シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMの解像力には拍手喝采を送りたい

LensTipにシグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMのレビューが掲載されています。

Sigma 17-50 mm f/2.8 EX DC OS HSM - lens review

  • 手ブレ補正は、初期のOSでは実測で2段分前後の効果だったが、このレンズに採用されている最新のOSは3段分に近いところまで効果を増している。
  • 中央の解像力は、17mmと30mmでほとんど同じで、素晴らしい値。ズームレンズであることを考えると、開放で49lpmm(50Dでの基準値は34-35lpmm)という値はズバ抜けている。F4まで絞ると50lpmmに達し、高性能な単焦点レンズと区別がつかない。50mmでは若干性能が落ちるが、他の焦点距離との差は大きくはなく、開放から46lpmm前後の実に良好な性能だ。この結果には拍手喝采を送りたい。
  • 周辺部は50mmでは何の問題もなくシャープな画質で、絞れば更にシャープになる。しかし、短い方の焦点距離(30mm、17mm)では問題があり、開放では30lpmmと基準値を下回る値。幸いにも、F4からF11ではしっかりとした解像力になる。周辺部の解像力は比較的良好だが、中央ほど素晴らしくはない。
  • 色収差は30mm、50mmでは0.10%~0.07%の低いレベルでよく補正されているが、17mmでは開放で0.15%に達する高いレベル。これは実写でとても目立つだろう。
  • 歪曲は17mmで-3.47%のタル型で小さいとは言えないが、このクラスの他のライバルもそれほど歪曲が小さいわけではない。50mmでは0.66%の糸巻き型でライバルよりも歪曲は小さい。
  • 周辺光量落ちは17mm開放で、38%(-1.37EV)で、ニコン・キヤノンのライバルよりも若干劣る。絞った場合の周辺光量落ちの減少はF4で22%、F5.6で18%ととても遅く、それ以上絞っても周辺光量落ちは減らない。
  • 逆光ではワイド側ではフレア・ゴーストが出やすく、絞ると強烈になるが、30mmではフレアが少なくなり、開放ではほとんど目に付かなくなる。逆光耐性は、多少の問題はあるが大きな問題ではない。
  • AFは静かで高速。ピントを外したのは3%で、AF精度に関しても問題はない。
  • テストしたレンズの光学性能は、ときに本当に素晴らしいものだった。中央部の画質は高価なキヤノンやニコンの17-55mmをしのぎ、周辺部はニコンには負けるもののキヤノンと同等の性能だ。このレンズは多くのユーザーを確実に満足させるだろう。

 

3週間ほど前の記事ですが、シグマ17-50mm F2.8 OSが今月号のカメラ雑誌の記事で非常に高く評価されていたので取り上げてみました。

このレンズはPhotozoneでも褒められていましたが、LensTipのテストでもとても良好な成績を収めています。特に解像力はズーム全域で驚くほど高い値ですね。

タムロンの17-50と比較すると実売価格は高いですが、この画質でOSが付いていることを考えるとコストパフォーマンスはとても良好だと思います。

2010年8月23日 | コメント(5)

コメント(5)

ようやくシグマ用が出る…SONY用より遅いなんて!

今までカメラレンズと言えば純正品ばかり注目されレンズメーカーの商品は安価で性能がもう一つという印象でした。 純正品はカメラと抱き合わせで販売するのでどうしても高価になります。

そこにこのような安価、高性能なレンズをレンズメーカーが作ってくれるとユーザーとしてはうれしいですね。 シグマ、タムロン、トキナには頑張って本家を超えるような商品を作ってもらいたいです。 その前に日本の頭の固いユーザーの意識改革が必要ですが。

解像感に優れるフォビオン素子を持つSD15には、最適の純正レンズみたいですね。

大きさもタムロンよりコンパクトですから言うことないですね。

これ、70mmくらいある奴も、新規で作ってくれないかなあ。
50だと、ちょっと足りないんですよね、個人的に。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年8月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの新製品発表は8月24日で確定&半透明ミラー搭載機の利点についての記事」です。

次のブログ記事は「ソニー DT 18-250mm SAMの写真がリーク?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る