ニコンAF-S DX 10-24mm F3.5-4.5Gはワイド端の四隅の描写が弱点

photozoneにニコンのAF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G EDのレビューが掲載されています。

Nikkor AF-S DX 10-24mm f/3.5-4.5G ED - Test Report / Review

  • 歪曲は10mmでは3.1%のタル型でライバルよりも大きい。それよりテレ側の焦点距離では0.5%前後で良好に補正されており、14-18mmの間で糸巻き型に変わる
  • 周辺光量落ちは開放ではズーム全域で0.75EVで、超広角ズームとしては穏やかな値
  • 解像力は中央部はズーム全域で素晴らしい性能だが、四隅は10mm開放ではかなり悪い値で、良好な解像力を得るには10mmではF8まで絞る必要がある。それより長い焦点距離では四隅の解像力はとても良い
  • 倍率色収差はピークの10mmで1.6ピクセルで、超広角ズームとしては穏やかな値。面白いことに、絞っても色収差の大きさは変わらない
  • しっかりした性能で、サードパーティ製を躊躇していたユーザーにはよい解決策だが、残念なことに安価ではない。DX12-24mm と比べるとDX10-24mm は同程度の鏡筒のクオリティで同じズーム域では性能も同程度。DX10-24mmを選択しない理由を見つけることは難しい

 

10mmでの四隅の解像力だけがウィークポイントですが、絞れば十分な解像力になるので実用上はあまり問題はないかもしれません。それ以外の焦点距離では絞り開放から高性能で、なかなか優秀なレンズと言っていいのではないでしょうか。

2009年7月24日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF24-70mm F2.8LとEF70-200mm F2.8L ISが8月にリニューアル?」です。

次のブログ記事は「パナソニックの新型マイクロフォーサーズ機は9月に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る