リコーがGXR用のAPS-Cの広角ズームユニットとマウントユニットを開発中

フォトキナでリコーが今後登場するGXR用のカメラユニットに関するコメントをしています。

【フォトキナ】リコーがGXR用の"マウント搭載ユニット"を検討 (デジカメWatch)

  • リコーはGXRのカメラユニットについて大型イメージセンサー品の投入を表明。マウントユニットの開発についても検討中
  • センサーサイズは大型センサー(APS-C相当)と小型センサーでバランスをとっていくが、まずは大型センサーを搭載したカメラユニットを早いうちにラインナップしたい
  • 2011年にはAPS-Cセンサーを搭載したワイドズームレンズを搭載したユニットをリリース
  • マウント搭載ユニットの採用マウント種類は未定。搭載マウントは既存のレンズマウントに対応する。センサーサイズは未定だがフルサイズセンサーの搭載は困難で採用の可能性はない

 

GXRユーザー待望のマウントのみのユニットがついに登場するようですね。ここでは採用されるマウントの種類は不明となっていますが、ドイツのサイトfoto MAGAZINに「ライカMレンズの使用を可能にするバヨネットユニット」という記述があるので、マウントはMマウントなのかもしれませんね。

Mマウントならマウントアダプタを使って、更に他のマウントのレンズも装着できるので色々と応用がききそうです。ただ、フルサイズの可能性はないと断言しているのは少々残念ですね。

2010年9月23日 | コメント(16)

コメント(16)

うーん… Mマウントアダプタなら、AF速度の心配はしなくて済みそうですが(汗)。 センサーがFoveonなら皆熱狂するでしょうかね。

GXRを見ているとユニット交換式のコンセプトは立派ですが、
それを生かせる開発速度がリコーには無かったという印象……。
ユニットラインナップが中途半端で、使いにくそうです。

ちょっと遅すぎましたね。
マウントのみのユニットは一番最初に発売するべきじゃなかったかな。

いっそ突き抜けて、APS-Cサイズ白黒撮影モジュールとか出してはどうでしょうか?
カラーフィルタ無し、光学ローパスフィルタ無しでシャープな画像が出せれば、
天体写真とか希少本のデータ化などの方面にも展開できるかも知れませんし。

MマウントでAPS-Hなら面白いかな。
ただAPS-Hのセンサーなら特注になる?から難しいかな。

APC-SのソニーEマウントユニット、でもNEX買うより高価、なんていう構図になると本末転倒な気がします。

マイクロフォーマウントになったという仮定で話しますと、マイクロフォーユニットを持ってメリットが出る条件は

(1)
GXRの本体
マイクロフォーユニット
マイクロフォーレンズ
GXRレンズ

を全部持つという場合のみということになります。しかし、マイクロフォーのレンズも充実しそうなので、(1)の組み合わせを持つユーザーって少数な気がします。

(2)
GXRの本体
マイクロフォーユニット
マイクロフォーレンズ
しか持たないなら
(3)
マイクロフォーボディー
マイクロフォーレンズ
を持つ方が手っ取り早いですよね。

ただ、マイクロフォーユニットの素子が卓越した性能を持っているなら(2)の組み合わせにもメリットが出てくるわけで、リコーが良い素子を入手できるかが成功の鍵になりそうです。いや、良い素子を入手できる見込みがつかなくてはこんな発表しないはずです!

ソニーがEマウントをオープン化するという記事と、
なんかタイミングがあっているような....
そうなれば結構面白いかもです。

Ricohはセンサーやその周辺の技術提供をSonyから受けてますし、自分もEマウントで登場する可能性に一票です。
でもそうすると、NEX-7はGXR(或いはその次世代ボディ)とコンセプトが思いっきり被りそうですけど。。。

ここはKマウントで復活してほしいところです

マイクロフォーサーズ用レンズのユニットで、
撮像素子はAPS-Cという荒技はどうでしょうか。
マイクロフォーサーズ用レンズを使うときだけクロップし、
アダプタでライカ版用レンズを使うときはAPS-Cとして使うとか。
こんな形式なら、既存のマイクロ用ボディにはない魅力が出せますね。

最近ソニーEマウント仕様公開されたということは・・・サードパーティ第一歩目はリコーという流れになるのでしょうかね。選択肢がさらに難しくなりそうです。

私もEマウントに1票。
ボディ構造上フランジバックが短いに超したことは無いと思うので・

Mマウントなら、ユニット自体にレンズ情報を
登録出来るようにしたら便利だし
専用ユニットの強みも出せて良いんですがね。

フォーサーズマウントではないでしょうか。何せキヤノンEOS 60DやシグマSD1にはオリンパスの技術が一部組み込まれているように見えますし。これからオリンパスはカメラ本体ではなくカメラ技術を売るメーカーに変貌をとげたりして。

発売延期になっていたGXR用 GR LENS A12 28mm F2.5ですが本日11/5発売日確定です


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年9月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがEマウントの仕様を他社に開示する方針を明らかに」です。

次のブログ記事は「シグマSD1のイギリスでの価格は1800~2000ポンド前後?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る