トキナーATX 16-28mm F2.8 PRO FXは、このクラスでベストの光学性能

PopPhotoに、トキナーAT-X 16-28mm F2.8 PRO FXのレビューが掲載されています。

Tested: Tokina AT-X 16-28mm f/2.8 Pro FX

  • 鏡筒は大きく極めて重い。レンズの仕上げは素晴らしい。大部分のインナーフォーカスのレンズと異なり、トキナーはフルタイムマニュアルフォーカスを採用していない。しかし、押す/引くの操作によってAF/MFが切り替えられるスムーズなフォーカスリングのおかげで、フルタイムマニュアルフォーカスに近い感覚で使うことができる。新型のDCモーターによるAFは高速で、ほとんど音がしない。
  • スタジオでの光学テストでは最高レベル(Excellent-range)の解像力とコントラスト。SQFテストの数値はニコンの16-35mm F4 VRよりも著しく高く、特にズーム中間域では高い。
  • 最も注目に値するのは、歪曲が圧倒的によく補正されていることで、DxO Analyzer3.2によるテストではズーム全域に渡ってごくわずかな歪曲が検出されただけだった。このような広角で、歪曲フリーに近いレンズは最近では記憶にない。どの焦点距離でも周辺光量落ちが見られないことも、同じように注目に値する。
  • 1.75倍のズームは少々倍率に乏しく、手ブレ補正も搭載されていない。それでもなお、ほとんど欠点のない光学性能で、非常に高いクラスのレンズだ。すべての将来のAT-X PROのフルサイズ用レンズがこのような高性能なレンズになることを望む。
  • 良い点:このクラスでベストの光学性能。
  • 悪い点:フィルターが使えない。手ぶれ補正がない。

 

SQFテスト(解像力テスト)の値は超広角ズームとしては驚くほど高く、また歪曲や周辺光量落ちもズバ抜けて優秀な成績のようです。

このレンズはレビューも少ないですし、あまり話題にならないような気がしますが、実はこのクラスでトップクラスのすごい実力の持ち主なんですね。少し焦点距離は異なりますが、"神レンズ"と呼ばれているニコンの14-24mm F2.8Gとも比べてみたいところです。

2010年12月21日 | コメント(15)

コメント(15)

超広角は使いどころが難しいので、
光学性能が良くても地味に埋もれてしまうのが残念ですね。
とくにサードパーティー製は。
どうしても純正ばかりが着目されてしまいます。
ですのでこういう記事がたまに出るのは良いことだと思います。

トキナ はDX用の12-24持ってますが、D90での使用でとても満足しています。 しかしD700で使うと、19-24になっちゃって、超広角ではなくなっちゃいますーー;
このレンズ、ニコン16-36mm よりも2割ほどお安く、14-24の約半額で、このように評価高いので欲しくなりました。 レンズも明るく・・ 良さそうですね!! ちょっと重そうですが。

フルサイズで使うのに画角変わるの?
しかも広角側だけ?

蹴られるということが言いたいのではないでしょうか。

>CSIさん

APS-C用のレンズだけど19mmからだとフルでもケラレないからでしょ?

>>CSIさん

カメラすきだっぺさんが言いたい事は、
D700(フル)に12-24mm(APS-Cレンズ)を付けると、
12〜19mm未満のレンジではけられて使えないので、
フルに付けると、実用上は19〜24mmレンズになるって事ですよ。
画角が変わるわけではありません。

18mmくらいならば強めの周辺減光みたいな効果ができるので、作品としても面白く使えますよ。

このレンズ、キヤノン用を5DMark2で使っていますが、f8-11に絞らないと実用になりません。
絞った時の周辺の画質は、キヤノンの17-40よりは、少しいい程度でしょうか。
また、フロントキャップが安っぽく、着脱しただけで固定フードの外側が白くなる(傷が付く)。レンズは違いますが、シグマの8-16とは、大違いです(フロントキャップに関しては)。

非力な私はトキナーの重さを嫌って16-35mmF4Gを買いましたが、このレビューに軽い目まいを感じてます。

CSIさん ふ さん 「う」さん それから、ご丁寧な解説を頂いたAKIさん  舌足らずな表現で申し訳ございませんでした。 AKIさんのおっしゃるとおり、 12mmから17mmはフルサイズでは、ケラレが大きく 18mmだと 周辺減光が大きいので 19-24と表現しました。 お騒がせして大変申し訳無く思ってます、、 AKIさんご提案の18mmで一度挑戦してみます・・ 有難う御座いました!
 

ニコン用に絞りリング付けて欲しい・・。

確かこのレンズはサードパーティー製初?の
防塵防滴レンズではなかったでしたっけ。
サードパティーも防防にどんどんチャレンジしていって欲しいですね。

これ使っていますが、逆光耐性が酷いのでソコだけはいただけないですねぇ。
レビューの通り解像やヌケはいいのですが・・・

そんなに素晴らしいレンズなら、α用も出せば良いのになー。

特に手振れ補正が無い欠点だって、αであれば問題ないし。
ニコンやキヤノンには、比較的安価なF4通しの広角があるけど、ソニーには高価なF2.8通しの広角しかないから、比較的安価で明るい広角ズームレンズは、αユーザーにとって良い選択技になると思うんですが…。

D600に装着。歪曲収差、周辺光量落ちは認められず極めて良好。
ファインダーが明るいので気持ちがいい。さらには解像力が素晴らしく、空の色がこれまた秀逸で風景写真撮影が益々楽しくなった。優秀なレンズである事疑いなし。

EOS5D Mark3で16-35にするかこちらにするかで散々
迷った挙句、infoさんの評価を参考にしてこのレンズを購入。
使ってみて、歪曲収差、光量落ちなど殆ど問題なし、解像力も
純正をも凌ぐようです。(純正を友人から借りて試し撮り)
純正に比べ安価でこの性能は素晴らしいと思います。
デメリットはありますが使う側が対処すればいい事。
どちらかというと純正派の私ですが、純正よりこちらを選んで
良かったと思っています。
トキナーさんこのようなレンズを期待しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2010年12月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスDA 35mm F2.4は価格を考えればしっかりとした性能」です。

次のブログ記事は「パナソニックが新しい25mm F1.4をキットレンズとするマイクロフォーサーズ機を開発中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る