ソニーのペリクルミラーカメラはEVFを搭載した1600万画素機?

Sony Alpha Rumorsにソニーのペリクルミラー搭載機のスペックに関する噂が掲載されています。

(SR5) The two pellix cameras will record in AVCHD, have an electronic viewfinder,...

  • 我々は、ついにペリクルミラーカメラに関するいくつかの信頼できる情報を入手した
  • ペリクルミラーカメラには、(ソニーの特許の図で示されていたような)EVFが搭載されるだろう
  • ペリクルミラーは、ユーザーが望むなら光量のロスを避けるためにミラーアップすることができる。しかし、(ミラーアップすると)位相差AFは動作しなくなる
  • 少なくとも(ペリクルミラー機のうちの)1台は、AVCHDでの録画が可能になるだろう。α33がAVCHDで録画が可能なのかMpegだけになるのかはわからない
  • α55は1600万画素センサーを採用し、そしてα33は1400万画素のセンサーを採用する
  • 両機(α55とα33)ともにフォトキナで発表される。しかし、以前にお伝えしたように、更に2機種のExmorHDを搭載したαが近日中(フォトキナの前)に発表される

 

信憑性はSR5(=ほぼ確実)となっているので、期待してもよさそうな噂のようです。ソニーのペリクルミラー機には、EVFが搭載されるということなので、特許の図面にあったようにペリクルミラーは位相差AFセンサーに光を導くためにのみ使用されるようです。

このペリクルミラーはミラーアップが可能ということなので、α55/α33は純粋なミラーレス機としても使えるということになりますね(コントラストAFが可能かどうかはわかりませんが・・・)。

また、α55/α33よりも先にExmorHDを搭載したαが2機種登場するということなので、α700後継機の発表もいよいよかもしれませんね。

2010年6月15日 | コメント(15)

コメント(15)

 どちらかと言うと、最強動画機の路線だとは思いますが、ミラーレスのスチルカメラにも追い風になりそうな気がします。

 ExmorHD搭載機2機種って、α700とα900の後継機かしら?

 ペリクルちゃんは、αの中心の据えるのでしょうか、たまに出すシステムでとどめ基本は飽くまでミラー機なのかしら。

 動体撮影が中心なら、ペリクルちゃんなのかな。

 ミラーレス機も出た事だし、普通のミラー機、ペリクルちゃん、コンパクトデジカメも含めて、自分に合ったカメラ選びが大変になりそうです。

αを動画スペシャル機と静止画専用機に分ける感じなんですかね。

気づいたらα55とα700後継機両方買ってそうでやだなぁ…。まあ、静止画と動画でレンズが共用できるのはありがたいですけど。

要するに、「高速連写α機」と理解しました。

ミラーがばたつかないということで静かな動作音になりそうで期待してます。後は絵作りがどうなるかですね。

通常はミラーの音がかなりの部分を占めるので静音動作は期待できます。 その他ミラーの上下がないので連射速度も上がると思います。
フォーカルプレーンシャッターだけの音で静かなカメラは結婚式、儀式などに向いているかも知れません。
昔、キャノンが静音仕様でサイレントEOSとしてよくTVコマーシャルしていましたね。

ペリクルミラーをミラーアップするということは、ミラーアップしたとき撮像センサーのあるボックスの上面にミラーがあるということなのでしょうか。それは考えられません。それともミラーアップしたペリクルミラーを、何かで覆うのでしょうか。それもちょっと無理があるような…(できなくはないですけどね)。それと、ミラーアップより、ミラーダウンの方が理にかなってるかな。本当にSR5なのかという気がします。

α700の操作性で今よりAFが早くなり(α550で十分使えていますが)秒10コマ位の連写ができれば動画は必要ないと思っています。ペリクルミラーなら可能なのでしょうかね。
α700の新品がどこかに隠れていたら買っちゃうのですが、無いので後継機待ちです。新品買うならα550よりもすべての機能が上が良いなあ。

残りのXmorHDは数日中ですか!
夏商戦期の発売かな。そしてNEXと33/55の間に出すとなると、やはり待望のアレですかね。うんと骨太なマニュアルスチールカメラ、よろしくです!

数日中の内に発表なんですか!!!
期待しております!

「数日中」ではなくて「近日中」ですよ(^^;

あ、失礼しました。
砂漠が続いたので蜃気楼に目が眩んでしまったようです。

買い換えたのが嫁にばれにくいように
デザインを統一してほしいですw
(300/350/550系に)

管理人さんへ
この記事も「SONY」のカテゴリーにいれてあげてください。これだけ「カテゴリーを追加」になっちゃってますヨ。

>αユーザーさん
ご指摘ありがとうございます。カテゴリーを修正しました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2010年6月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーDT30mm F2.8 Macro SAMは価格を考えれば立派な性能 」です。

次のブログ記事は「EOS-1Ds Mark IVにはローパスフィルター&センサークリーニング機構が搭載されない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る