ペンタックスK-r とDA35mm F2.4 ALのスペックが掲載

Photo Rumorsに、間もなく発表されると噂されているペンタックスの新製品の詳細が掲載されています。

For tomorrow: Pentax K-r, DA 35mm f/2.4 AL lens and two Optio cameras

  • 明日、9月10日(※日本では本日9月9日の発表と言われています)ペンタックスは次の製品を発表するだろう
  • PENTAX K-r :
    - 1240万画素CMOSセンサー
    - Safox IX AFセンサー
    - 連写6コマ/秒(JPEGモード)
    - 視野率96% 0.85x ペンタミラービューファインダー
    - 3インチ92万ドット液晶モニタ
    - リチウムイオンバッテリー、オプションで単三アダプター使用可
    - 赤外線データ送信機能
    - 価格はボディのみが649ドル、18-55mmキットが699ドル
     
  • PENTAX DA35mm F2.4 AL :
    - 非球面レンズ1枚仕様
    - マウントはポリカーボネイト製
    - 長さ45mm
    - 重さ124グラム
    - 最短撮影距離0.3m
    - 価格は199ドル
     
  • 2機種のオプティオ(コンパクトカメラ)

 

K-5と高倍率ズームがリストにないところを見ると、これらは2回目(20日?)の発表に回されるのかもしれませんね。

また、前回の噂でK-r は新型の1400万画素センサーになるという噂が流れましたが、ここでは1200万画素センサーに逆戻りしています。どちらが本当の情報なのか気になるところです。

その他のスペックでは、3インチ92万ドットの液晶モニタの採用が事実だとしたら、K-xの2.7インチ23万ドットから大幅なスペックアップになりますね。また、6コマ/秒の連写が事実なら一眼レフのエントリーモデルの中では連写で頭一つ抜けた存在になりそうです。

2010年9月 9日 | コメント(10)

コメント(10)

噂されていたカラーバリエーションについての情報はないのですね。
本日発表のようですが、どのようなスペックになるのか非常に楽しみです。

35mmについては廉価というのは魅力的ですね。
「明るい単焦点」が欲しいというライトユーザーを狙ってのことだと思うので、LimitedもFAも併売して問題はないのではないでしょうか。

個人的にはバッテリーがリチウムイオン、オプションで単三も使用可、というのがうれしいです。
個人的には重量対容量でリチウムイオンの方が良いのですが、ネットでは「どこでも入手できる単三が使える方が良い」との書き込みも見かけますので、このように両方使えるのが一番良いです。
エントリー機ですから、センサーは最新の1400万画素でなく、熟成の進んだ1200万画素で良いと思います。
この情報通りで発売されたら、友人にK100Dと一緒に無期限貸出しているKマウントレンズ群を返してもらうことになりそうです。

何気にOptioの2機種も楽しみです。
Optioのフラッグシップが欲しい!

とりあえず本番待ちです。

そろそろ発表か、12時ころかな。

エントリーモデルがこのスペックなら、その下位クラスの位置にくるのはミラーレス? 

カラバリは本体12色xグリップ10色の計120色展開で
レンズの色も変えられるそうですよ。

K-rはスーパーインポーズも採用されるらしいですが、
3型92万ドットのLCD、リチウムイオンバッテリーといい
K-xに比べると初値が高くなりそうですね。

1240万画素なのかな? 個人的にはかまわないのですが、基本感度がISO200のままだと微妙です。
あとはHD動画への対応が購入動機に絡むかもしれないですね。
あと一時間ちょっと。楽しみです。

K-r、カラーバリエーションシミュレータのページが出来てますね。
わりと無骨な感じで賛否両論になりそう。
私はわりと好きかな。
http://www.camera-pentax.jp/k-r/

URL直接入れたらサイトありました。

http://www.camera-pentax.jp/k-r/


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年9月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー16mm F2.8とパナソニック20mm F1.7のシャープネスの比較レビュー」です。

次のブログ記事は「ペンタックスがK-r を正式に発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る