パナソニック 45mm F2.8マクロは価格に見合うだけの性能とは思えない

dpreviewにパナソニックのLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8のレビューが掲載されています。

Panasonic Leica 45mm F2.8 macro lens review

  • 中央の解像力は開放から非常に高いが、周辺部は開放ではかなり甘い描写で、この傾向は絞っても続く。中央部はF5で最高の解像力になるが、周辺部はF8まで解像力が上がる
  • 倍率色収差は、自動的に補正されるので無視してよいレベル。素のままの状態でも色収差は非常に少ない
  • 周辺光量落ちは開放で1.3EVあるが、絞れば素早く消失する
  • 歪曲はわずかな量の糸巻き型で、完璧に近く補正されている
  • 手ブレ補正は通常の撮影では妥当な効きで、Mode1でシャッター3段分、Mode2でシャッター1~2段分の効果。倍率1/2倍の近接撮影では、極めて厳しい結果でほとんど手ブレ補正の効果がない
  • 逆光耐性は満足いくものでなく、どの絞りでもよいとは言えない
  • ボケ味はマクロ域では非常にスムーズで魅力的だが、絞り開放では口径食が目立つ
  • 操作性に関しては、フォーカスバイワイヤシステムによるマニュアルフォーカスは感触のフィードバックがなく、また距離目盛がないため、素晴らしいとは言えない
  • 20mm F1.7の素晴らしい画質にはとても関心したが、45mm F2.8マクロには同じような熱狂を感じることはできない。悪いレンズではない(実際、よいマクロレンズだ)が、高い価格に見合うだけの十分な性能を提供しているようには思えない。かろうじて、大いに推薦(Highly Recommended just)

 

ライカブランドの高価なマクロレンズなので、そつのない出来の高性能レンズを期待していましたが、実際にはあまり芳しくない評価になっています。光学性能的には周辺部の解像力がやや物足りないのと、逆光耐性があまりよくないのがウィークポイントのようです。

また、MFの機会の多いマクロレンズなので、MFの操作性があまりよくなさそうなのも気になるところですね。

2009年10月23日 | コメント(1)

コメント(1)

レビューサイトは違うけど、周辺が甘いってのは、
キヤノン100Lと似た評価だなぁ。
何かデジタル対応手ブレ補正付き中望遠マクロの、
通常撮影距離では周辺の収差補正しにくい、
共通した原因があるのかも?
マクロレンズは、マクロ域でも計測してほしいなぁ。
極小の解像度チャート作って←無理ヽ( ´¬`)ノ


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスのフルサイズ機とK-7後継機に関する噂が掲載」です。

次のブログ記事は「ペンタックスDA15mm F4 Limitedは価格は高いが価値のあるレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る