ニコンのミラーレス機は1インチセンサー&グローバルシャッターを搭載?

Nikon Rumorsに、ニコンの交換レンズやミラーレス機の特許に関する記事が掲載されています。

Nikon patents update: new 24mm lens and more EVIL

  • 特許出願20100195221は、FX用の24mmの広角レンズだ。二つの例があり、一つはF2.8、もう一つはF3.5になっている。
  • 特許出願20100194974は、以前日本で報告された(ミラーレス機の)特許に似ているが、北米バージョンはミラーレス機がとても詳細に描かれている。興味深いのは、すべてのイラストでシャッターが無いように見えることだ。同じ特許にはアスペクト比が3:2のシャッターハウジングとレンズマウントが描かれている。
  • ミラーレス機はDXサイズのセンサーになるのだろうか?イラストから計算してみると、一つの可能性としては対角17mmのセンサーが3:2のアスペクト比で使われる(14.14mm×9.43mm)というもので、この場合センサーハウジングプレートは48mmの正方形になるだろう。これが事実だとしたら、カメラの高さは78mm、奥行きは38mmになる。もし、これがDXセンサーだとすると、センサーハウジングは80mmの正方形でカメラが大きくなりすぎてしまうだろう。

 

ニコンはFX用の大口径単焦点レンズのリニューアルを進めていますが、24mm F2.8とF3.5の特許が申請されているということなので、小口径の単焦点レンズをリニューアルする可能性もあるんでしょうか(本当に実現すれば、キヤノンユーザーとしては羨ましい話ですね・・・)。

それからミラーレス機ですが、シャッターが存在しないということは、グローバルシャッターが採用されるのでしょうか?

あと、特許のイラストからの計算では、DXサイズのセンサーだとボディが大きくなりすぎるという結論に至ったようですが、やはり、当初噂されていたようにセンサーサイズは1インチなんでしょうかね。

2010年8月18日 | コメント(9)

コメント(9)

ニコンのミラーレスは1インチセンサー、1000万画素、最高感度800~1600
レンズは35mm相当F1.4、50mm相当F1.4、85mm相当F1.2
28-300mm相当F3.5-5.6、みたいなシステムになるんでしょうか。
AFが速くてEVFが見やすければ、明るいところで撮影する分には十分ですね。

ところでEVFになぜミラーが付いているのか謎です。

本当に1インチサイズだったら、それこそ歴史に残るカメラになりますね~
何かと、他者との比較ばかりの中で、独自の企画、よそは関係無いって感じで、愛好家が増えそうですね。

NEXは「ボディだけを小さくする事は出来る」事を証明したけど、
ニコンはレンズも小さく、楽しいカメラを作るでしょうね。

ぜひ、カメラメーカーとして、「これぞカメラ」なデザインにしてほしいです。
近未来型サイバーカメラは嫌です(笑

もしかしたら、本来はペンタックスがやるべきサイズなのかも知れませんね。

ニコンからソニーのNEXのような奇怪なスタイルの製品が出るとは思えませんし、以前からの噂通りに1インチセンサーを採用し、コンパクトで高品位なレンズ群のミラーレスシステムを構成してくれることを切に願っています。
後出しもいいところなP7000にリソースを割くより、今が旬のミラーレスに一刻も早く参入して老舗カメラメーカーの存在感を見せつけて欲しいですね。

より高画質はベクトルだと思うが時には高画質化より大切な要素が有ると感じる。
サッと取り出しサッと撮る。携帯性と操作性!その瞬間が写真に命を吹き込む事もありうる。「ポスト森山大道」!!!もしかしたら1インチコンパクトが未来の大道を生むカメラかも知れない。ニコンの1インチは流石である。微妙だから天晴だ。

ニコンの1インチセンサー面白そうですね。 このカメラがヒットするかどうかはニコンがこの規格をある程度オープンにするか?によるのではないでしょうか。

SONYはVTRのβ、VHS戦争?で学びました。 いくら性能が優れていても1社だけでは多勢に無勢でどうにもならないことを。 実際βの方が優れていたのですが圧倒的なVHS連合に惨敗したわけです。

そこでSONYはEマウントというミラーレスの新しい規格を作ったときサードパーティーが新しくマウント変換アダプターを作ったり、それを使用してユーザーがいろいろなレンズでNEXを楽しめるようにしました。

今後ますますこのスタイルは広まるでしょう。 SONYはちょうどVHS連合が行ったように周りの使用環境をNEXスタイルで埋め尽くす、そしてカメラも売れるようにするという戦略をとっているのだと思います。

ニコンも1インチセンサーカメラだけでなくその使用環境も新しく提供すればNEXのようなヒット商品になるのではないでしょうか。

NEXの高倍率ズームとか見ると結局一眼レフのレンズと同じぐらいの大きさと重なんでAPS-Cのミラーレスシステムの小型化って難しそうなんですよね。

1インチセンサーで小型で明るいレンズをラインナップすれば魅力的なシステムになりそう。

換算28~300mmとなるとコンデジでもCX3並ですから、
いずれにしろくの字型になってコンパクトには収まらないと思います。
そう考えると、むしろ一直線になるビデオスタイルもありかもしれませんね。
どの要素を重視するかは人それぞれにしても、キムタクのCMで女性には一層売れるんでしょう。

画素ピッチは単純計算で良ければ計算できます。
D80と同じ1,000万画素(3,872x2,592)だとすると、14.14mm×9.43mmみたいなので……
横は14,140(μm)÷3,872=3.65μm
横は9,430(μm)÷2,592=3.63μm

300万画素1/1.8が3.65μm
EOS7Dが4.30μm
DMC-LX3が2.025μm

これでポケットに入るなら、十分イケると思うのは私だけ?

ごくごく一般ユーザーの私としては、撮影した画像はどこのメーカーも誤差の範囲でしかないのです。

求めるのは秀逸なインターフェースとワクワクするオリジナル豊かなデザインです。

NEXは久しぶりにソニーらしいかっこいいデザインでインパクトあったのです。

スペックに負けないドキッとする素晴らしいデザインに期待してます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年8月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα33、α55、α560、α580のスペックが掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーα55の詳細スペック(?)が掲載 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る