イギリスではニコンとキヤノンのレンズ交換式デジカメのシェアが1年で15%近く低下

Amateur Photographerに、イギリスでのレンズ交換式デジタルカメラのシェアに関する記事が掲載されています。

Canon and Nikon lose 15% camera sales share

  • 2010年12月のイギリスのレンズ交換式デジタルカメラのシェアは、ニコンとキヤノン以外のメーカーが44.1%を占めている。前年の同月は29.3%だった。このことは、ニコンとキヤノンが12ヶ月の間に15%近いシェアを失ったことを意味する。
  • 一方で、イギリスでのコンパクトシステムカメラ(ミラーレス)のレンズ交換式カメラの売上に閉める割合は、2009年12月の10.9%から26%の2倍以上になっている。
  • 先週のレポートでは、キヤノンとニコンは日本の市場を未だ支配しており、2社の2010年のシェアは11%低下して60.4%だ。イギリスでは2010年12月の売上でソニーがニコンの20%を抜き、25%を達成している。

 

イギリスでは、ニコンとキヤノンがシェアが国内よりも大きく低下しているようです。一方でミラーレスのシェアが大幅に伸びているので、ミラーレスはアジアだけでなくヨーロッパでも受け入れられてきているのかもしれませんね。

ニコンやキヤノンがミラーレス陣営の台頭を指をくわえて見ているとも思えないので、どのような製品で反撃にでるのか注目したいところです。まずは、ニコンの新世代機(ミラーレス機?)の発表待ちですね。

2011年1月28日 | コメント(25)

コメント(25)

2強もミラーレスを出して巻き返しを図るでしょうね。
NEXより操作性を改善すれば売れそうです。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110128_423417.html
この記事とは相反しますがイギリスでのデータはそうなんでしょう。
ニコンとキャノンの2強はまだまだ大丈夫だと思っているのではないでしょうか?

ミラーレス機のセンサーベースであるフォーサーズ自体、世界標準だから落ちてもおかしくないと思う。

ただ、日本の製品でよく見る「ガラパゴス」という印象が薄い2強だが、どこかでたがが外れたに違いない。

でも実際にイングランドのカントリーサイドではキヤノンのデジカメ(一眼レフ)以外を全く目にしなかったのだが、、、。ニコンすら見なかった。ロンドンではニコンを持っている人も見掛けたが、圧倒的にキヤノンの方が多かった。

目先のシェアに捉われていたら読み誤りますよ。
一眼レフで上手く行かなかったメーカーは、
短期的には利益削っても好調さをアピールしたいのが普通です。
なぜなら、もう後がない、必死だからです。

まあ、市場活性化は悪いことではないですが、
この記事だけじゃ何とも言えんでしょう。が正直な感想。

もう二強とか悠長なことを言っていられる時代は終わったんじゃないでしょうか。
日本の消費者は世界的に見ても保守的なほうですが日本国内でさえ二強体制が崩れつつある。この流れは止まらないでしょうね。

12月の売り上げのかなりの部分はクリスマスギフト用ですから、これだけの情報でシェアをどうこう言うのは危険ですね。
プレゼント用ですから「目新しいもの」「送られる相手がもっていなさそうなもの」に流れるのは容易に想像できます。
少なくとも、「カメラを使う人が自ら選んだ」結果の数字ではないと思います。

1月以降もこの比率が維持されているというのなら、そりゃすごいですが。

2010年の「歴史的カメラ」が発表されましたが、キヤノンとニコンは選ばれなかった。最近は、これは凄いというような技術開発の発表もないしネタが枯れてきたのかも。
http://clubcapa.cocolog-nifty.com/topics/2011/01/2010-1d43.html

これからは、デジタルカメラの基幹部品を内製化できる電機メーカーが強くなりますよ。

フィルムカメラでのレンジファインダー機から一眼レフへの歴史を思い出さずにはいられない。
デジタルカメラでも、当分の間は一眼レフとミラーレスの棲み分けでしょうが、いずれ、一般大衆は一眼レフは使わなくなるのでしょう。

単にソニーブランドでそこそこ使い勝手の良さそうかつそれ程敷居の高くないDSLRだから売れたのでしょう。英国をはじめたした欧州の人達の一部の層ではソニーブランドは圧倒的な人気がありますから。
ちなみにロンドンの街中でカメラ持ってる人を数えても英国での販売シェアにはなかなか結びつかないと思いますよ。

