ペンタックスK-7はJPEG撮って出しではソフトな絵作り

ペンタックスK-7のリークでおなじみのRiceHigh's Pentax BlogにK-7のレビューが掲載されています。

My K-7 Hands On Test and Findings

  • キットレンズではAFは高速で、30-40kmで走る車を3~4コマ/秒で連写できる。合焦率は高い
  • シャッター音やミラーの作動音は静かだが、滑らかでスムーズではなく、荒々しい音
  • シャッターラグはペンタックス機としては最も短く5Dに近いが、D300や50Dには及ばない
  • 軽量コンパクトなボディは、バランスがよく快適なホールディング
  • オートホワイトバランスの信頼性は進歩していて、過去のペンタックス機の中ではベスト
  • ファインダーは視野率はほぼ100%だが、明るくはなく、倍率も高くない。トンネルを覗くような感覚があり、フルサイズ機のファインダーとは比較できない
  • 77分割の露出は明るい場所を重視しすぎで、小さなハイライトが周辺部にあっても露出アンダーになる。K-mの16分割の露出のほうが良好
  • AF精度はこの画素数のデジタル一眼としては、十分ではないように思える。これが、ソフトな画像が多くなる原因の一つかもしれない
  • 高価な防滴のキットレンズは周辺部が不鮮明で、中央も抜群にシャープではない。光学性能はよくない
  • 色は彩度が高すぎてナチュラルモードでさえ不自然な印象。サムスンのCMOSセンサーの画像はソニーやキヤノンに比べて不利に見える
  • 画像はノイズが多く、EOS 5Dと比べて2段分は負けている
  • JPEG撮って出しでの画像は、全体がとてもソフト。これは、センサーが本質的にノイジーでノイズリダクションを必要とするためではないか

 

一時はK-7をかなり辛らつに批判していたRiceHigh氏ですが、少し時間が経ったためか多少落ち着いたレビューになってきましたね。とはいえ、辛口のレビューであることには変わりありませんが・・・ 

K-7のJPEGがソフトな絵作りになっているのは、あちこちでよく言われていて、K20Dと比べると確かにソフトになった印象があります。ただ、ここであげられている比較サンプルは、フルサイズの5Dとの比較でレンズも異なっているので、あまり適切な比較対象とは言えないような気がします。

2009年7月15日 | コメント(4)

コメント(4)

また辛口だなぁ汗 しかしソフトな絵作り、低ISOにおいても拡大するとざらつきがあったり、AFも迷う場面もあるし、一概には否定できないコメントだなと思います。キットレンズは言うほど悪くはないと思いますが。。。発色の良さはペンタはいいと思うので、悪いところばかりではありません。なんせこのサイズでこの価格ですから。

K-7位のファインダーでトンネルを覗くような感覚と言ってしまったらAPS-Cはほぼ全滅フォーサーズとかどうすんでしょうね? シャッター音もあれで荒々しいですかね???
ちょっとこのオッサン?はレビュアーとしてどうなのかなと思います。頭に血が上りやすい人なんでしょうか(笑)

管理人です。

同一ホストからハンドル名を変更しての連投がありましたので、公開していたコメントを削除させていただきました。当サイトでは自演やそれに類するコメントは公開いたしませんので、ご了承ください。

コメントありがとうございます。
 
>soulさん
かなり厳しい評価ですけど、私も部分的には妥当なところもあるように思います(逆に首を傾げるような部分も多いですが・・・)。キットレンズは旧型と同じ光学系なので、価格が上昇した分、コストパフォーマンス的に不満になったということなのでしょうかね。正直よくわからない評価です。
 
>123さん
RiceHigh氏は5Dのようなファインダーを期待していたのかもしれませんね。K-7のシャッター音はわたしも軽快でいい音だと感じました。
でも、RiceHigh氏はK-mのオリーブカラーも購入されたようですし、熱心なペンタックスファンであることは間違いないと思うんですが・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年7月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがα500、α800、α1000を準備中?」です。

次のブログ記事は「キヤノン公式サイトの検索フォームに「バリアングル液晶」の項目名が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る