ソニーNEX-3、NEX-5の新しいファームウェアのマニュアルがリーク?

Photo Rumorsに、NEX-3/5の新しいファームウェアのマニュアルがリークしているという情報が掲載されています。

New Sony NEX 3/5 firmware update

  • リークしたソニーのPDF文書にNEX-5/5/5Cの新しいファームウェアが記載されている。NEX-5Cの"C"という文字は中国市場向けのカメラを指していると考えており、NEX-C3と混同すべきではない。(新ファームの)詳細は次の通り。
  • ピクチャーエフェクト(トイカメラ、ポスタリゼーションcolor、ポスタリゼーションB/W、ポップカラー、レトロフォト、パーシャルカラー赤、パーシャルカラー緑、パーシャルカラー青、パーシャルカラー黄色、ハイキー、ハイコントラストモノクローム)。
  • ピーキングレベル(ピントが合っている範囲の色を特定の色で強調する)とピーキングカラー(ピーキング機能で使う色の選択)。

 

以前のNEX-3/5のファームウェアのアップデートは操作性の改善が中心でしたが、今度の新ファームは新機能の追加がメインになるようですね。

ピクチャーエフェクトは11種類とかなり本格的で、特殊効果が欲しいユーザーにとっては嬉しいアップデートになりそうです。それから、ピーキング機能が追加されているので、マニュアルフォーカスの使い勝手が向上しそうですね。

2011年4月28日 | コメント(13)

コメント(13)

これα77でも搭載されることを切望します。
特にMFでのピーキング。
他社に先行して大きな売りになると思います。
アートフィルターももはやソニーが最後発になってしまいましたからねえ。
当然nex7には搭載されるでしょうが、αとのストロボ互換も忘れないで欲しい。
というか互換無かったらnex7は終わりでしょう。

NEXの商品寿命を伸ばしそうですね。

α55にもお願い^^

ミニチュア風が無い!

合焦エリアの見える化機能はあればいいなーと思っておりました。どれくらい便利に実装されているか、大変楽しみです。また、今後登場する新型上級機への期待も高まります。

NEXばかりファームウェアが頻繁にアップデートされますが、それだけ開発陣はNEXのチームに投入されているということなのでしょうか?それとも旧ミノルタ製品との温度差みたいなものもあるんでしょうか。

C3に載る機能の提供でしょうかね。
それならソニーの今後の製品も期待できるかもしれません。
オリンパスにも見習って欲しいところです(新アートフィルターがファームアップで提供できない)。

CLM-v55使ってますが、
ピーキング機能、めちゃめちゃ便利です。

特に、私の様な他社レンズをマウントアダプター経由で使っている人間には。
ただ、デカいのが難点だったのですが...

もし本体で使えるなら言う事無しなんですが
じゃあ私の買ったCLM-v55は?\(^o^)/

ピーキングはいいねぇ うらやましい

ピーキング機能はCLM-V55を接続すれば使えます
http://www.sony.jp/ichigan/products/CLM-V55/
こちらの外部モニターを付ければピーキング機能を使用出来ます
CP+の時にα55に接続し説明を受けて来ました
こちらはカメラ用と言うより動画撮影用です
正確なピント確認と言うより、コントラストがハッキリしている部分を赤く縁取ると言う機能です
これはCLM-V55単体で持っている機能ですので再生の再にも使えます。
ただ、私のα900には使えませんでしたw

よし、早く来い。

新型のフラッシュにも対応してくれるFWであってほしい。

EVFが出ると信じて発売と同時にNEX-5を買ったのですが先物買いしすぎたかな。老眼が悪化の一途なので背面液晶でMFは結構辛いです。

C3発売時でも外付けEVF出ないみたいだし、NEX-7を買えってことなんでしょうか。

おぉ!デジタルフィルター時代の到来ですね。
ペンタックスみたいに全部カメラで編集・加工できるようにして欲しいです。多重露光機能も追加して欲しいです。ただ、バッテリーが・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2011年4月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デジタル一眼レフの動画は将来は大型センサーの動画専用機に移行する?」です。

次のブログ記事は「ソニーが海外の公式サイトでNEX-C3のページを準備中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る