FinePix X100の公式サイトでのレンズに関する詳細な情報が公開

富士フイルムのFinePix X100の公式サイトで、X100のレンズに関する様々な情報が公開されています。

第一章:レンズ設計者からのメッセージ

  • F1.6やF1.8のレンズの設計は難しくないが、デジタルカメラの場合、F2より開口部を広げてもセンサー側の特性から光線が有効利用できない。また開放値をF2に抑えることで、絞り込んだ状態でのMTFを高いレベルにすることが可能になるためF2を選択。
  • 非球面レンズを多用すれば必ずしも良いレンズができるとは限らない。できるだけ球面レンズを使用し、最も効果的部分に両面非球面レンズを1枚採用。
  • 像面湾曲を補正して良好な画質を得るために、4枚すべての凸レンズに高屈折ガラスを採用
  • バックフォーカスは5.6mmという短さ。このレンズのためにセンサーをカスタマイズし、マイクロレンズの位置を調整。入射角を20度に広げた。
  • レンズ固定式のメリットを活かし、後玉径を前玉径よりも大きくすることで十分な周辺光量を確保。
  • 美しいボケ味を実現するために、9枚の絞り羽根を採用。
  • シャッターは4枚羽根のレンズシャッターで、高速フラッシュ同調を実現。
  • F2の明るさを活かす、3段分のNDフィルターを内蔵。
  • 明るく薄いレンズでのマクロは困難だったが、10cmのマクロを実現。
  • 独自の新コーティング「スーパーEBC」を採用。12面のうち5面にはワイドバンドコート、4面には高難度なEBCコート、3面には従来型のEBCを採用。

 

X100のレンズに関する詳細な情報が公開されましたが、後玉を極端に大きくしたレンズ設計や、レンズシャッターの搭載、新コーティングの採用など、細部までこだわり抜いた仕様になっているようですね。これだけ力が入っているレンズなら、描写にも期待できそうです。後はファインダーの詳細が公開されるのが楽しみですね。

[追記] コメントでご指摘いただきましたが、ファインダーの情報も次のページで詳細が公開されています。
ハイブリッドビューファインダー

2010年12月22日 | コメント(7)

コメント(7)

ファインダーの詳細も公開されているみたいですが
これでは、まだ不足がありますか?
http://www.finepix-x100.com/ja/x100/hybrid-viewfinder

フロントコンバーター(0.7と1.4)とそれ用のモードが準備されたら嬉しい。

>.さん
ページがあったんですね。不足があるのではなく単に気が付かなかっただけです。

一眼レフとは違いカメラ側ほどレンズ径が大きくなる構成が興味深いです。非球面の形状も見たこと無い形ですね。

特に気になったのはセンサー側の特性に合わせてF2.0を選んだという点でした。しかし益々欲しくなる特設サイトですね(笑)

技術の見せびらかしで終わらないで欲しい。
どんな画になるんでしょうか、非常に楽しみです。
ミッドタウンに少し前からおいてあるけどガラスケースにはいてって触れないのですが、いかにもフジ的コンサバデザインもいい感じですね、でも質感はすこし爺臭いかな。

バックフォーカスが短いという事ですがDP1のいわゆる「サッポロポテト現象」のようなものが起きないか心配です

フジノンに(富士フイルムに統合)今でも最先端のレンズ設計
技術が継承されていたんですね。
レンズのコーティングだけでも手間隙かけているようで、富士の並々ならぬやる気を感じます。
発売時期の来年3月頃には、他社からもミラーレスの高級機が出そうですが、迷わずX100を購入します。願わくはの発売時期を早めてくれないかなぁ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年12月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS-1Ds Mark IVは2011年中には登場しない?」です。

次のブログ記事は「パナソニックがO.I.S.付きの7-14mm F4を準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る