キヤノンがEF500mm F4L IS II USMなど3本の交換レンズを発表

キヤノンがEF500mm F4L IS II USM、EF600mm F4L IS II USM、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II の3本の交換レンズを発表しました。

EOSシリーズ用交換レンズのラインアップを拡充 大口径超望遠レンズ2機種とEF-Sレンズ1機種を発売
 
- キヤノンは、一眼レフカメラEOSシリーズ用交換レンズの新製品として、大口径超望遠レンズ"EF500mm F4L IS II USM"、"EF600mm F4L IS II USM"など3機種を3月より順次発売。
- EF500mm F4L IS II USM 価格(税別)108万円 (発売日:2011年5月)
- EF600mm F4L IS II USM 価格(税別)137万円 (発売日:2011年6月
- EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II 価格(税別)3万3,000円 (発売日:2011年3月)
  

EF500mm F4L IS II USM
 
- 光学系には蛍石レンズ2枚を使用
- 徹底した軽量化
- 手ブレ補正効果はシャッター速度換算で約4段分。モード3を搭載
- レンズ面にはフッ素コーティングを採用
 

EF600mm F4L IS II USM
 
- 光学系には蛍石レンズ2枚を使用
- シャッター速度換算約4段分の手ブレ補正機構。モード3を追加
- レンズ面にはフッ素コーティングを採用
 

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II
 
- 約4段分の手ブレ補正効果を発揮する手ブレ補正機構を内蔵
- L レンズなどと同様のレザートーン塗装処理
- ホールド性に優れたデザインパターンを採用


キヤノンから2本の超望遠レンズとEF-Sの新キットレンズが発表になりましたが、超望遠レンズは既にフォトキナで参考出品されていたものなので、全体としては少しインパクトが薄いかなという印象です。

新キットレンズはレンズ構成もMTFも旧型と全く同じなので、外観だけの変更なんでしょうか。海外で噂されていたレンズ(EF17-40、EF24-70、180mmマクロの後継機など)が登場しなかったのは少々残念ですね。

2011年2月 7日 | コメント(9)

コメント(9)

韓国のユーザーですけど
EF 200-400mm f/4L IS USM EXTENDER 1.4x
も発表しました。 参考してください。

いつもここの情報には感謝しております。

ー海の向こうから感謝の念とともにー

18-55も旧式のデザイン変更だけっぽいですしね。
まぁコストパフォーマンス的には評判の良いレンズなんでそれもアリなんでしょうけど。
どうにも、間に合わせつー感じのラインナップですねぇ。

管理人様へ 
思わぬ隠し玉を持っていましたね。
Canon develops EF 200-400mm f/4L IS USM Extender1.4x

http://www.dpreview.com/news/1102/11020708canon200400mm.asp

新型ゴーヨンのMTF特性図がすごいですね(笑)しかも約700gの軽量化。
現行ゴーヨンユーザーですが欲しいです。先立つ物があればなあ、、、、、

>Maruさん、ごんちゃんさん
情報ありがとうございます。

素人なんで詳しいことは分かりませんが、新18-55は一応中のレンズもちょっぴり変わっているように見えます。

oyajiさんの仰るとおり、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」のレンズ構成をキヤノンのサイトで確認すると前から2~4枚目までの縁の形状が「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と異なりますね。

後から2枚目の非球面レンズの厚みも少し異なるような気もします。

個人的にはマウント部が金属になってほしかったです。

望遠レンズのサプライズ軽量化攻勢ですね。

そう言えばいつの間にかレンズの生産本数がnikkorを抜いたようですね。まあ数多く作れば良いってわけじゃないですけど、ここ最近のキヤノンのレンズの売れ様はなかなかすごいものがあると思います。
そういえば18-55は光学系に変更はない、とデジカメwatchには書いてありました。お騒がせしました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年2月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEOS Kiss X5とEOS Kiss X50を正式に発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンがテレコンバーター内蔵の超望遠ズームEF200-400mm F4L IS USM Extender1.4xの開発を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る