ソニーNEX-7はミノルタのDimage A2によく似たデザインになる?

Photo Rumorsに、ソニーNEX-7に関する噂が掲載されています。

Sony NEX 7 to be released soon, no full frame NEX camera in sight

  • 数日前に、ソニーが新型機のNEX-7を発表するという情報を受け取った。ソニージャパンは既にNEX-3をディスコンにしており、NEX-7は次の当然のステップだ。NEX-7は機能の進化が予想されているが、詳細な情報はない。以下は、NEX-7がどのようなカメラかについて述べられたもの。
     
    「ツァイスの24mmを装着したソニーNEX-7を正面から見ると、NEX-7はミノルタDimage A2とうり二つに見える。このカメラは実に小さく素晴らしいプロ仕様のボディだ」
     
    このソースは更に「ソニーは現在、NEXのフルサイズ機は開発していない」と述べている。

 

噂の信憑性は不明ですが、これまでNEX-7は秋頃発表されると噂されていたので、まだ少々時期が早いような気もします。ちなみに、Sony Alpha Rumorsはこの噂にSR2を付けているので、今のところ話半分程度に聞いておいた方がいいかもしれません。

NEX-7のデザインがDimage A2に似ているという噂が事実だとすると、厚めのボディに大きめのグリップとEVFが付いたネオ一眼のようなスタイルになるんでしょうかね。これには賛否両論がありそうです。

2011年3月17日 | コメント(13)

コメント(13)

Dimage A2、使ってたし、あれはあれで良かったですが、NEXと考えるとちょっと保守的過ぎる気もします。EVFと背面液晶をSONYらしくデザイン処理してもらいたい。

それじゃあ、α33やα55と大して変わらないんじゃ。
厚さだけは薄いのかな?

NEX-7にふさわしい上級レンズになるように、
ツァイス24mmは大きめに余裕をもって作って欲しいですね。
もし評価がアレなようなら、フォクトレンダーの20mmパンケーキでも
付けてたほうがコスパ的にずっとましです。

A2のようにするのなら、A200スタイルでワイヤレスリモコンつきにしてほしいなぁ。

A2は以前使っていましたが、持ちやすくて気に入っていました。金属ボディだったので剛性感も十分、自分としてはあのデザインとサイズなら十分満足です。

マウント位置より左側が無いデザインなら、正面から見てPENTAX 645Dをギュッとコンパクトにしたようなデザインがいいなー。
厚さは真似しなくていいけどw

何にしろせっかくのミラーレスなのだから、典型的な一眼レフスタイルはやめてほしい。

正直、保守的でカッコ悪いですね。
ソニーがNEXで採用する意味が無いデザインだと思います。
SR2通りであることを願います。

かっこ悪すぎです、このままのデザインならいくら中身がすばらしくても、絶対買いません!

未来的な保守的では無いデザインを期待しています。
もちろん使いやすいのは前提ですが...

過去にDIMAGEを使い、現在もR1を使う身としては、
その後継機として受け止められそうな感じがして好印象です。
ただやはりというか何というかαとNEXの使い分けが難しそう。

A2を結構ながく愛用しました。決定的につらいのがEVFで、真夏の海岸とかでは全く見えませんでした。どのくらい進化しているのか楽しみです。

ええっ?DiMAGE A2って保守的ですか?カッコはあまり良くないのは同意ですけど、むしろ、かなりの変種でしょう?
ファインダー可動、カメラグリップを握ったまま回せる事を考えた、ボディの右角配置のダイアルなど(通常一眼ではストロボの隣)普通の一眼レフとは異なるデザインやスタイルです。

たとえば、ノートパソコンに対する、タブレットPCのように、使用スタイルや用途が根底から異なる物にしてしまう変更(この場合、得る物もあるが失う物もある)なら別です。ただ、それならもうマウントやレンズからもっと変えないとダメでしょう。

そうでなく、通常の撮影スタイル内でのデザインの選択肢としてはDiMAGE A2は、使い勝手を考えた結果でしょうが、通常の一眼の常識からはみ出している変わり者かと。

やはり、EVFは内臓確定なんでしょうかね。
NEXではデザイン・小型化優先のために手ぶれ補正を切ったぐらいなのにEVFは外付けでいいような気がします
こういうEVF内臓含め一眼の保守的なデザインはミラーレス以外でやってほしいところ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2011年3月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが蛍石よりも優れた素材に関する特許を出願中」です。

次のブログ記事は「オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-F5.6はライバル(パナ45-200mm)とほぼ同程度の性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る