ツァイスが海外でDistagon T* 25mm F2を発表

ツァイスが海外で「Distagon T* 25mm F2」を正式に発表しました。

Carl Zeiss announces Distagon T* 2/25 for Canon and Nikon (dpreview)

  • ツァイスはZE(キヤノン用)とZF.2(ニコン用)の大口径広角レンズDistagon T* 25mm F2を発表した。このレンズはEFマウント用の最初の25mmレンズになる。価格は、付加価値税を除いて1217ユーロ前後になるだろう。

    ニコン用のZF.2には、絞り情報を伝達するCPUが内蔵され、自動露出モードとEXIFの記録が可能となっている。ツァイスは、現行のDistagon 25mm F2.8 ZF.2の販売は継続されると述べている。T* 25mm F2は10群11枚で、7群9枚構成のソニーZeiss 24mm F2よりもより複雑な設計となっている。

 

最近、噂が流れていたツァイスの25mm F2が正式に発表されました。純正からはあまりリリースされないF2クラスの広角単焦点を揃えてくれるのは嬉しいですね(ただ、純正のF1.4クラスに迫る重さなのが気になるところですが・・・)。

価格は税抜きで1217ユーロということなので、T* 35mm F1.4(1385.71ユーロ)が17万円前後で販売されていることから考えると、T* 25mm F2は国内では実売で15万円くらいでしょうか。

2011年10月28日 | コメント(6)

コメント(6)

一目見た感じだとマクロプラナー50mmのような外観ですね。
現行の25mm F2.8を残して、写りのF2、寄れるF2.8と区分するのでしょうか?

寄れない、重い、高い・・・
これなら、24L II のほうが断然イイなぁ。

今NIKKORと一緒にZFマウントの25mmF2.8, 35mmF2, 50mmF2, 100mmF2を使っていて他の3つの性能には大満足していますが、25mmF2.8だけは自分的には90点くらいの評価です(他の3つが100点だとしたら)。
欠点は、①他の3つよりゴーストが出る場面がある(多くはないですが)のと、②解放付近で遠景を撮ると画面周辺の画質が乱れることです。それでも自分が持っている他のFマウントのレンズたちと比べると画質は上ですし、あくまで他の3つと比べたら…ということでして、ここぞというときには必ず持っていきます。
今回の25mmF2で①②がすごく良くなっていたら追加でほしくなってしまいます。F2.8と比べて重さは100gくらいしか違わなくてそこは良いと思いましたがやはり価格が…しんどいですね。。。

旧25mm F2.8は個性的な写りでファンも多かったとは思いますが、フルサイズデジタルでは、ツァイスらしくない解像感で改善が待望されていましたね。
これでフルサイズ用ツァイス常用単焦点レンズがF2で25mm-28mm-35mmと揃って、フルサイズ高画質派はニコンもキヤノンも安心ですね。

ソニーのDistagon T*24mm F2 ZA SSM(キヤノンで言う24F1.4LⅡ)は最短撮影距離19センチを達成しているのに、何故このレンズは寄れないのでしょうか?

写りは良いと思いますが。

DistagonF2.8/25mmの発売は約5年ほど前だったと思うのですが、今回のF2.0/25mmやF1.4/35mmの製品をみていると、3000万画素オーバーに対するzeissの回答かと思っています。
zeissレンズで細い線が映っているのに、某社ズームレンズでは線が映っていない・・・フィルムでもありましたが、デジタルでも映らないレンズがでてきそう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2011年10月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Nikon 1の高感度性能はE-P3と比べて1EV程度勝っている」です。

次のブログ記事は「ソニーがNEXのレンズロードマップに1~2本のパンケーキレンズを追加?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る