EOS 60Dのバリアングルモニタは大きな収穫

Digital Camera Reviewに、EOS 60Dの簡単なレビューが掲載されています。

Canon EOS 60D First Look

  • 8方向キーは7Dのジョイスティックコントローラーを超える願ってもない改善。露出のオプションやホワイトバランスなどの設定を素早く楽に行うことができる
  • 可動式の液晶モニタは使い勝手がよく、どのような撮影でもモニタの自由度の高さによって容易に切り抜けることができる
  • AFは50Dと同じ9点AFで(動きモノをあまり取らないカメラマンとしては)高速で信頼できるが、ライブビューではAFは予想通り遅く、ピントが合うまでに少々イライラする
  • マニュアル露出の操作は非常にしやすいが、ISO感度の変更は少々操作性がよくない。50Dから改善されたファインダーは明るくクリアで十分にシャープ
  • 60Dの最も大きな欠点は、モードセレクトダイヤルのムービモードがシーンモードの最後にあることだ。ダイヤルは360度回るわけではないので、マニュアルや自動露出モードからムービーモードを選択するには、中央の小さなボタンを押しながら、ダイヤルを長いこと回転させなければならない
  • 電子水準器はとても役に立つが、60Dの水準器は水平のみで前後の傾きに対応しないのは残念だ。デフォルトの露出とオートホワイトバランスには非常に満足
  • ほとんどの場面で、60Dは期待に応えてくれた。バリアングルモニタは融通のきくカメラを求めているカメラマンにとって大きな収穫で、動画に挑戦してみたいユーザーにも価値ある機能。50Dから買い換える価値があるかどうかは、結局のところ高解像度の動画があなたにとって、どれだけ重要かによるかもしれない

 

60Dは新型機にしては控えめなスペックのカメラですが、操作性が良好で使いやすいカメラに仕上がっているようです。この記事のレビューアーのように風景中心のユーザーにとっては、60Dは地味ながらなかなかいい選択かもしれません。

ただ、コントラストAFは相変わらず遅いようなので、ライブビューや動画がメインのユーザーはソニーのα55、α33のほうが使い勝手がいいかもしれませんね。

2010年8月29日 | コメント(18)

コメント(18)

某キャノン噂系サイトでも世界中から失望のコメントが寄せられています。特にプラスチックのボディーに堅牢な中型機を待ち望んでいた層から批判が殺到しています。たしかにこれだと手の大きい人用のX4ですよね。

マグボディのままファインダー倍率を維持した、ハイアマ向けの小型軽量化されたモデルの登場が期待されていたのが、実際はエントリー向けへシフトチェンジで、既存のEOSユーザーはがっかりでしたね。
カメラとしては、50Dに劣る部分もある事から、早くも買うなら7万前後くらいという雰囲気が出ています。
ニコンD90後継が良かったら、3Dも噂ばかりで出てきませんし、これを機会にニコンに流れるハイアマ層が出そうですね。
新規ユーザーの取り込みを狙って、既存のEOSユーザーを落胆させた今回の出来事は、ある意味事件で、初級はキヤノン、中級者以上はニコンの流れを作ってしまうかもしれない、重大な出来事だったような気がします。
1D4の時も、フルサイズを期待されながら、実際はAPS-Hのままの価格上昇。
良いカメラですが、現在の市場ニーズからは、完全に外した感があり、販売数は1D3から激減。
60Dも、同じくやっちゃった感があり、狙いの初心者は買ってくれそうだが、ハイアマ層はどうか?
D700の後継次第では、いっきにニコンに流れそうな空気を感じます。

ネガキャンみたいなコメントが多いですが、特に問題はないと思います。ネットで不満を漏らしてるのはハイアマであって、このカメラがターゲットとする消費者たちではありませんから。中級機は既に7D、5D2がありますね。7Dがなかった時代なら話は違いますが、中級機3台は必要ないと思います。D90も初心者向けのプラボディで売れてますし。50Dを買った層の人たちは当時の50Dと価格の変わらない7Dに既に移行してるでしょうし。

