オリンパスZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 SWDは極めて魅力的なレンズだがボケ味がウィークポイント

PhotozoneにオリンパスZUIKO DIGITAL 50-200mm F2.8-3.5 ED SWDのレビューが掲載されています。

Olympus Digital Zuiko 50-200mm f/2.8-3.5 ED SWD

  • 歪曲は、50mmでは若干のタル型、100mm以上では糸巻き型に変わるが、ズーム全域を通してわずかでおおむね問題はない
  • 周辺光量落ちは、50mmでは問題なし。100-200mmでは開放で0.8EVで被写体によっては目立つことがあるが、1段絞れば問題は解消する
  • 解像力は50mmでは画面全域で完璧に近い。100mmでは中央は開放から"最高レベル(excellent)"だが、周辺部はわずかに低下する。150mmと200mmでも中央は非常に高いレベルの性能を維持しているが、周辺部は落ち込みは少し大きくなる。しかし、絞り開放でも周辺部は"とてもよい(very good)"のレベルに留まっている
  • 倍率色収差は非常によく補正されていて、周辺部の平均でも1ピクセルを下回っている。ピクセル等倍では周辺部で色収差が見えるかもしれないが、プリントではほとんど無視してよい
  • ボケ味は被写体と背景の距離が十分に離れている場合は美しいが、背景と被写体が近い場面だとうるさくなる
  • 鏡筒の作りは素晴らしくよく、AFスピードは旧型と比べて極めて速くなった
  • ズーム全域で解像力が高いことに関しては、オリンパスのレンズは輝いている。歪曲も色収差も良好。弱点はシチュエーションによっては、ボケ味が悪くなることだが、これは、率直に言ってこのクラスの多くのズームレンズに共通する問題だ
  • 総合的には極めて魅力的なレンズで、40-150mmや70-300mmからのアップグレード対象としては、疑う余地のないレンズ

 

解像力はズーム全域で非常に高く、絞り開放から安心して使えるレンズですね。ただ、記事の中でも指摘されている通り、ボケ味は大変美しく見える時もある一方で、シチュエーションによってはかなりうるさくなるようで、背景をボカした作画をする場合はユーザーの腕が問われそうなレンズです。

ちなみに、ボケ味の良いときと悪いときを比較したサンプルはこちらのページの一番下に掲載されています。

2010年2月17日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年2月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがコンパクトタイプ2機種とEVF内蔵タイプ1機種の合計3機種のミラーレス機を準備中?」です。

次のブログ記事は「ペンタックス645Dの製品版(?)の写真が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る