シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMはシグマのこれまでの標準ズームでベストのレンズ

Photozoneにシグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMのレビューが掲載されています。

Sigma AF 17-50mm f/2.8 HSM DC EX OS - Review / Test Report

  • レンズの作りはEX(エクセレンス)から連想される高い期待には少々届かないが、とても良く出来ている。ピントリングはMFモードでは重みがないのに対し、ズームリングはスムーズで心地良く動く。AF中にフォーカスリングが回転してしまうのは、ハイエンド製品としては残念だ
  • 超音波モーターによるAFは高速で無音に近いが、AF撮影中のフルタイムマニュアルはできない。AF精度はテスト機(EOS 50D)では良好だった。MFはフォーカスリングの回転角が極めて小さい(無限遠から最短まで30度)ため、繊細な操作が必要
  • 歪曲は17mmで2.9%の顕著なタル型で、望遠側ではわずかな糸巻き型。歪曲は大口径の標準ズームとしては標準的な値
  • 周辺光量落ちは17mm F2.8で1.3EVで、シチュエーションによっては目立つが、F4まで絞れば目立たなくなり大部分の問題は解消する。中間域では周辺光量落ちは目立たないが、50mm F2.8では0.9EVで再び大きくなる
  • 中央の解像力は開放から素晴らしく高く、F4では"抜きん出た値(outstanding)"。周辺部の解像力は開放からしっかりとしているが、四隅は残念ながらズームの広角側から中間域では甘い。しかし、F4まで絞れば四隅の解像力は急上昇し、"とても良い(very good)"解像力になる。像面の湾曲は極小。解像力は概ね素晴らしい値だ
  • 倍率色収差は、周辺部で平均1ピクセル前後、ピークの17mm F4で1.2ピクセルで、よく補正されている。等倍で見れば目立つが、プリントでは問題ない
  • ボケ味は、絞り開放では輪郭が目立ち若干うるさくなるが、標準ズームとしては前ボケ後ボケともに良好
  • 中央の解像力は開放から素晴らしい。最大の欠点は絞り開放で四隅の解像力が低いことだが、F4まで絞ればより高価なライバル(キヤノンEF-S 17-55mm F2.8を含む)と少なくとも同等(またはそれ以上)の性能になる。シグマのこのクラスのズームではこれまででベストの製品で、APS-Cの標準ズームとして高い競争力をもつレンズだ

 

中央の解像力は驚くほど高く、絞り開放からMTFのグラフが天井に付いてしまいそうなほどです。四隅だけは開放ではかなり甘いようですが、1段絞れば良好な解像力になるので大きな問題はないと思います。

価格を考えると光学性能はとても優秀で、その上、手ブレ補正まで付いているということで、コストパフォーマンス抜群と言ってもよさそうです。

2010年7月 5日 | コメント(8)

コメント(8)

定番レンズに認定。

F2.8開放から高い解像度、手ブレ補正付きということで、
シグママウントは高感度画質に弱いSD15にベストマッチという所でしょうか。

フルタイムマニュアルフォーカスでは無いのが残念!
折角HSMなのにね。

タムロンの17-50F2.8VCとどっちがいいか。
外観はシグマの方がコンパクト。値段はタムロンが安い。
手ブレ補正はタムロン、シャープネスはシグマ・・・ぼけ味は?
シグマ待望の17mmスタートですけど、シグマは実写での画角がスペックより狭いことがままあり、すこし不安です。

・・・どこかで比較記事やってくれたら有り難いであります。

純正以外のメーカーの努力が
報われていくといいですね。

フルサイズなので使えませんが、
FLDレンズはいいのでしょうね。

シグマにもタムロンにも頑張ってもらいたいです。

管理人さん、こんばんは。

いつもすごい情報ありがとうございます。

このレンズの旧型というべきでしょうか。
18mm-50mmのOSなしモデルは以前、持ってました。
その時からすごい写りが良くて驚いたものです。

その後、純正に変えたのですが、写りは同等でしたが純正は
手振れ補正つきましたが、サイズが大きくなりました。
カメラバックへの出し入れが大変。

今回の17-50mm F2.8 EX DC OS HSMは以前の経験から
いっても(以前のモデルと単純に比較できないでしょうけど)
絶対にCPの高いレンズであることには変わりないでしょう。

レンズは使ってみて初めてそのコンパクトさにありがたみを
感じるものだからです。

フォーカスリングの回転角が極めて小さい(無限遠から最短まで30度)はたぶん、AFの高速化に貢献しているのではないでしょうか

昨日のこと、シグマからの直メールによれば
「APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMを発表いたします」
「蛍石と同等の性能を誇るFLDガラス2枚と特殊低分散SLDガラス3枚を採用し軸上色収差を極限まで補正」
キャノンの後出しでベストのレンズになるうるのかしら?
http://www.sigma-photo.co.jp/lens/tele/70_200_28_os.htm


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年7月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが撮像センサーで位相差AFを実現する特許を取得」です。

次のブログ記事は「ソニーNEX-5のダイナミックレンジと高感度はクラストップの性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る