60D・・・7D必須の人以外には、全然問題ないと思いますよ。
お値段が(9万円程度に)落ち着けば。
わたしは、20D・40D・5Dmk2・7Dを使ってきましたが、60Dのコスパの高さは歴代一位だと思います。
特に省電力とシャッター(X1/250)を考えると、他社の中級機とも比べてはいけないですよ(笑)
しかもプリズムファインダーなのだから、550Dとも全然格が違いますし、SDが良い時(緊急時)もある。
初めての一眼レフ・買い増し・買い替え、どれにも当て嵌まるカメラになっていると思います。

自分もpojamenさんと同意見ですね~
近い機種でお客を迷わすより、よっぽどターゲット
がしっかりしてて良いと思います。
ご高齢者が新しい趣味として始める人、色んな
アングルで撮りたい人、にはとても良い機種だと
思います。
要はスペック云々より使い易さや使う側が、どんな
写真を撮ろうか想像力を膨らます事が出来る機種
だと思います!

7D発売によって二桁Dの立ち位置が変わったわけですから求めるものが違うと感じますが、50Dの延長線上を期待したユーザーには不満があるようですね。
一方でプラボディにペンタプリズムを載せたD90がディスコン前とはいえニコンの入門機よりバカ売れしている現状から見て、価格が小慣れてくれば特に男性のビギナーには支持される可能性が高いと思います。
キヤノンはハイエンドはフルサイズという方向のようですので、7Dでさえ中級機です。ターゲットが明確ないい配置だと思いますよ。

キャノンユーザーは贅沢だ。
他社カメラに比べればはるかに高性能なのに。
キャノン最大の敵はユーザーですね。それはうらやましくもあり、ばかばかしいことでもありますね。
最大手は、他社とは次元が違いますね。

カメラ歴の長い素人です
サンプル画像をダウンロードして見た限りではよく撮れていますね
7Dを使ってますが、当然のことながら画像サイズが同じように大きくて約6M
これで秒間枚数さえ気にしなければ良くできた製品であると思います
写真データでは撮影されたのが、なんと8月6日の9時29分ですから、評価した方もそれなりの技術持ちでしょうね


みなさんおわかりになっていない。

今2010年8月末の時点で、キヤノンは挽回できない遅れを
晒している。それはライブビューのAFの遅さである。

NEX-3/5およびα55/33およびα580などはすべて実用域の
ライブビューAFを実現している。

松下・オリンパスもミラーレスにおいて鍛えられた。
一方キヤノン・ニコンはどうか。

未だに光学ファインダに頼り切りで進化がない。
1年後勝負決するのは明らかである。

トヨタのクラウンがセルシオが出る事によって一つ格下になったような感じだね。そのうちレクサスみたいなのが出てきて7Dも一つ下にシフトする?だから50Dのユーザーが買い替えるべきは7Dで60DはKissX4の少し上級みたいな感じでとらえるべきではないだろうか?そこんところをはっきりさせないキャノンも実態を良く把握していないエントリーユーザーがKissの次に買いやすいようにしむけてる感も否めないね。しかしながらこの手の発表に飛びつくのはハイアマが多いから、7Dがあの機能で10万円台前半なら60Dは欲しい機能がすべてついて7〜8万のカメラになる?と期待してた層にとっては大失望なんじゃないだろうか。キャノンからすれば為て遣ったり!で結局売れるんじゃないかな。失望組は7Dの在庫処分に貢献しそうだし。

性能に対する要求水準や導入要件の違い、はたまた機器に対する思い入れなどは人それぞれでしょうから意見や感想も割れて然りといった感じですね。

個人的には落胆するまでには至りませんが、いかにも 『置きにきた』 という60Dのポジション取りには何か釈然としないものを感じています。

それに次が読めないというかある種の停滞感みたいなものもありますね。

振り返ってみるとあのスクープ写真でだいたいの大きさが判明した時点で過大な期待を寄せてしまった(…一方で同時にあのボタン配列にはいやな予感もしていました…)という自覚症状はありますが…。

まあ、賛否両論のバリアンが今後EOSのトレンドになるかどうかには注目しています。

60DをみてX5が凄く楽しみになったのは私だけ?
50DvsX4みたいな単発なら60Dにも負けないような画質に
他社対抗でライブビュー&動画周りの大幅改善がある予感。
操作系も上位機種のようになってれば静物向けに欲しいなぁ。
なんてね。

某さん、

NEXとαは別もんでしょ?