ニコンキャノンは大御所として、従来の方式で磨き上げたカメラをリリースするのが一番いいと思います。ユーザーもそれを望む人が大半でしょうし、圧倒的アドバンテージがあるんですから。

逆に、今からミラーレスを追いかけたって、新規マウントを起こすんであれば、すでに取り戻せないほど出遅れてると思いますよ。

個人的な意見としては「今ならまだ」間に合うと思います。
一眼レフの本丸である、プロシューマークラスのシェアは全く動いていないからです。
二強のうち、どちらが、それらに向けたミラーレスを出してくるか、そしてソニーやパナソニックなどがどう対抗するかで、今後30~50年が決まってくるでしょうね。
 
 エントリーなどのクラスは大多数を左右するため、シェアでは目立ちますが、価格競争や価格下落が激しいため利益率も狭く、レンズの購買層としても弱いです。しかしプロシューマークラスは、1人でエントリークラスの10人分以上のお金を落としていってくれる(むろんレンズで)こともあるので、メーカーの利益を支える柱になっているのはこちらだからです。
 
CPU産業でも、サーバーやハイエンドニーズに売れないとローエンドやコンシューマーでシェアを伸ばしてもジリ貧になりますがそれと同じ利益構造だと言っていいでしょう。
 
 いまのミラーレスはほぼエントリークラスのみ、いわば水面がバシャバシャあっちこっちに動いているだけで、水中での情勢はほとんど変化していないかもしれません。ソニーやパナソニックは今のうちに死にものぐるいで上へ上へとシェアを伸ばしてミラーレスでの地位を盤石にしていくべき時期でしょう。彼らが今のカメラを変えてくれる存在だと思っていますから頑張って欲しいですね。

日本の企業であれば
ニコ、キャノ、パナ、ソニ、オリ、ペンタ
どのメーカーが勝ってもいいかなと思ってます。
ミレーレス新規マウントであればレンズ資産もあまり関係ない。マウントが乱発すると新規が参入しやすくなるのも事実だから、増えすぎるのもどうかとも思う。
ニコキャノで統一したマウント作ってくれれば嬉しい。

結構保守的な意見が多いですね。
2強以外のメーカーが躍進したことを喜ぶよりも、2強がシェアを落としたことを嘆く声が大きいですね。

2強のシェアが落ちたのは、ペンタックスのK-5など、2強のカメラに決して劣らないスペックのカメラが出現し、以前のように、2強にこだわる理由が少なくなったからだと思います。


まだミラーレス機に対して否定的な意見があるのに驚きですが、最近は、携帯性の良さだけではなく、性能面でも従来の一眼レフに迫って来てますし、大多数のデジカメ購入者は、コンデジや携帯のカメラに慣れているので、それほどレフ機にこだわるとは思えません。

最近のパナソニックのGH2の出来を見ると、将来的に一眼レフのシェアを抜くことも十分有り得るでしょう。

ミラーレス機を否定する気は無いですが、まだまだ発展途上です。AF精度等、今の製品では仕事には使えませんよ。

ミラーレス機を購入している大多数は、ミラーレス自体に価値を見出しているのではなくて、デザインやEV、携帯性や背面のモニターでの撮影(コンデジの延長)、操作性などに価値を見出しているのではないでしょうか。
一眼レフは、一般の方からするとデザイン地味で、携帯性悪いし、全自動やPモード以外は使わないだろうし、製品としては魅力無いでしょうね。
一眼レフは、これから売れ筋から外れていくと思います。

管理人さん、こんばんは。

この記事をどうとらえるかによりますよね。
個人的には今の日本のキャノンとニコンの二台巨頭には
あまりいいことだとは思っていません。

理想は各社入り乱れて競争してもらい、脱落するメーカーも
出てほしくない。
もちろん、こんな理想的にはいかないでしょうけど、そうやって
切磋琢磨してカメラメーカーは成長していくものだと思うから
です。

それでミラーレスですが、外国人にはおおむね好感を得るもの
だと思いますよ。
一眼レフもミラーレスもコンデジも携帯電話のカメラも
それぞれ役にたつものです。

みんないい意味でのシェア争いをしてほしいものです。

これだけは断言できるのですが、日本のカメラは世界一なのです!

