ソニー E 18-200mm F3.5-6.3 OSSは高倍率ズームとしては良好な性能

photozoneに、NEX用の交換レンズである E 18-200mm F3.5-6.3 OSSのレビューが掲載されています。

Sony E 18-200mm f/3.5-6.3 OSS ( NEX ) - Review / Lens Test Report

  • 多くのプラスチック製の高倍率ズームの中にあって、このレンズはスタイリッシュな金属鏡筒としっかりとした組み付けで、作りのクオリティは素晴らしい。フォーカスリングは、群を抜いてスムーズな感触。ズームリングはスムーズだが少々固い
  • このレンズのサイズには議論があり、小さなNEX-5に装着すると少々奇妙な外観になる。ニコンの18-200mmは同じくらいの大きさなので、NEXのボディと比べると大きいかもしれないが、このタイプのレンズとしては標準的な大きさだ
  • 高倍率ズームの常で歪曲は大きく、18mmでは4.5%のタル型だが、ワイド端を除けば歪曲は非常によく補正されている
  • 周辺光量落ちは0.6EV前後のわずかな値で、このクラスの他のレンズと比べると非常に小さい。少し絞れば、周辺光量落ちは完全に無視できる値になる
  • 画面全域の解像力はワイド側では"良い(good)"~"とても良い(very good)"のレベルで、中央部の解像力は"最高(excellent)"レベル。100mmでは少々解像力が低下し、中央部は良好な解像力を保っているが、周辺部は開放では極めて甘く、良好な画質を得るためにはF8かF11まで絞る必要がある。200mmでは周辺部の画質は若干向上するが、中央の解像力は大幅に落ち込み、コントラストも少々低くなる。このレンズの解像力は、高倍率ズームにもかかわらずとても良好だ
  • 倍率色収差は、18mmと200mmは2ピクセル前後の少々大きい値で、後処理で補正しないと容易に目立つ。ズーム中間域では色収差は目立たない
  • 意図的に低価格化していないのは、鏡筒の作りを見れば明らか。光学性能はとてもしっかりしているが倍率色収差が大きいのがウィークポイント。ポケットに入るサイズではなく価格も安くないが価値のあるレンズ

 

光学性能は5点満点で3点と普通の評価ですが、高倍率ズームとしては解像力も良好で問題のない性能だと思います。特に周辺光量落ちの少なさは魅力的ですね。

ネット上では、このレンズはタムロンの18-200mmの焼き直しではないかという憶測もあったようですが、MTFを見る限りではまったくの別物のようです。

2010年8月17日 | コメント(2)

コメント(2)

 荷物が減る利点を除けば、7万円の高倍率ズームレンズ1本より、3万円の普通のズームレンズ2本の方が、映りは良いのですよね~?

タムロンの18-200mmの焼き直しでないことは後群のレンズ構成を見れば明らか。(バックフォーカスを短くできるメリットを活かしている)

このレンズはスチル用というよりも動画用なんじゃないかと思っています。AFモーターの清音化などにコストをかけていると思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年8月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「E-620以外のフォーサーズ機はすべてディスコン?」です。

次のブログ記事は「ソニーα33、α55、α560、α580のスペックが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る