NEXはEマウントで、コントラストAFに最適化されたレンズとマウントです。既存のαレンズは使えないし、仮にアダプタが改良されてAFができるようになってもキヤノン、ニコンのコントラストAFと同じレベルでしょう。同列に語れるのはMFTくらいです。

αは革新的だとは思いますが、それでもEVF『しか』無いんです。光学ファインダーを使いたくても使えない。EVFの表示遅延と像フリーズは、動きの早いものを追うのが難しい。それは立派な弱点でもあります。

自分みたいに長らくX2を使っていたユーザーから見ると、今の50Dの価格になった時に買い換える意欲が出てきそうな製品。
猫撮りと風景が基本の自分としては、割と悪くない選択だと思う。
ちょい撮りiPhone4、気合いを入れて60D、ここぞに5D2。
とか。

でも60Dのスペックがあんまりぱっとしなかったのは同意かな。Sonyが意欲作を先に出しちゃったからw

ショールームで60Dを触ってきました。
カタログスペック的に住み分けが微妙ではありますが、モノは全然悪くないですね。
グリップが7Dでは大きく感じ、KissX4では小さく感じるオイラとしては、ちょうど良い大きさで扱いやすかったです。
やっぱ実物触ってくると印象が変わりますわ(笑)

どれも同じ1800万画素CMOS、背面液晶も92万画素と104万画素の僅差ということで、最初は住み分けが難しいように感じましたが、ファインダーの見やすさやグリップの感触、アートフィルターの有無、バリアングル液晶など、それ以外の部分の好みの違いで充分住み分けができるのではと思いました。

これからの新規ユーザーさん、Kissシリーズからのステップアップ、40D以前の2桁Dユーザーの買い替えなら、実売8~9万円台になれば、相当数売れるのではないかと。
オイラ的には、「135フルサイズ素子や7Dの連続シャッター音の魅力をひとまず横に置いておくことができる方」にお勧めできるカメラだと思いました。

さて、あとはNikonと4/3's、PENTAXがどんなものを出してくるのかが楽しみですね。

管理人さん、こんばんは。

スペックにどうしても注目してしまいがちですが、使い易さ
という点ではなかなかのようですね。
でも、まだ生で見てないし、触ってもいないのでなんとも
いえないです。
来月はカメラ雑誌は18日に発売というのが多いので、どのよう
に紹介されるのか楽しみです(少ししか紹介されないような
気がするけど)。

ボタン操作がどうなっているのか気になりますよね。
これからの一眼レフは性能よりも使い易さに重点がおかれる
ようになるのかも。
どのような人が使うかによってかなり違いが出るので
バリアングルモニタとか賛否分かれそう。

筐体がプラで軽量化しながらも、防塵・防滴も維持されているのは好感です。ただ、落下時の筐体破損の経験があるので、どのくらい頑丈なプラかは気になります。とまれ、風景撮影や山岳撮影のサブ機に軽くて良い感じですね。

60Dの実機に触ってきました。
カメラの操作感触は良好で、5DⅡとの併用にも違和感はありませんでした。
ファインダー・AF・シャッターについても良好です。
軽量なボデイにも好感が持てます。
バッテリィが7Dと5DⅡと同じなのも便利ですね。
サブ機としての要素を十分備え、完成度の高いカメラに仕上がっていました。

Kissより少し良いカメラを! という方にもお奨めですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年8月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα850とα900がディスコン?」です。

次のブログ記事は「パナソニックはプレミアムコンパクトとレンズ交換式ミラーレス機に焦点を合わせている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る