ソニー、パナソニック、サムスンなどの家電メーカーの台頭で一眼(?)カメラの敷居が下がったことは事実だと思います。
これからはキャノンやニコンの反撃が楽しみですね。
(エントリーモデルと食い合うという理由でミラーレスを出さないのは、もう通用しないんじゃないかなと思います。)
個人的にはペンタックスがどう出るか期待しています。

最近は海外の掲示板でも盛んにこの発言を目にします。

"Give the people what they want"

良い例として出てくる話題としては5D2がファームアップでマニュアル
動画に対応したことや、NEX5がカスタマイズ可能になった事。

一方、7Dに録音レベル調整がないことやA55にマニュアル動画機能がない
事が今まで以上に上位機種の存在を守る為のメーカーの意図的な
差異化だとたたかれる原因にもなっています。

私はA900を使っていますが報道以外の分野では2強だけがプロ用とは
限らないと思います。しかし今現在の技術で実用的なカメラの画質や機動性
を一番バランスよく考えてコンパクトからプロ用ボディーまでシステムとして
揃えているのはキャノンだと思います。

腕時計を買う人はまだいますか?
ハンドクラフトの百万円以上のヨーロッパ製腕時計か携帯電話でしょう。数万円の時計を買うひとってまだいるのでしょうか。
カメラも、コンデジ〜初級機デジ一眼周辺のカメラは亡くなってしまうと思います。
応援しているのですが、ペンタのカラバリはどうみても10年前のiMacを思い出してしまいます。10年遅れていると感じるのは私だけかもしれません? アップルコンピューターが徹底して色とデカさを無くしているように、日本のカメラももっとスッキリシンプルなデザインを採用してほしいです。

ちなみに日本のシェアの推移はこのようになっています
http://bcnranking.jp/award/section/hard/hard55.html
2年前は80.0%だったニコンとキヤノンのシェアが1年前は70.4%になり、今年は61.4%まで下がっています。
機種別ではこんな感じですね。
http://bcnranking.jp/news/1012/101228_18981.html

エミリさんの発言は大変盲目的で非常に残念です。
少し考えただけでも腕時計は、受験を控えている中高生やその親(試験中は当然携帯は見られない)、若いカップルが相手に、学生や新社会人が親に感謝のしるしとして、贈ることもあるでしょう。
当然この年代の人間が自身に購入することもあると思います。
その場合100万円もの腕時計か携帯電話を贈る人はどれだけいるでしょうか。

コンデジにしても同じで、将来市場規模が縮小することはあってもなくなることはまずないでしょう。
フィルムのコンパクトカメラでさえ小規模ながら市場が存在するのです。
カラバリもiMacしかご存じないようですが、昔から他の市場では色で目新しさと魅力を訴求していました。いちいち例は挙げませんが。
一眼レフだけ、固定観念でカメラの色は黒かクローム、とバリエーションがなかったことが問題なのだと思います。

EVFのような新しい技術は賛否両論あり、私も今は拒絶反応を起こしていますがw、しかし今までなかったものを市場に提案し問い続けることが企業としての務めだと思います。
また、我々も消費や評価によってその技術と市場を育てる責任があるのだと思います。
昔かたぎなニコンのファンですが、やはりイノベーションなくして市場のけん引役は長くは務まらないのでしょうね。ここらで一つニコンの「新提案」を見てみたいものです。

今でも、単に写真を撮るという機能だけなら、ケータイにカメラがついてるわけです。

でも今、そうしたケータイで写真を撮りまくっていた若者達が、もっとキレイに撮りたいと思うようになってきた。やっぱりいいカメラ欲しいよね、と。

そうした人々の選択肢がコンデジ、そして今は一般にも親しみが持てるようになったミラーレスも含めたエントリー一眼にも広がり、売れているというのが現状だと思います。

ケータイカメラ、コンデジ、一眼の割合はその時代時代の技術の進歩度合いによって変わるでしょうけど、どれかがなくなることはないと思いますよ。

もしケータイカメラが、ISO6400まで全くノイズレスで2000万画素、AFは走り回る子供でも楽勝に追える精度と速度を持ち、ズームが35mm換算で28mmー300mm相当なんてのが当たり前の性能になれば、一般向けのカメラは廃れていくかもしれませんが…。

今後、市場が縮小するか、発展するか・・色々な要素が絡むため難しい話ですが・・
 
たいていの場合、人は「製品の進化を止めなければ市場が発展していく」と考えがちですが、市場が衰退するのは、「製品の進化が少ない場合」よりも「製品が進化し、消費者がそこそこ満足してしまった時」のほうが衰退します。画期的技術の進歩が、市場の破壊者ともなり得るのです。オーディオもCDの登場が衰退の一因とも言われます。
 
