ソニーがRGBW配列の撮像素子に関する特許を出願中

エンジニアの嗜みで、ソニーの高感度に強い新しい配列(RGBW)の撮像素子に関する特許が紹介されています。

・Sony RGBW配列で高感度を実現した撮像素子に関する特許(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • ソニーが高感度に優れるRGBW配列の撮像素子に関する特許を出願中。画像処理の計算式を最適化することで、高感度のみならず、偽色の少なさ、優れた解像が特徴。
  • RGBフィルタ(赤緑青)は特定波長のみ透過させる。Wフィルタ(白)は可視光を広く透過させる。Wフィルタを使えば高感度性能を向上出来る。
  • ソニーはイメージャーの構造を、RGBのベイヤ配列ではなく、Whiteを加えたRGBWのベイヤ配列にした。赤緑青といった原色フィルタよりも、白或いは透明の方が光を多く取り込めることは想像に難くない。光をより多く取り込むことで、高感度性能を更に向上させることが可能。

 

ソニーはセンサーに関する様々な興味深い特許を出願していますが、今回紹介されているRGBW配列の素子もなかなか面白そうな内容です。

この特許の技術や、以前に紹介されていた光導波路などの技術などが実用化されれば、ISO感度が飛躍的に向上するかもしれませんね。海外の記事でソニー関係者が発言していた「ISO感度は数十万に達する」という話も、それほど遠くないうちに実現するかもしれません。

2011年4月 7日 | コメント(1)

コメント(1)

事情により、ここは閉じさせていただきました。
ご了承願います。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年4月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがFinePix X200とX300を計画中?」です。

次のブログ記事は「ソニーが2012年に画素数の異なる2機種のフルサイズ機を計画中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る