シグマMACRO 70mm F2.8 EX DGは絞り開放から並外れてシャープなレンズ

Photozoneに、シグマMACRO 70mm F2.8 EX DGのフルサイズ機によるレビューが掲載されています。

Sigma AF 70mm f/2.8 EX DG macro - Full Format Lab Test / Review

  • 鏡筒のクオリティはとても良好で、フォーカスリングは極めてスムーズに動く。残念なことに、AF時にフォーカスリングが回転してしまい、これは少し時代遅れだ。ねじ込み式のメタルフードは少々変わっているが、フードを付けたまま偏光フィルターを使い続けることができる。前玉は回転しない。AFは昔ながらのAFマイクロモーターで、非常に遅く、極めてノイジー。
  • マクロレンズの常で歪曲は極めて小さく(0.0203%)、これは実写では完全に無視してよい値。周辺光量落ちはF2.8で1EVで、フルサイズでのテストとしては比較的穏やかな値。F4以上に絞れば概ね問題は解消する。
  • 解像力ではマクロレンズは非常に高性能のことが多いが、シグマのこのレンズも例外ではない。解像力は絞り開放からF8に至るまで一様に素晴らしい解像力(excellent)で、ピークはF4-5.6。回折の影響でF16まで絞ると"良い+α(good+)"のレベルまで解像力は落ちる。これは通常の距離での解像力テストで、マクロ域のテストではないことに注意して欲しい。
  • 倍率色収差は、開放で非常にわずかな色ズレが見られるだけで、非常によく補正されている。軸上色収差は開放でわずかな痕跡が見られるのみで、F4以上では問題はない。
  • ボケ味は、ハイライトの部分の形はとても整っていて、F2.8では完璧な円形を保っている。F4では若干形が崩れるが、輪郭が目立つのはF5.6以上。ピント面の前後の領域でもボケは非常にスムーズ。ボケ味に関しては、このレンズは輝いている。
  • シグマの70mm F2.8はほとんどの絞り値で並外れてシャープなレンズで、ボケもとてもスムーズだ。マクロレンズの常として歪曲もないに等しい。色収差は非常に少ないが、マクロとしては平均より少し多い。弱点はAFで、精度は良好だが非常に遅くうるさい。

 

光学性能の評価は5点満点で4.5点と、極めて高い評価になっています。シグマの70mm F2.8はその切れ味からよく"カミソリマクロ"と呼ばれているレンズですが、解像力は絞り開放から素晴らしく高く、カミソリマクロの異名通りの高性能レンズのようです。ボケ味も良好のようなので、光学性能的には申し分ないレンズと言ってよさそうですね。

2010年11月22日 | コメント(5)

コメント(5)

カメラがSD14なので、sigmaレンズは何本も
もっていますが、特別な超望遠使用時を除いて、
ほとんどこのレンズが付いています。

このレンズを使うと、画質の良さで他のレンズは
使わなくなってしまいます。写真は趣味なので、
楽しい楽しくないも重要ですが、このレンズは
楽しすぎます。撮っていて気持ちいいです(笑)。

でも今は新型が出て欲しい
(MACRO 70㎜ F2.8 EX DG HSM 防塵防滴仕様)。
そして私の手の届く金額で(笑)。

某カメラ誌のモニターでこのレンズを
使ったことがありますが確かに半端なく
シャープなレンズでした。
一段絞るとモデルさんの肌の状態によっては、
シャープ過ぎるくらいで、気を使う事も。
個人的に外観が好きになれないので使ってませんけど。

フードがネジ式なのも、全体繰り出し式なのも、
設計者によると画質を最重視した結果らしいですね。
大手だとそんな仕様の企画が通ったかどうか……シグマらしいとんがったレンズだと思います。

私はマウント変更頻度が高いのですが、このレンズは2マウントで3回買い直しているほどのお気に入り。
これのノウハウをフィードバックした50mmマクロや24~28mm単焦点のリニューアルをお願いしたい…

このレンズ買いました。大方はよかったのですが、意外と逆光に弱いかな。あとは、左隅部の像に僅かな崩れがありました。D800で撮影したので、僅かな像の崩れもわかってしまうというのもありますが。やっぱり少し高くても純正マクロ60mmに買い直そっかな。他の種類のレンズはともかく、マクロはごく僅かな欠点でも妥協できないんですよね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年11月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ70-200mm F2.8 EX DG OS HSMは70mm開放の画質が弱点」です。

次のブログ記事は「ソニー E 18-200mm F3.5-6.3 OSSはNEXには大きすぎるレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る