ソニー T* 24mm F2 ZA SSMは同じ絞り値では24mm F1.4クラスのライバルよりも良好な性能

Photozoneに、ソニーのDistagon T* 24mm F2 ZA SSMのフルサイズ機(α900)でのレビューが掲載されています。

Zeiss ZA Distagon T* 24mm f/2 SSM (SAL-24F20Z) - Full Format Review / Lab Test

  • レンズの作りのクオリティは、まさに卓越したものだ。鏡筒は完全な金属製で、ピントリングもスムーズに回転する。レンズの全長は常に一定で、リアフォーカスのため前玉も回転しない。SSMによるAFは非常に速く、かつほとんど無音。ソニーが防塵防滴について何も言及していないのは少々残念だ。
  • 歪曲は1.7%の穏やかなタル型で、時折目に付くかもしれない。歪曲はニコンやキヤノンのライバルよりもわずかに大きい。
  • 周辺光量落ちは、開放では2EVを超え、大部分のシチュエーションで容易に目に付く。F2.8まで絞れば周辺光量落ちは顕著に改善し(1.2EV)、F4以上では満足できるレベル(0.86EV以下)になる。
  • 中央の解像力は開放から非常に高く、周辺部も許容範囲だ。しかし、四隅は開放では比較的ソフトだ。F2.8では中央の解像力は大変にシャープで、その他の部分も一様にとても良好。F5.6まで絞ると解像力はピークに達し、画面全域で並外れて高い解像力になる。フルサイズでは、傑出した結果だったAPS-Cと同じくらい良いとは言えないが、しかし、依然として素晴らしい。
  • 倍率色収差は平均で1ピクセル前後で、とても小さい。これはプリント上では通常は気にならない値。軸上色収差は、欠点が見られないわけではないが、F2でもほんのわずかだ。F2.8以上に絞ると軸上色収差は、基本的に無視できる大きさになる。
  • T* 24mm F2はキヤノンやニコンの24mmほど大口径ではないが、同じ絞り値ではより良好な画質だ。F2では若干四隅が甘いが、絞れば素晴らしい画質になる。残念ながらツァイスの設計者は、周辺光量落ちの問題を解決できていない。ボケはこの焦点距離のレンズとしてはとてもよい。また、SSMによるAFは欠点の無い性能だ。

 

光学性能の評価は5点満点で3.5点~4点で、APS-Cでのテストの時のようなズバ抜けた評価(4.5点~5点)ではありませんが、全体としては良好な評価と言っていいと思います。

解像力は開放では四隅が少し甘くなりますが、それ以外は高い解像力で、ニコンやキヤノンの24mm F1.4と比べると特に周辺部~四隅の解像力が全体的に高くなっているので、風景などの撮影ではこちらのほうが使いやすいかもしれませんね。

2010年12月18日 | コメント(3)

コメント(3)

スペック的に納得の内容です。
しかし、コンタレックスの25mm以来の伝統か
周辺部はずーっと同じ傾向のような。
折角F2と抑えた設計なのにちょっと残念な気も。
ただ、より解像度を要求される少し先を考慮した
(α900クラス後継機)ようにも思えるので、
その時に再評価をした方がいいのかも。

 一生物の高級レンズなら、これくらいの評価を受けてもらわないとね~。

 レンズって、直径が大きい方が良いのかしら? 望遠鏡の場合は集光能力から太い方が良いらしいですが。

トリックさん

私も光学などには疎いのですが、前玉が大きく大口径化すればするほど、諸収差が大きくなり、補正が困難になると聞いたことがあります。

Distagonは、他社24mmF1.4に比べれば、一段暗いですが、その分安価で高性能に出来たんだと思います。

しかし、折角F2.0の明るさに抑えたのだから、画質面ではニコン、キヤノンのライバルをぶっちぎる光学性能が欲しかったかな…。
レンズの価値は、明るさだけじゃないといわしめるだけの…。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年12月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスがDA12-35mm F3.5-4.5AL WR SDMの特許を出願中」です。

次のブログ記事は「パナソニックLumix G Vario 100-300mm F4-5.6はトップクラスではないが予想以上の性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る