ニコンAF-S 85mm F1.4Gは非常にハイレベルな性能

Photozoneに、ニコンAF-S NIKKOR 85mm F1.4Gのフルサイズ機(D3X)によるレビューが掲載されています。

Nikkor AF-S 85mm f/1.4 G (FX) - Review / Lab Test Report

  • 鏡筒は大部分が金属製でとてもしっかりとした造り。マウントはゴムでシールされているが、残念なことに、これ以外のシールはない。しかし、このようなレンズはほとんどが、恐らくよい天候の野外やスタジオで使われるので、完全な防塵防滴は要求されないだろう。
  • フォーカスリングは申し分ない重さがあり、スムーズに回転する。このフォーカスリングは嬉しいことに、逆方向に回すときでさえ遊びがない。ピント合わせはリアフォーカスなので、レンズの全長は変わらない。前玉は回転しないため、偏光フィルターの使用に問題はない。
  • AFは超音波モーターで無音に近い。AFスピードはポートレート用の単焦点としてはとても速いが、シグマの85mm F1.4ほどきびきびとしてはいない。しかし、通常の用途では十分な速さだ。
  • 歪曲はわずかな量のタル型(-0.479%)で、実写ではほとんど目立たない。周辺光量落ちは、開放では1.8EVで四隅の落ち込みが目立つ。絞ると周辺光量落ちは軽減されるが、F2ではまだ気になるレベル(1.08EV)だ。F2.8以上に絞ると、特に目立ちやすいシーンを除けば、周辺光量落ちの問題はなくなる。
  • 中央の解像力は開放から素晴らしい値(excellent)で、F4まで絞るとすこぶる高い値に達する。周辺部と四隅は開放からとても良い値(very good)で、F4以上では素晴らしい解像力(excellent)になる。これはこのような大口径レンズとしては、素晴らしい性能。1つ残念なことは、絞ったときに若干のフォーカスシフトがあることだ。
  • 倍率色収差は、F2の時に最大で0.9ピクセルとなる。これはとてもよく補整されている。軸上色収差(ボケの色ズレ)は大口径単焦点の常として、このレンズも非常に目立つが、もちろん絞れば改善する。
  • ボケは9枚の円形絞りのおかげで、絞ってもハイライトの形は円形に保たれている。しかし、周辺部は口径食の影響で絞り開放では猫の目状になる。ボケには色付き(軸上色収差)による若干の輪郭が見られる。背景のボケは、特にピント面に近い領域では少しうるさくなるが、絞れば若干改善する。
  • 85mm F1.4Gは非常にハイレベルな性能だ。中央はテストした全ての絞り値で素晴らしい解像力で、周辺部と四隅も開放から若干低いだけで、絞れば素晴らしい解像力になる。ポートレート用のレンズとしてはこのような特性は極めて希だ。周辺光量落ちとボケの色付きは目立つ。ボケ味はスムーズだ。鏡筒の造りはとても良好。結論としては、疑い無く大いに推薦!

 

光学性能の評価は5点満点で4点とハイレベルで、旧型の85mm F1.4Dが周辺部の解像力が振るわず5点満点で2点の評価だったことを考えると、新型は大幅に性能アップしていると言ってよさそうですね。

ボケは旧型同様ピント面に近い領域で若干ナーバスになる傾向があることが指摘されていますが、サンプルを見る限りではとても滑らかで特に問題はなさそうです。

2011年5月 9日 | コメント(4)

コメント(4)

Photozoneと言えばキヤノンの
レビューというほどでしたが、最近になってNikonのレビューが充実してきましたね。新しい85mmF1.4ですが、SIGMAとNikonを比較してNIKKORにしました。この手のレンズはポートレートと決め付けられてる感がありますが、自分は夕暮れ時の鉄撮りなどに使います。

AFですがSIGMAとNikonで差は感じませんでした。周辺光量ですがSIGMAは開放付近は優秀。けれど絞っても残り続けるんですね。一番の違いは周辺の解像度でした。人物では無いので、画面全体での解像度が重要です(浅い絞りで画面周辺に車両の先端が来る)D3では差が少なかったけれどD3Xに装着したら歴然でした。SIGMAの50mmF1.4も画素数20M超えだと振るわないですし、中心優先のSIGMAと画面全体重視のNIKKORで設計思想の差を感じます。

やっぱり、ニコンですね。
ことレンズに関しては、ニコンは本当に気合が入っている。
しかし、ボディはキャノンなのだよね。
そろそろ、キャノンのボディでニコンのレンズを使わざるを得ない、そういうユーザーの気持ちを考えて欲しい。

85mmはライバルのsoneの85mm f1.4 カールツアイスですね・・・・スゴイですよ・・コレに負けないでもらいたいですね。

アマDXユーザー意見として
 単焦点が良いのは勿論必要ですが、ズームの良いものを作ってもらいたい。
 24-120F4がもうちょっと評判良ければFXに移行できるのですが…。とは言え大三元の大きさにも購入へは踏み切れない…。
 個人的には難問なんです。24-70F2.8とかモデルチェンジで小さくなりませんかね?
 


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年5月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FinePix X100のセンサーはミラーレス機(レンズ交換式を含む)ではナンバーワンの性能」です。

次のブログ記事は「パナソニックから8月遅くにエキサイティングな新製品が発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る