キヤノンEF70-200mm F2.8L IS II は旧型から解像力と色収差が改善

SLRGear にキヤノンEF70-200mm F2.8L IS II USMのレビューが掲載されています。

Canon EF 70-200mm f/2.8L IS II USM (Tested)

  • APS-Cでの解像力はズーム全域で絞り開放から素晴らしい。開放ではカリカリにシャープではないが、1.5blur(画像の甘さを表す値で小さいほど優秀)に近い値。F4に絞るとわずかに解像力は向上し、100mmでは計測の限界に達する
  • フルサイズでの解像力は、開放では周辺部はいくらか甘く(70mmで2blur)、絞ると解像力は向上するが、1blur(カリカリにシャープ)には達しない。しかし、それでもなお非常にシャープだ
  • 色収差はサンプルでは100%に拡大して精査しても全く目につかず、蛍石がはっきりと色収差を抑えている。色収差に関しては何も言う事はないが、70mmと200mmでは周辺部に色収差が見られる
  • 周辺光量落ちはAPS-Cでは問題はないが、200mm開放では多少の周辺光量落ちが見られる。フルサイズでは開放では周辺光量落ちは顕著で、70mmでは許容範囲だが、100mm以上では開放で1段分以上落ちる
  • 歪曲は望遠ズームの典型でワイド側はタル型、テレ側は糸巻き型となる。APS-Cでは70mmで+0.25%、200mmで-0.2%で目立たないが、フルサイズでは、70mmで+0.5%、200mmで-0.5%で少し目立つ
  • AFは無限遠から最短まで1秒未満で、AF速度でこのレンズに付いていけるレンズは多くはないだろう。作動音はほとんど無い。鏡筒のクオリティは、他のLシリーズの白レンズと同様に素晴らしいもの
  • 旧型のEF70-200mm F2.8L ISと比較すると、新型はよりシャープだが、改善しているのはほとんど70mmだ。旧型も非常にシャープなレンズだ。色収差は改善しているが、旧型もそれほど悪かったわけではない。歪曲と周辺光量落ちの性能は新旧で変わらない
  • EF70-200mm F2.8 (ISなし)と比較すると、ISなしは旧型のIS付きよりは若干シャープだが、新型のIS付きはこれらの中で最もシャープだ。色収差や歪曲、周辺光量落ちは同等のレベル
  • タムロンの70-200mm F2.8と比較すると、タムロンは色収差は大きいが、70-200mmの中では最もシャープなレンズの一つだ。歪曲と周辺光量落ちは同等
  • もしあなたがこのレンズの購入を考えているなら何も問題はない。手ブレ補正付きで最も高画質なレンズが必要なら、EF70-200mm F2.8L IS II を買うのはお金の有効な使い方だ。しかし、それほどうるさくないユーザーなら、旧型のEF70-200mm F2.8L ISを選んでも後悔することはないだろう

 

このレンズは、Photozoneなどの他のサイトのレビューでも高い評価を得ていますが、ここでも良好な結果となっています。このレビューでは触れられていませんが、新型では旧型(IS付き)で問題だった逆光耐性が改善されているのも大きなポイントではないかと思います。

あと、このクラスのズームでタムロンの70-200mm F2.8が一番シャープという評価は少々意外でした。手ブレ補正や超音波モーターが不要なユーザーなら、タムロンはとてもお買い得かもしれませんね。

2010年6月23日 | コメント(2)

コメント(2)

これは歓迎。と同時に、買い替え需要がどのぐらいあるのか、ちょっと心配。

24LⅡや100Lマクロなど、ここ最近評判の良いLレンズが続いているので次への期待が高まります。この調子で今年末までにあと2モデル(ズーム、単問わず)ぐらいの追加をお願いしたいところです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年6月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα550後継機は2機種になり7月~8月に発表される?」です。

次のブログ記事は「野村証券がニコンのミラーレス機は2011年に発売されると予想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る