トキナー ATX 16-28 F2.8 PRO FXを8月6日に発売

トキナーがフルサイズ用の新しい交換レンズ「AT-X 16-28 F2.8 PRO FX」を正式発表しました。

「AT-X 16-28 F2.8 PRO FX」の発売について

  • トキナーはフルサイズデジタル一眼レフ用の高性能超広角ズームレンズ「AT-X 16-28 F2.8 PRO FX」を発売
  • 大口径56mm P-MO非球面レンズを前群に、2枚のガラスモールド非球面レンズを後群に配置。これと合わせて、SD(超低分散)ガラスを3枚使用することにより、画面周辺の解像度、光量、歪曲の補正を高次元で達成
  • 新開発の静穏性の高いDCモーター(SD-M)を使用。モーターと減速ギアを一体型の密閉形状にすることで静穏性を大幅にアップ
  • AF制御用のセンサーとして高分解能なGMRセンサー(高精度磁気センサー)を搭載。より精度の高いフォーカス制御が可能となり、AFスピードの高速化に成功
  • AT-X PROデザイン独自のフォーカス部二重構造、マウント外周部のゴムシーリング施工と合わせ防塵防滴に配慮
  • 発売予定日 2010年8月6日(ニコン用)、2010年9月中旬(キヤノン用)
  • 希望小売価格 118,000円(税込123,900円)

 

ズーム倍率が低く無理のないスペックなので、描写性能には期待してもいいかもしれませんね。価格はメーカー純正に比べるとかなりリーズナブルです。

大きさ・重さは90mm(最大径)×133.3mm(全長)・950gと、このクラスのレンズとして大柄で、キヤノンのEF16-35mm F2.8L II (88.5mm×111.6mm・635g)に比べるとかなり大きく重いですね。あと、フィルターが装着できないのが少々残念です。

2010年7月 5日 | コメント(2)

コメント(2)

これのレビュー、楽しみです。
性能が良好な様なら…かなり食指が動きます!

超音波モーターでないのは残念ですが,トキナーだから仕方ないですね…。
デジカメで使用時の画面周辺部の画質が気になるところです。
82mmでもいいからフィルター使用可能にしてほしかった!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2010年7月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-5のダイナミックレンジと高感度はクラストップの性能」です。

次のブログ記事は「パナソニックのフォーサーズコンパクトは7月19~25日の間に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る