率の高いカメラです。


パパカメラさん
コメントありがとうございます。
 
GH1は動画が追加されただけでなく画質も向上しているようで、いいカメラに仕上がっていますね。
マイクロフォーサーズ用のレンズもだんだんと揃ってきたので、私もそのうちGH1を手に入れたいと思っています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年6月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD5000はAFや露出などのカメラの基礎部分が非常によくできている」です。

次のブログ記事は「オリンパスのマイクロフォーサーズ機は6月16日の午後に発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る