ソニーの1600万画素CMOSセンサーは卓越した高感度性能

FOCUS NUMERIQUEに、ソニーα55の感度別のノイズテストが掲載されています。

Test Sony Alpha 55
(※リンク先に感度別のサンプルファイルが掲載されています)

  • テストはマクロレンズ(50mm F2.8)を使用し、ノイズリダクションやDROモードはデフォルトの設定(オート)で撮影した
  • ISO100-800では、輝度ノイズは穏やかで色ノイズはほとんど見えない。ノイズはとてもよくコントロールされている
  • ISO1600以上では輝度ノイズがフラットな部分に見え始めるが、ディテールはまだ豊富に残っている。ISO3200まで感度をあげると滑らかさが失われ始める。しかし、ピクセル等倍で見てもまだ良好な画質
  • ISO6400になるとフラットな場所に色ノイズが目立ち始め、ダイナミックレンジも落ち始める。ISO12800では、色ノイズが目立ち、ダイナミックレンジも更に低下するが、この感度での画質としてはとても素晴らしいもの
  • 16MP CMOSセンサーは卓越した高感度性能
  • DxOによるテストでは、ISO3200までは素晴らしいダイナミックレンジでとても良好な結果

 

仏→英の自動翻訳を使っているので、間違いがありましたらご容赦願います。

ノイズは画素数が多いにもかかわらずよく抑えられていると思いますが、ノイズリダクションが強いためか細部のディテールが失われるのは比較的早いような気もします。とはいえ、新型の16MPセンサーが、高感度に強いのは間違いなさそうです。

比較用に掲載されているKiss X4のサンプルは露出がかなり異なっているので、α55との比較が難しいですが、パッと見ではα55のほうがノイズが抑えられているような印象です。

2010年9月 6日 | コメント(11)

コメント(11)

コンデジのように塗り絵画質路線に進まないことを祈ります。
また、センサーの狭ピッチ化にレンズ性能が追いつかないのでは意味がないと思います。

 α100からα900まで、ソニーは高感度のノイズ処理をやり過ぎたら失う物が多いと言って、積極的ではなかったですが、やっぱりあまりにも不評だったのでしょう、α550くらいから対処する様になりましたね。

 私としてはISO1600までちゃんと撮れたら理想的で、そのためにちょっと画素数を減らしてくれても良いと思います。それ以上のISO感度で撮れちゃうと、逆にカメラの性能の頼り過ぎてしまう様な気が……。

たしか、センサー清掃時手動でミラーアップ出来るみたいですが、そのままマニュアル撮影出来ないんですかね?
そしたら感度あがるとか?あったら面白いですね。

卓越した高感度性能と言っても、ソフト的にノイズリダクションでの事ですから、やはりノッペリ塗り絵風で、ディテールも高感度になるほど失われ、撮る物によっては質感が出ない。ソニーもそんなことはわかってるのでしょうが、数多く売るためにはしょうがないと言うことでしょう。

ニコンのD3SやD5000、ペンタックスのK-X、などで評判の良かったソニー製デュアルノイズリダクション方式CMOSセンサーを推し進めていくようですね。

この新しい1600万画素CMOSセンサーが搭載されるであろうニコンやペンタックスのニューモデルも楽しみです。

>卓越した高感度性能
>ISO3200まで感度をあげると滑らかさが失われ始める。しかし、ピクセル等倍で見てもまだ良好な画質

やや過大評価の様な気もします
サンプルファイルを全数ダウンロードして見ましたが、ピクセル等倍ではISO1600から難ありの様相
ISO3200の場合では25%表示で見られるようになりますが、それでも色の失われているのがハッキリ判ります

ファームウェアのアップデートに期待

Nikonはソニーさんにセンサー部分で大変お世話になっているので、これらのセンサーがまたNikonに採用される可能性はあるんでしょうが、このあたりでNikon独自のもので挑戦することも考えてほしい気がするのは私だけ?? ま、もちはもちやってのも分かるんですが、戦略的に遅れをとるのではと危惧しています。

SONYの強みはLSI半導体、イメージセンサー、カメラ製品が一体となって製作できる点でしょう。 開発サイクルが短くなりまたは仕様変更がある時これは大事な事です。 半導体、イメージセンサーが別会社でも同じことが出来るでしょうがやはり一歩、二歩遅れます。 

ニコンはイメージセンサー、半導体の回路設計は出来るでしょう。 これはコンピューターを使用したシミュレーターで作りますから。 しかしこれを実際の部材で作るのが大変です。 理論では可能なのに実際には性能がでないということもあるかも知れません。 またニコンが半導体工場を自社で作ってもすぐには無理でしょう。 製造に関してのノウハウがありません。 もしニコンが自社で製作するのであればどこかの半導体工場を買収するしかないのではと思います。

これらの点を考えると有利なのはやはりSONY,パナソニックの2社ではないでしょうか。

もうフルサイズでなければ星景フォトの
星を点で写し撮れない時代ではなくなって来ましたね。
そこまでがたった数年ですものね。
撮れる世界が広がる事に
メーカー、マウントを越えて素晴らしさ、凄さを感じます。

同じ素子であっても絵作りの個性も各社にしっかりありますし
価格的な事、利便的な事、素子の感度、画質、画素数の競争の意味以上に
こうした向上は大変良い事だと思います。

高感度撮影に限らず
賛否と衰退もあるだろうけど
新機構も含め嬉しい可能性はまだまだ沢山ありそうですね。

何故こんなに露出の違うサンプルが比較対象なんでしょうね?
同じ被写体なら、明るい露出の方が、ノイズが少なくて当然ですが。

露出が違うのが気になりますが、
もしかすると、Dレンジオプティマイザーが働いているのかもしれないですね。
なにはともあれ、やっとキヤノンに追いつい(追い越し?)たのは嬉しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年9月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスが9月9日と9月20日にK-rとK-5、2本のDAレンズを発表?」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-5のスペックの続報が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る