ツァイス T* Distagon 18mm F3.5 ZE (EOS用)を発表

ツァイスが海外でDistagon T* 18mm F3.5 ZE (EFマウント)を発表しました。

Carl Zeiss announces 18mm F3.5 for Canon

  • インナーフォーカスの採用で、スムーズなフォーカスを実現しながらサイズを縮小し、このカテゴリのズームレンズと比べるときわめてコンパクト
  • フローティングシステムの採用で、近接撮影時の収差を低減し、クローズアップから無限遠まで並外れた高画質を実現
  • T* コーティングにより、困難な光の状況でも反射や迷光に影響されず、カミソリのようなシャープなイメージを実現
  • 13群11枚
  • 最短撮影距離30cm
  • フィルター径 82mm
  • Distagon T* 35mm F3.5 ZE は2009年秋に発売される予定
  • 小売価格は1,049ユーロ (税抜き)

 

 EFマウント用の18mm F3.5がツァイスから発表されました。この焦点距離のレンズは純正にはラインナップされていないので、超広角好きのEOSユーザーにとっては待望のレンズの登場になりそうですね。評価の高いレンズなので、光学性能のほうも期待できそうです。

個人的には、EOS 5D MarkII と組み合わせて使ってみたいレンズですが、広角のMFレンズなのでピント合わせが少々難しそうですね。

2009年9月15日 | コメント(4)

コメント(4)

>>この焦点距離のレンズは純正にはラインナップされていない

つTS-E 17mm/F4L

ウォルサムさん
コメントありがとうございます。
 
そのレンズは大きさも重さも価格も別格なので、ちょっとジャンル違いということで(^^;

面白いレンズですね。というかはげしくしく使ってみたいです。コンタ時代からの憧れの1本です。フルサイズではもちろん、50Dであっても28mm程度と使い勝手がいいのではないでしょうか。あとはどんな絵になるのか。まあ、こちらが一番楽しみです。

フィロルさん
コメントありがとうございます。
 
私も広角好きなので、このレンズは激しく使ってみたいですね。18mmはフルサイズでも面白い画角ですが、APS-Cで使うと普通の広角レンズになってダブルで楽しめそうですね。
画質は定評のあるレンズなので大いに期待できそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2009年9月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが3480万画素のフルサイズセンサー「Super HAD CCD II」を開発中?」です。

次のブログ記事は「ペンタックスK-mの後継機が9月17日に発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る