ソニーのミラーレス機「DSC-RX」(?)の詳細スペックと写真が掲載

Photo Rumorsにソニーのミラーレス機の写真や詳細スペックなどの噂が掲載されています。

Is that the new mirrorless, interchangeable camera system from Sony? 

(※リンク先にスペックシートと背面の写真があります)

  • Cyber-shot DSC-RXのスペックは次の通り
    • 1420万画素 APS-C Exmor CMOSセンサー
    • レンズマウントタイプはソニーRレンズ
    • メディアは内蔵1GBメモリー、メモリースティック PRO Duo、SD/SDHC
    • 連写は5コマ/秒(JPEGで25コマ、RAWで10コマ)
    • 動画は1920×1080 30fps AF可能
    • ボディ内手ブレ補正
    • アンチダストはセンサーシフト式
    • 3インチ液晶モニタ 92万ドット
    • EVFは搭載されていない
    • AFはコントラスト式、11点
    • シャッタースピード30-1/4000
    • 内蔵ストロボはGN10
    • 大きさ 110.4mm×79.2mm×51.3mm
    • 重さ 420g

 

信憑性がどのくらいあるのか分かりませんが、事実ならソニーもミラーレス市場に参入ということになり、マイクロフォーサーズ陣営との勝負の行方が興味深いですね。注目はソニーのデジタル一眼では初めて動画が搭載されている点でしょうか。

このスペックが事実だとすると、センサーは恐らくα550と同一のもので、画質や高感度性能もかなり期待できそうですね。重さは、センサーサイズが大きいせいか、EP-1やGF1よりかなり重いのが少々気になります。

[追記]
SonyAlphaRumorsによると、このカメラの交換レンズは16mm、35mmそして60mmが用意され、2010年のPMAで発表されるかもしれないとのことです。信憑性は中間のSR3となっているので、"事実の可能性もある"と言ったところでしょうか。

2009年10月12日 | コメント(11)

コメント(11)

DSCの型番てことはサイバーショットですかね?
αではないのは確かかな?まあ、αのレンズは
DT数本以外でかいしw
でも、シューはα・・・

重さはwith battelyですね

GF1かcanonのS90考慮してたのに困るなぁ・・・

まあ、この画像の部分まで出来てて春ってのは遅すぎるし
この画像液晶部分長方に左上下に切り取りしたあとみたい
なのが見える気がするw
左面がいきなりシャドウと言うのも怪しいかも・・

余り本気にし過ぎないようにします。

> アンチダストはセンサーシフト式

センサーシフト式ゴミ取りのミラーレス機なんて、
おっかなくてレンズ交換できませんね(苦笑)。
センサーがまるで無防備じゃないですか。

まあ、これはあくまでもウワサですので、(本当に出るなら)実機ではきちんとしたゴミ対策を期待したいです。

 私がデジイチに興味を持ったのが、ソニーが参入してα100を出した頃ですが、その時、素人ながらコンパクトデジカメみたいに、いっそファインダーをなくして、裏画面で撮影する方にしたらどうかと思っていたら、ソニーではなく、他社が先行してミラーレス機を無視出来ない市場に育てた感ですね。もっとも私は、ファインダーの大切さの方に傾倒していますが……。

 私のデタラメ予想では、キャノン、ニコン、ソニーもミラーレス市場に参入して、今は鼻息の荒いフォーサーズグループがフェードアウトすると思っていましたから、この噂には驚きはないです。

 しかし、マウントのソニーRレンズは新規格でしょうか? 新規格としても、アダプターでαマウントが使えたらね~。
 オートHDRまで搭載ですか……。スペック的には不可能でも何でもなさそうですけど。

ダスト対策が劣るので、どうでしょうかね。

気軽にレンズ交換してたら・・・

どうせ参入していただくのでしたら、チタンボディ、フルダイアルオペレーション、ビューファインダーを搭載した「CONTAX G3」をだしていただきたいところです。
プラナーの28mm/F2からスタートして、ホロゴン、ビオゴン、ゾナーのラインナップを構築すれば、その手の方に大受けだと思うのですが。

ガセでしょう。

一瞬信じてしまい、またかなり期待してしまいましたが、画像をじっくり見て、ホットシューのサイズがかなり小さいことがわかりました。

対抗馬のGF1の画像、この投稿のURL見てください。

ホットシュー(外部ストロボ等を装着する本体上部にある金具)は各社共通のサイズになるので、ウワサの機種のホットシューはかなりおかしいサイズです。

製品名から察するに、R1 の後継かと思いましたが、リーク画像を見ると R1 とは別系統のようですね。
個人的には、R1 のデザインを継承したモデルが希望ですが、最近のトレンドからすると、所謂「コンデジ スタイル」の延長になってしまうんでしょうか・・・ちょっと残念です。
やっぱ、Rシリーズを名乗るのであれば、EVF 搭載で液晶画面はボディ上面に乗っけたフリーアングルにして欲しいです。^^;
R1 のスタイルは、慣れると非常に使いやすいですよ。

それとレンズですが、フランジバック等の関係から、既存のαマウントをそのままってのは無理がありますから、マイクロフォーサーズのように、新規格のマウントに成らざるを得ないでしょうね。
あと、肝は、みなさんもおっしゃられているように、アンチダストでしょうかね。

どうせ出すなら、Cyber-shot と言うことでαの呪縛と言うかシガラミもないでしょうから、これぞソニー!ってのを出して欲しいです。

いくらなんでも重過ぎるでしょ。コントラストAFしかできないのに?

APS-CのミラーレスがM4/3駆逐するには、少なくともDP1+αクラスのサイズで交換レンズ式を実現しなきゃ無理でしょうね。

レンズ交換式なのに本体の厚みが5cmってのが気になりますね。。。
それとも標準レンズ込みの厚みなのでしょうか??

画像の幅と高さの比率がスペックと合わないですね。実際はもっと高いのではないでしょうか?

私は信じる方にかけます。
オリンパス、パナ、RICOHがコンデジ一眼系列出して、遅れる事はSONYとしても
ほっておけないでしょう。
その兆候は、ライカX1が発表されたときから、期待されていました。
わたしもそのひとりです。
国産メーカーは、ライカに出し抜かれてどうするのかな?なんて考えてました。
やはりそうですか?
ライカX1の撮像素子がSONYであることから、SONYが考えないわけないと思っていました。ライカX1は、SONYとRICOHがからんでいると、推測いたします。
明日が楽しみです。あの厚みはグリップを入れた厚みだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスがレンズ固定式のハイエンドコンパクト機「ポケットカメラペンデジタル」を開発中?」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-3後継機(E-5?)は完全な新開発で2010年の発表になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る