コンピュータ業界がその例で、以前は少しでも速いPCを買うために何十万も払う人がいたのが、今はローエンドPCでもほぼ速度に困らなくなり、速いパソコンが売れなくなってきています。そのためにMicrosoftやIntelは「ユーザーがもっと速いPCが必要になる、重い処理をさせるための売れるキラーアプリケーション」を研究しています。便利だけど膨大な演算力を必要とするアプリケーションを作りだせば、またPCのパワーが不足して、速いPCが売れるというわけです。


つまり、市場の発展と経済流転のためには、消費者を満足させてはならないわけです。微妙にフラストレーションを与える製品を売りつけつつ、微妙に満足もさせ続けていく、・・のが重要というわけです。1消費者・1カメラファンとしては腹の立つ真理ですが、経済として見るとこれが事実だと思います。
 
カメラもそれら同様、消費者が満足する品質が安価に・・たとえで極端なことを言えば、ケータイで、現在のフルサイズ一眼クラスの画が出るようになったら、大型のカメラを買う人がどれだけいるか?・・ということです。進化しすぎるのも衰退の原因となってしまうわけです。

現時点ですら15年前と比較すると、驚嘆するような進歩をしています。当時、100万以上したようなDCS1などと、今のハイエンドコンデジを比べれば、殆どの面で、いまのハイエンドコンデジのほうが上回っているでしょう。(画質ですら)

あと、キラーコンテンツ、つまり「キレイに撮っておきたい被写体」が、存在するような文化とか、習慣がどんどん生まれてくるような世の中だとカメラ業界も安泰でしょうけどね。子供や旅先だけなく・・

時計とかカメラとかってある意味では似たところがあるのかなと邪推します。

自分は携帯電話を常に持つようになってから腕時計は邪魔くさくなって(時間を知る機能のためだけでは腕につけるほどでもない=携帯性が悪い)しなくなりました。
それまでは機械式スイス製腕時計を雑誌まで買って研究していた位だったのに。

カメラもNEX-5を買ってから一眼レフの携帯性の悪さに邪魔くさくなってNEXばかりを使うことになりました。
今では一眼レフの存在意義は鳥を取るときの超望遠位しかなく、それもミラーレスで超望遠が実用的に使えるようになれば一眼レフの存在意義もないでしょう。

世間ではカメラはフィルムとデジタルで使い勝手が違いすぎるからデジタル一辺倒になりました。
時計はその機能が時刻を表すシンプルな機能で装飾品としての機能もありますから機械式が生き残る余地があった。
でも、それは一部のマニア向けでしかないでしょう。
カメラでは一眼レフは装飾品にはなりにくい。

プロ、ハイアマチュアユースなど所詮はマニア向けであり、広大な市場からしてみればきわめて限定されたものです。
携帯性、すなわち利便性が上がらない以上は一眼レフが後退していくのは避けられないと思います。
広大な市場の中の圧倒的に大きな層を取り込むのがメーカーとして当たり前のことで、キヤノン、ニコンが出来ていない以上(現時点で)衰退するのは当たり前のことだと思います。

預言者がたくさんいて微笑ましくもありますが、数字を見る限りは劇的な変化とは言えないようです。

そもそも、猫も杓子も一眼レフという現状が異常であって、ハイエンドコンデジやミラーレス機で十分な層もいるのは確かですから、ある意味ニッチな市場にマッチした商品が登場したというイメージしか持っていません。

私は最近3万円くらいの腕時計を買いましたよ。

太陽光発電&電波時計。つまり、電池高官の費用も無く時計を合わせる必要の無い腕時計です。腕時計も日々進化しているんですね。
携帯電話はうっかり電池切れなどもあり得ますが、この腕時計はノーメンテナンスで常に正しい時間を示し続けます。
まさにグータラな私にぴったりの時計です。

さて、ミラーレス機はレンジファインダーを駆逐した一眼レフになるか、時代の徒花APSカメラになるか?
結論を急ぐことは無いと思いますよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年1月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが2本のミラーレンズ(レフレックスレンズ)を開発中?」です。

次のブログ記事は「パナソニックのG3と新しい交換レンズはCP+では発表されない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る