キヤノンが新光学素子「屈折率分布レンズ」を採用したレンズの特許を出願中

エンジニアの嗜みで、キヤノンの屈折率分布レンズを採用した50mm F1.4、24mm F2.8、300mm F4の特許が紹介されています。

・Canon 50mm F1.4 に屈折率分布レンズを用いて高性能化する特許(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • キヤノンが50mm F1.4、24mm F2.8、300mm F4のフルサイズに対応する単焦点レンズの特許を出願中。材料の混合比率を工夫した新しい光学素子を採用することで、高性能化を実現したよう。
  • 異常分散性を有する屈折率分布レンズ(UV硬化樹脂や無機ガラス等に無機酸化物の微粒子を混合することで作成する)で収差を補整する。
  • (収差は)普段紹介している特許のレンズと比較してゼロの数が一桁違う。一皮むけたような、格段の高性能化が図られているよう。実製品ではコストダウンや、製造誤差がありので、過度の期待は禁物。 

 

屈折率分布レンズを使った製品は「ゼロの数が一桁違う」「一皮むけたような」などと言われてしまうと、過度の期待は禁物と言われても期待せずにはいられませんね。以前に紹介されていた電気光学素子や、今回の屈折率分布レンズなどが、キヤノンのレンズが躍進するきっかけになるかもしれません。

あと、今回の記事で注目なのが、ついに並単の特許が出てきたということですね。最近では新しいレンズはL レンズばかりだったので、今回の特許の話題はとても楽しみです。

2011年5月19日 | コメント(5)

コメント(5)

Lがすごいのは当たり前。そろそろ目の覚めるような並単出して、キヤノンの底力を見せてほしいな。

私も「ゼロの数が一桁違う」「一皮むけたような」と聞くと何かワクワクしてきました。

並単というよりは、明るさが普通なだけのL殺しレンズになりそうですね。
EF50mm/F1.4IIの価格が2倍くらいになるという噂の根拠はコレでしょうか・・・
だとすると、ジーコながら安価で使いやすく描写も良いEF24mm/F2.8IIも2倍ほどの値段となるのか不安ですが、明るさはともかくこの大きさでL殺しになるなら歓迎です。

そして値段もゼロの数が一桁違う風になるんですね。

>くわじいさん
ご指摘ありがとうございました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2011年5月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サムスンがオリンパスに1600万画素の4/3センサーを提供する?」です。

次のブログ記事は「ソニーα77は7月7日に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る