EOS Kiss X5とソニーα55の高感度の比較レビューが掲載

CAMERA LABSに、キヤノンEOS Kiss X5とソニーα55の感度別の高感度ノイズの比較レビューが掲載されています。

Canon EOS 600D / Rebel T3i vs Sony Alpha SLT-A55 High ISO Noise (JPEGs using default settings)

  • テストはキットレンズを使用して、最高クオリティのJPEGで行った。ノイズリダクションはデフォルト、コントラストの自動調整機能(オートライティングオプティマイザ、ダイナミックレンジオプティマイザのような)はOFFに設定した。
  • ISO100とISO200では両機とも非常にクリーンな画質。ISO400ではピクセル等倍で仔細に観察すれば、とても穏やかなノイズに気付くだろう。ISO800では両機ともシャドー部にノイズが増えるが、ここでも心配はないレベルで、これまでのところ非常に良好な性能。
  • ISO1600ではキヤノンとソニーでノイズの扱い方が変わってくる。キヤノンはノイズを残しているが、ソニーはより強くノイズリダクションをかけて、ノイズを消しているが、ディテールも犠牲にしている。ここではキヤノンが有利。
  • ISO3200では、キヤノンのほうがディテールは若干良いが、両機ともノイズは著しく増える。ISO6400とISO12800では両機ともノイズとの戦いに負けてしまっている。キヤノンのほうがより多くのディテールが残っているが、残っているディテールは多くはない。最高の感度は非常用にしか使えない。
  • 全体としてはISO100-800では、どちらのカメラも非常に似通った結果。ISO1600以上では、小さな違いが現れ、ソニーはより強いノイズリダクションをかけており、キヤノンがごくわずかにディテールの維持で優っている。この結果(画素数の多いキヤノンが高感度で優っているという結果)を奇妙に思うかもしれないが、α55は透過光ミラーでおよそ30%前後光量をロスしているのを思い出して欲しい。
  • α55には6枚連写して重ね合わせることでノイズを減らすマルチフレームNRモードが用意されているので、このモードで再度テストを行った。ISO400までは互角だが、ISO800では文句なくソニーが少しクリーンな画質。ISO1600とそれ以上では、若干ソフトな画質になるが、通常モードで見られたような画像の汚れも見られず、キヤノンよりも明らかにクリーンな画質。ISO12800まで、ソニーはキヤノンに対して1段分~2段分の間程度のアドバンテージがある。
  • Kiss X5の話に戻るが、Kiss X5は同じセンサーをこれまでに(7Dと60Dを含めて)3回テストしていることを考えると、予想通りの結果かもしれないが、ノイズとディテールのバランスが良い見栄えのする高解像度の画像だ。

 

DxOMarkによるRAWでのセンサーの比較では、キヤノンの18MPセンサーはソニーの16MPセンサーにかなり差を付けられていますが、JPEG同士の比較テストでは逆にKiss X5が良い結果を残しているようです。

この記事では透過光ミラーによる光量ロスを理由として挙げていますが、透過光ミラーがあるα55でもDxOMarkではソニーが有利なので、JPEG(ノイズリダクション)の処理の違いのほうが大きな要因かもしれませんね。

あと、α55のマルチフレームNRはとても効果的のようですね。静物や夜景の撮影ではかなり役立ちそうです。

2011年3月24日 | コメント(12)

コメント(12)

最近乗り替えたばかりのαユーザーとしてはショックな結果です。
画素数はX5より少ないし、ソニーセンサーは素性が好いと聞いていただけに。

ソニー16MPセンサー自体の出来の良さが揺らぐ話では無いですが、キヤノン18MPセンサーとの実質的な差違はそれ程じゃないと。
低画素=高画質とはならない、全体の技術水準の向上が分かる結果ですね。

透過ミラーの不利があってもそれほど差がないと言うことは、センサー単体ではSONYが優勢という事でしょうかね。

ソニーの素子いいね。

そうですねぇ
580と比べた場合も知りたい所です。

そもそもDxOの採点があやしい。
ノイズリダクションが強くかかってるものが高得点な気がする。

α900・α55ユーザーですが、ぶっちゃけるとノイズリダクション云々以前に、JPEGの画質は昔も今もあまり良くないです。
けどRAWはちゃんと撮れているので、自分で現像する分には問題ありません。
JPEG画質の改善は、早急に取り組んで欲しいですね。

高感度画質の良し悪しは写真を撮る上で重要な要素。
但しそれが全てではないはず。一般消費者が選択する上でAE(露出 測光)AWB(白バランス)悪条件下でのAF性能等々も重視、考慮すべき点では。JPG撮りならAEとWB性能は更に重要ですよね。仮にAF性能が同等なら使い易さと上記性能等を総合比較して消費者が独自に判断すればOK。この記事は高感度画質においてほんの少し参考になる程度ですね。

センサー性能ソニー>キヤノン
JPEG処理キヤノン>ソニー
自分はこんな感じで解釈しています。
RAWから現像すればソニー機のが上なのでは?

http://www.dxomark.com/index.php/jp/
上記サイトのトップに書かれているとおりに
DxOMarkはRAWでの比較。
今回の比較はJPEGです。
どちらの比較もほぼ正解であると思われます。
X5のセンサーはX4を引き継いだものである(はず)なので 期待に値するような性能向上はないはず、、α55より絶対的に優位な性能はないのでしょう。


このソニー16MPセンサーが載った新型NEXを待っているところ。
α55か、安くなった今のNEXも欲しいとこだが、我慢我慢。

よくわからないので教えてください。
DxOでの総合点の差がどのくらい有ると写真に決定的に差が出るのですか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2011年3月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがNEXシリーズの業務用カムコーダーを発表」です。

次のブログ記事は「2011年中にキヤノンから3機種のデジタル一眼レフが登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る