オリンパスE-5には1500万画素、19点AFを採用したプロトタイプモデルも存在する?

43rumorsに、オリンパスのE-5の複数のプロトタイプモデルに関する噂が掲載されています。

(FT4) More about the Olympus E-5 (the puzzle game!) Olympus also has a translucent tecnology?

  • 多くのソースから、E-5に関する異なる噂が流れてくる理由がついにわかった。ある信頼できるソースは、E-5を1200万画素と言い、別の非常に信頼できるソースは異なるスペックを説明した。これらは、オリンパスが同じモデルの異なったバージョンのカメラを複数用意しているためだ。これに加えて、それぞれのモデルには偽の名前が付けられている。これはオリンパスが、最終的なスペックのリークを避けたいためだ。

    たとえば、E-P3の噂はPENのことではなく、E-5のことだった。昨日の記事のソースの人物はE-5の最終バージョンを見ておらず、異なるプロトタイプを見ていた。

    二人目のソースはE-P3と呼ばれるプロトタイプ(E-5の可能性が非常に高い)をテストした。我々の最も信頼できるソースは、「私が実際の製品でなく試験用のプロトタイプについて述べていることに気付くべきだ。だから、これらの製品が登場する保証は何もない」と言っている。

    (※以下、ソースの人が語った内容の要約です)

    「E-P3はマイクロフォーサーズ機のPENのことでなく、E-5の(プロトタイプの)可能性が非常に高い。E-P3は新しいプロ用ボディで、パナソニックの1500万画素センサーと19点の新しいAFシステムを搭載している。新型のAFはとても良好だが、ニコンやキヤノンのプロ用機よりすぐれているわけではない。ファインダーはE-3と同じように大きく明るいが、半透明の表示をオーバーレイする機能があり、ヒストグラムやグリッドライン、電子水準器を表示することができる。HD動画機能を搭載しているが、この機能は現在使用することができないので、1080なのか720なのかわからない」

    「私がテストしている二つ目のカメラはE-P330(これは偽の名前だ!)と呼ばれるコンセプトモデルで、本日発表されたソニー機によく似ているが、半透明ミラーではなく、ある種の液晶ミラーを搭載している。このミラーは、電気的に透過率を50%から100%に変更することができる。光は50%センサーに、後の50%はAFシステムに行くが、シャッターを切った瞬間透過率は100%になる。欠点は、この切り替えの時間が速くないということだ。このカメラのAFはE-620のもので、EVFはマイクロフォーサーズ用のVF2と同じものがボディに統合されている。コンティニュアスモードでの連写はAF可能で3コマ/秒だ。ボディのデザインはE-330に似ている。モニタはチルト可能で、センサーはGH1のものだ。動画は720pで、アクセサリーポートを使って外部マイクを取り付けることができる」

 

何やら訳がわからない状態になっていますが、昨日流れたE-5の噂はプロトタイプモデルのうちの一つで、他にもっと革新的なスペック(?)の本物のE-5が存在しているということのようです。噂が事実だとしたら、もう一つのE-5は19点AFを採用した1500万画素機で、ファインダーに様々な情報をオーバーレイ表示する機能が搭載されているようですね。

また、透過率が変化する特殊なミラーを使ったEVFフォーサーズ機のテストも行われているということで、怪しげな話のような気もしますが、もし事実なら、今後のオリンパスのカメラはかなり面白い展開が期待できるかもしれませんね。

2010年8月25日 | コメント(10)

コメント(10)

やっとオリンパスが重い腰を上げましたね。
どれも出てほしいですが、オリンパスの体力じゃ無理でしょうね・・・
でもE-5が確実に出ると分かっただけでもうれしいです。

ところで100mmマクロは?

やっぱりオリンパスには変なことやってほしいので成功するかどうかはともかくこの姿勢を歓迎したいです

E-330を使っていた人間としては、大変興味深い噂ですね

620のフレームに、数が出るマイクロ機の量産パーツをくっつけてコスト効果を狙う面もあるのでしょうか?。
すぐに出てきそうにはありませんが……。
チルト液晶が見直されるのはうれしいなぁ。
バリアングルが苦手なもので。

しかしE-5に関する情報はどれが本当なんでしょうね?。
今まで出た情報も、それぞれのプロト機に実装されていたのだとしたら……。
ピン増加、正方形センサーなどは来るのでしょうか?。

 何種類かのフォーサーズ試作機が存在する。フォーサーズ機はE-5しか残らないという噂を信じると、全ての試作機がE-5の可能性がある。みたいな話なのですかね。
 仮にE-5だけ残すという方針が実際に決定されていたとしても、その決定以前から開発が進められていた機種が何種類かあったのかもしれないし、そのままの形での製品化が無くなったとしても要素技術の検証用に試作機が活用される可能性も。更に、他社の新製品の大ヒットを妨害する目的で意図的に(製品化されない)試作機の情報をリークさせる、なんて策略も?(汗)…

 可変透過率のミラーは面白そうですね。オーバードライブ駆動的な事をしてもまだ十分な応答速度を得られる液晶?が開発できていないのでしょうか。基本的にミラー全面を均一に制御するのでしょうけど、もし透過率の分布を制御できたら、レンズの周辺減光を補正する減光フィルタとして機能させたり、強すぎる太陽光の部分だけマスクするとか、そんな機能も持たせられたりして。

光学ファインダーに多様な情報を表示できる機能は、ぜひ実現させてほしいです。

GH1のセンサーってGH1の開発時に特別に発注して作らせたものだったので外部に販売なんて出来なかった気がするけど。

4/3マウントのモデルだとパナ製の15MPの新型撮像素子(→GH2でも採用予定(?))が載って、イメージサークルより大きいのでクロップせずにマルチフォーマットが出来る仕様とか。
AF機構が11点から19点になるのは嬉しいですね。全点ツインクロスだと凄いですけど*_*;。
ソニーのα55を半透過型固定式ミラーで出してきましたが、あちらはLVでも位相差AFしか使わない(逆にコントラストAFがαレンズでは使えない)からですが、オリもハイスピードイメージャ非対応の松・竹レンズ用にLVでも位相差AF使えるような機構を盛り込むとかだと更に面白いですね(ソニーみたく失敗してもまだ許されるような状況にはオリは居ないのでものすごい冒険はしないでしょうけど+_+;)

細々とでもいいから(受注生産とか)フォーサーズ・ボディの改善・改良をしてくれるとユーザーとしてはうれしいですね。
毎年新モデルを出す必要もないと思います。
(出して欲しいけど、毎年買えないですしね)
ちょっと高いけどいいレンズが揃っていて、奮発しても長く使える。ボディも派手さはないが、その時代の画質標準ラインを何とかクリアし、頑丈さとコンパクトさで優位を保つ。
そんなブランドでフォーサーズを長生きさせてください。
オリンパスさん。
ユーザーはやはり愛着があるのです。

私は買います。オリンパスファンなので。

早く発表してほしい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年8月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα55はこのクラスでは最強のカメラの一つ」です。

次のブログ記事は「何処かのメーカーが間もなく特別な新製品を発表する?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る