キヤノンが24-70mm F2.8の別バージョンの特許を出願中

エンジニアの嗜みで、キヤノンの24-70mm F2.8の特許(以前の24-70mmの特許とは別バージョン)が紹介されています。

・Canon 24-70mm F2.8の特許(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • キヤノンが24-70mm F2.8に関する特許を出願中。大三元を代表する大口径標準ズームもいよいよモデルチェンジされるのかもしれない。
  • 今回の特許には他の光学系の実施例もある。EF-S55-250mm F4-5.6 IS II は十分有り得そう。
  • 気になるのは性能は、無限遠側は並のズームレンズと言える。近距離性能はリアフォーカス・インナーフォーカスでは悪いレンズが多いが、キヤノンも例外ではない。(各収差はよくないが)いずれの場合も悪いのは周辺のみで中心は良い解像。
  • この光学設計で発売することはなく、まだ検討段階であると思われる。

 

24-70mm F2.8の特許は昨年にも出願されていましたが、また新しい特許が出願されているようです。光学性能的にはかなり欠点が多いようなので、どうやら、これがそのまま最終的な製品となるわけではなさそうですね。

EF24-70mm F2.8L後継機にはISが搭載されるという噂と、搭載されないという噂が流れていますが、この特許のレンズ構成図を見る限りではISユニットは入ってないようです。

EF24-70mm F2.8L後継機が現時点で検討段階だとすると、発売までにはまだかなり時間がかかるかもしれませんね。

2011年4月25日 | コメント(5)

コメント(5)

24-70 2.8の新型を心待ちにしてますが、ここまで時間をかけたなら、中途半端なモノを作らず、ニコンの24-70に近い性能のを作って欲しいです。

IS部分は構成を煮詰めきったトコで入れたいはずなので、周辺の堀を埋めてる特許ですね。

かなり設計検討してるようですね。
ニコンの24-70は世界最大口径の非球面レンズを
使用するなど、かなり高度な技術を使用していましたが
キヤノンの新型も同様な技術的ブレイクスルーを
模索してるのかもしれません。 しかしニコンの
ナノクリ24-70の発表から4年弱の遅れなので
そろそろ・・ですよね?

大口径標準域のズームに手ブレ補正入れるのは
物凄く難しいって何かで読みましたが
入れれたらニコンを突き放せるでしょうね

プロご用達レンズとして
手振れ補正機能が入ると耐久性や信頼性にかけるのでは

ISは別にして 何より一刻も早く発売してほしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年4月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスがチャイナP&Eでカバーに覆われた"重要な新製品"を展示中」です。

次のブログ記事は「ニコンD5100は買い物リストナンバーワンのカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る