ペンタックスがDA12-35mm F3.5-4.5AL WR SDMの特許を出願中

エンジニアの嗜みに、ペンタックスのDA12-35mm F3.5-4.5 AL WR SDMの特許に関する記事が掲載されています。

・Pentax DA12-35mm F3.5-4.5 AL WR SDM(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • ペンタックスが超広角ズームレンズ12-35mm F3.5-4.5に関する特許を出願中。画角100°近辺から始まるズームレンズとしては最も高倍率になるズーム。
  • 各収差はキッチリ補正されているようで、球面収差はほぼゼロ、倍率色収差と非点収差は周辺に僅かに目立つ程度、歪曲収差は並みの性能。
  • DAではなく、DA★になるかもしれない。

 

DA12-24mm F4がWR化されるのかと思っていましたが、ペンタックスは完全に新設計の広角ズームを用意しているようです。ただ、記事にあるように新型が★レンズになるとしたら、現行のDA12-24mmはそのまま(またはWR化されて)残るのかもしれませんね。

風景の撮影では望遠側が少し足りずに広角ズームを標準ズームに付け替える頻度が高いので、APS-Cで12-35mmという焦点距離はとても使いやすいのではないかと思います。光学性能にもかなり期待できそうなので、製品化されるのが楽しみですね。

2010年12月17日 | コメント(10)

コメント(10)

画角を欲張っている割には、データ上は光学性能にも期待出来そうなレンズですね。
リンク元のコメント欄にもありますが、ニコンユーザーとしてはトキナーブランドによる展開も期待したい所です。

大きく重く高くてもかまわないので、かっちりシャープな画質最優先のレンズで出てほしいです。もちろん防塵防滴のスターレンズで。SR搭載のK-5との組み合わせで完全に理想の標準システムになりますから。

非常に実用的なレンズですね。DA18-135WRといい、ユーザーの利便を図りつつ、無理のない範囲で設計を行っているように推察されます。わざわざWR(簡易防塵防滴)とあるからは、リーズナブルな価格のレンズになるかもしれませんね。
DA12-24は良いレンズなので、ちょっと微妙な立ち位置ではありますが、レンズ開発の噂が聞こえるのは、これからもKマウントの未来に期待できるという事で嬉しく感じます。
次はDA55-300あたりをWR、DCモーター化かな? Limシリーズも期待したいところ。

面白いレンズが出てきそうですね。
わざわざ「WR」とついているなら「★」レンズではないような気がしますね。17-70のSDMのような扱いでしょう。その方がリーズナブルな価格になるので嬉しいです(^^)

12-24mmは焦点距離がかぶっちゃいますから、発売する方向に進んでいくことになれば、12-24mmはディスコンになるのかな?
超広角から標準域までのズームレンズは使い勝手がよさそうです。

星景写真にも使ってみたいので、絞り枚数は7枚か9枚になってほしいですね。

広角★が欠番なので★で出る可能正もありますね。
是非、広角の防滴レンズは実現してほしいです。
できればリーズナブルに・・・・

型式から行くとEDは無しで非球面のみなのでDA17-70と同じ位置づけになるのかもしれないですね(私的には準★と呼んでいますが)

順当に行けばCP+あたりでお披露目されて春か夏のボーナス時期あたりにリリースされることを期待しています。

換算18~50は使い勝手がよさそうですね。

DA15みたいにボケが汚いとか叩かれなきゃいいんだけど。

この焦点距離いいですね。

街のスナップ撮影には標準域までカバーする広角ズームが便利ですよね。
K-5でペンタックスを使い始めた私は、この目的でディスコンになっていた16-45mmの中古を探してきました。
このレンズの画質は満足しているものの、後一歩、広角域が使えればと思っていたので私には理想的かも。

デジイチ購入で超広角を使いたくてK-100Dと一緒にDA12-24mmを買いましたが望遠側が不足気味なのとかさ張るので最近は持ち出しません。(近場のお出掛けには18-55mm(PENTAX)+28-75mm(TAMRON)のコンビが増えました。

でも12-35mmとなると、かなり使い勝手が良さそうですね、次々に魅力的なレンズを出されると困ってしまいます。(笑)

う~ん、星景写真を撮りたい自分としては、DA★11-○○mmF2.8EDを出して欲しいです。
★F2.8通しレンズの欠番的にも大事なポジションだと思うんですが。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2010年12月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-PL2が2011年1月中旬に発表される?」です。

次のブログ記事は「ソニー T* 24mm F2 ZA SSMは同じ絞り値では24mm F1.4クラスのライバルよりも良好な性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る