キヤノンの新しい交換レンズ(EF200-400mm F4L IS 1.4x、EF24-70mm F2.8L II、EF35mm F1.4 II?)の発表は来年1月?

Canon Rumorsに、キヤノンの新しい交換レンズに関する噂が掲載されています。

Lens Announcement [CR1]

  • 1月のレンズの発表の可能性を示すいくつかの情報を受け取った。CES/PMAが2012年1月10日から開催されるので、この噂はもっともらしく思われる。

    これは過去のプロ用ボディでも見られた、レンズとボディをずらして発表する手法と一致しているようだ。1D Mark IVは10月に発表され、EF70-200mm F2.8 IS II は翌年の1月に登場した。登場が言及されているレンズはEF200-400mm F4L IS 1.4x、EF24-70mm F2.8L II 、EF35mm F1.4L II だ。

    その他のいくつかの情報によると、キヤノンは多くの現行のレンズを次の24ヶ月でアップデートするとのことだが、この情報は今のところ不確かな情報だ。交換レンズの予測は常に困難で、我々がキヤノンの生産量力に関する事情を把握しているかどうかについても確証がない。

 

あまり信憑性が高い情報ではないようですが、以前、1D Xの情報を提供してくださった読者の方もEF200-400mm F4L IS 1.4xとEF24-70mm F2.8L IIが発表されるとおっしゃっていたので、この2本が近日中に登場する可能性は高いのではないかと思います。

また、35 F1.4L II もかなり以前から噂が流れているレンズなので、そろそろ登場してもおかしくはなさそうです。

それから、多くの現行レンズを今後2年でアップデートするという噂は、ぜひとも実現して欲しいですね。L ズームやL単だけでなく並単(50mm F1.4や35mm F2など)のアップデートもお願いしたいところです。

2011年10月26日 | コメント(8)

コメント(8)

EF24-70mm F2.8L IIということはISはつかないと言うことでしょうか。
現行よりあまりにも大きく重くなるのなら無しでも良いと思っています。
ワイド側のわん曲と画質を上げてもらいたいと思っています。

EF24-105/4L ISのリニューアルはどうなりますかね~

IS機能はそのままでいいので光学系(SWC、フッ素コーティング)を改良してくれれば

35mmの2型いいですね。
APS-Hでちょうどいい画角になるので、標準レンズのように使ってます

あとは、200mmまでの単焦点Lで防塵・防滴になっていないものの更新を期待したいです
特に135/2は是非IS付きでお願いしたいです

管理人さんのおっしゃる通り、L単も早急にリニューアルしてもらいたいです。
特に50mm F1.4は他社が続々と新しいバージョンを出しているので、是非お願いします。

連投すみません。m(_ _)m
L単→非L単
でした。

 24-70の更新はありがたいですね。周辺部の解像では24-105に負けているので、超えて欲しいです。 200-400も楽しみですね~。
 L単に関しては35mmの更新も良いですが、85mm1.2Lは非Lの85mmと比べて、開放付近での色乗りが良くないのでF1.4になっても構わないので改善して欲しいです。

24-105F4IIの噂は出てこないですね。

5DIIIと共に新型が出ると非常に嬉しいのですが、、
動画対応の次世代レンズとして、出ないかな~(^^

EF200-400mm F4L IS 1.4xの価格が気になるところ。。。。
まぁ手が届くものではないんですけどね。
24-70は新型出たら現行が中古で大量放出されるなら、ちょっとうれしいかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2011年10月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムのレンズ交換式ミラーレス機は2012年2月に発売?」です。

次のブログ記事は「キヤノンがタイの洪水がデジタルカメラ製造に影響していることを公表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る