シグマ28mm F1.8 EX DGはこれまでテストしたレンズの中で解像力が最も低いレンズの一つ

LensTipにシグマ28mm F1.8 EX DGのAPS-C機(20D、D200)&フルサイズ機(D3X)によるレビューが掲載されています。

Sigma 28 mm f/1.8 EX DG Aspherical Macro - lens review

  • 鏡筒は28mmクラスとしては非常に大きい。フォーカスリングのAF・MF切り替え機構は、操作性が悪く、切り替えるとピント位置がずれる。このような機構は好きではない。それ以外の点では、鏡筒の作りはとてもしっかりしていて問題はない
  • 中心部の解像力は開放では25lpmmで実用的な画像を得るためには低すぎる値だが、F4まで絞ればシャープな画像が得られる。F5.6では中央の解像力は43lpmmになり、非難することはできない値だが、ベストな単焦点レンズのレベル46-48lpmmにはまだ劣っている
  • APS-Cでの周辺部の解像力はよいとは言えず、F1.8からF4までの画質は甘い。F5.6に絞ると満足できる解像力になる。単焦点レンズとしてはこの結果は非常に悪い。フルサイズでは、周辺部の解像力は更に低く、F11に絞ったときのみ実用的な解像力になる。このレンズの解像力は、我々がテストしたレンズの中で最も悪いものの一つ
  • 色収差はすべての条件で0.06%に近いレベルをキープしており、色収差の少なさは賞賛に値する
  • 歪曲はAPS-Cで-1.23%のタル型、フルサイズでは-1.63%のタル型で、少し大きめだが文句はない
  • 周辺光量落ちはAPS-Cでも開放で39%(-1.43EV)で大きいが、絞れば改善しF2.8でそれほど気にならないレベルになる。フルサイズでは開放で59%(-2.57EV)で非常に大きい。F4とF5.6まで絞ると、周辺光量落ちは気になるかならないかのレベルになり、それ以上絞れば解消する
  • 逆光耐性は極めて良好で、太陽をフレームの右上に配置してもフレア・ゴーストはわずか。しかし、透過率のテストでは結果はそれほどよくはない
  • AFは低速で間違いなく非常にうるさい。AFを外したのは20Dで20%、D200で16%、D3Xで10%でAF精度はよくない
  • APS-Cの標準レンズとしてはいいが、シグマの30mm F1.4のほうが高性能。28mm F1.8に1000PLN(ポーランドズウォティ)以上も払うのは、30mm F1.4の存在を考えると、議論の余地がある。28mm F1.8はフルサイズでも使えるが、周辺部のハイクオリティな画質を期待するべきではない。推薦はできない

 

フルサイズ機で使うには周辺部の画質がかなり厳しいようですが、設計がかなり古いレンズなので仕方がないかもしれませんね。

APS-Cでは開放付近でこそ解像力が低いですが、絞れば周辺部まで十分な解像力になるので、APS-C機のユーザーはそれほど不満なく使用できそうです。

ただ、記事の中でも述べられているように、APS-Cで使うなら同じシグマの30mm F1.4のほうが、画質的にもサイズ的にも優れているようなので、今から買うなら30mm F1.4を選択したほうがいいかもしれませんね。

2010年4月 5日 | コメント(5)

コメント(5)

このレンズの兄弟分・24mm F1.8と20mm F1.8を使っていますが、確かにAFがうるさく、少し暗いとAFが激しく迷子になります。
ただ主な用途がポートレイトなので、解像度のことはあまり気になりませんでした。

30mm F1.4は最短撮影距離が40cmで思いのほか寄れないレンズ。一方F1.8三兄弟は18~20cmで広角マクロ的な使い方が可能です。
そこに魅力を感じるかどうかで、評価が少し変わると思います。

シグマさんには広角三兄弟をHSMつきでリニューアルして欲しいです。

管理人さんも触れている通り、SIGMAの古い、DG第一世代のレンズですからねぇ・・・
レンズメーカーがこうした単焦点レンズをラインナップしてるってこと自体が意義ある
ことなのかも

私もこのレンズ使用しています。モーター音が若干うるさいけど寄れる分で満足しています。純正レンズ以外の選択出来る様に、レンズメーカーさんにも多様な物期待しています。

D700でこのレンズを使用しています。
以前はAPS-Cのみしか持っておらず、その時には30mmF1.4を使用しておりました。しかし、何しろ寄れませんので手放しました。
28mmF1.8は確かに解像力では、設計の新しいレンズに劣りますが、使用用途が我が子のポートレートですので、解像力よりもボケや寄れることのほうが重要です。
最近、カメラもレンズもレビューが解像力重視になってきていることに、やや違和感を感じています。
大伸ばしにして風景写真を撮る方などは重要でしょうが、マクロ機能などの使い勝手やボケの美しさなどをもっと評価してほしいと思います。
(もっともこのレンズのボケは美しいとはいえませんが。。。)

この評価は何かおかしいと思う。
他サイトでは解像もかなり良いと評価を得ているし、実際に所有して使っているが、Zeiss25mmF2.8やNikon純正の24-70mmF2.8と比べても描写(解像度)は良い。
この評価は、大ハズレの個体(不良品)でテストしてしまったのではないか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年4月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックがハイスペックのマイクロフォーサーズ機を準備中?」です。

次のブログ記事は「Zeiss Distagon T* 35mm F2はフルサイズでの周辺光量落ちの大きさがウィークポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る