ZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5の解像力は若干不満に感じる

LensTip.comにオリンパスZuiko Digital 50-200mm F2.8-3.5のレビューが掲載されています。

Olympus Zuiko Digital 50-200 mm f/2.8-3.5 ED - lens review

  • 中央部の解像力は開放から素晴らしくそしてズーム全域で均一だが、正直に言って満足な値ではなく、もう少し高い値を期待していた
  • 周辺部の解像力は、センサーが小さい分アドバンテージがあるはずだが、ここではそれが見られず、いくらか不満に感じる。200mmでは明らかに解像力が落ちるが、一方で、絞り開放での性能はズーム全域で良好で賞賛に値する
  • 色収差はズームの中間域の絞り開放では平均的な値だが、それ以外の条件では低い値で、文句はない
  • 歪曲は50mmで-0.44%のタル型、120mmでは0.85%の糸巻き型で問題ない
  • 周辺光量落ちは50mmで11%(-0.34EV)で気付かないレベル。120mmでは24%(-0.81EV)と大きくなり絞ってもなかなか解消しない。200mmで22%(-0.71EV)と多少よくなる
  • 逆光では極めて容易にゴースト・フレアが発生する。逆光耐性は平均並み
  • AFは静かで正確だが、ライトの条件が悪い場合は合わないことがある
  • 他社の70-200mm F2.8より若干悪いように見えるが、1100ドルのレンズなので深刻な問題ではないと思う。購入すれば確実に高い満足感を得られるだろう

 

解像力の評価がやや低い感じがするのは、レビュアーがこれまでのオリンパス用レンズのテスト結果が非常によかったことからレコード記録を期待していたためのようで、このレンズ自体の成績は悪くはない(むしろ、かなり良い)と思います。

サンプルを見ても、絞り開放からキレのある描写でなかなか優秀なレンズという印象です。

2009年10月18日 | コメント(1)

コメント(1)

SWD化される前の初代モデル使ってますがエントリ見出しを見て最初えっ、
と思ってしまいました。痛々しいくらいよく切れるレンズだと思ってましたからね・・・
実際私も4/3ユーザーになった理由の一部分はこのレンズを使ってみたかったが
為ですから


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2009年10月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスK-xは本当に素晴らしい画質」です。

次のブログ記事は「リコーがAPS-Cのミラーレス機を2009年11月12日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る