EosHDがパナソニックGH1に様々な機能を追加する改造ファームを公開中

EosHDでパナソニックGH1の動画関係の機能をカスタマイズする改造ファームウェアが公開されています。

GH1 Custom Firmware
(以下、43rumorsの要約記事からの引用です)

  • EosHDがwikiでパナソニックGH1の改造ファームのインストール方法を説明している
  • (改造ファームの)主な改善点は次の通り
    - 24pネイティブの撮影モード。60iからのアンラップやNTSCからのプルダウンをする必要はない
    - 画質の向上
    - AVCHDモードでのより高いビットレート
    - インターフェースの言語がより広い範囲の選択肢から選ぶことができるようになる
  • (改造ファームは)素晴らしいもののように思われる。この改造ファームが問題なく動作するかどうか報告して欲しい。そして、これは"ハック"なのでリスクがあることを心に留めておいて欲しい

 

ちょっとした機能を付加する改造ファームはよくありますが、動画の撮影モードやビットレートまで変更する改造ファームは珍しいですね。画質(動画の画質?)も向上しているということなので、GH1ユーザーの方は結構そそられるものがあるかもしれません。

ただし、あくまで改造ファームで正規のものではないので、万一何らかのトラブルがあった場合は、すべて自己責任になることにご注意下さい。

2010年5月27日 | コメント(3)

コメント(3)

LX3も、普通ならLX3sみたいにマイナーチェンジしてもおかしくないような変更をファームアップでやっちゃいましたからねぇ。

GH1も、まだまだポテンシャルを秘めているということでしょうか。
値崩れ&キャッシュバックの今がチャンスか、GH2まで待つか。悩みどころですな。

24pネイティブの撮影モードということは、raw動画ということなんでしょうかねえ。

情報ありがとうございます。
早速ファーム改変してみました。
撮影しMediaInfoにて確認しました。
24pになってますね。
ビットレートも14.4Mbpsから18Mbp程度に上がってます。
1080pは使えないと思ってましたが、これならいけます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年5月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨーロッパで多くのニコン販売員が「D700は今年中にリニューアルされない」と発言している?」です。

次のブログ記事は「オリンパスのモジュール式カメラにはティルト&シフト機能が搭載される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る