キヤノンが新フラッグシップモデルEOS-1D Xを正式発表

キヤノンがフルサイズセンサーの高速連写機「EOS-1D X」を正式に発表しました。

EOS-1D系2機種を統合。秒12コマ連写と常用感度ISO 51,200を実現した
35mmフルサイズ1,810万画素CMOS搭載ハイエンド一眼レフ「EOS-1D X」発表

(DigitalCamera.jp、※スペックは一部海外のプレスリリースより補完しています)

  • 従来2系列だった「EOS-1D」系を統一した新フラッグシップモデル
  • センサーは1810万画素、フルサイズCMOSセンサー
  • 連写は12コマ/秒(ミラーアップJPEG時は14コマ/秒)
  • DIGIC4の17倍の処理速度のDIGIC5+を2基搭載したデュアルDIGIC5+
  • 位相差AFは61点、F5.6対応クロス21点、F4対応クロス20点、F2.8対応デュアルクロス5点
  • ISO感度はISO100-51200(拡張でISO50、ISO102400、ISO204800)
  • ファインダーは視野率100%、倍率0.76倍
  • 2つの振動素子を採用した新ゴミ除去機能
  • 10万画素RGB測光センサーによる256分割測光
  • レンズの色収差と歪曲収差を撮影時に補正できるリアルタイム補正
  • 動画は1980x1080 30p/25p/24p、1280x720 60p/50p、640x480 30p/25p
  • 液晶モニタは3:2TFT、104万ドット
  • メディアはCFカードスロット×2
  • 発売日:2012年3月下旬

 

噂になっていたEOS-1Dの新型機がついに正式発表されました。スペックは、以前、読者の方からいただいた情報通り1810万画素のフルサイズで、EOS-1Dシリーズは噂通り1機種に統合されるようです。

スペック的には奇をてらった新機能こそありませんが、基本的なスペックを徹底的に磨き上げた高性能モデルという印象です。キヤノン初のレンズの色収差・歪曲収差補正が採用されたことにも注目したいところですね。

[追記] キヤノンの公式サイトでEOS-1D Xのページが公開されました。

EOS-1D X (製品紹介)

[追記2] 店頭予想価格は65万円となっています。

2011年10月18日 | コメント(76)

コメント(76)

私には、ISO6400もあれば十分ですが、夜や海外での持ち歩きがヤバイかも。

個人的にはこういうスペックが好みです!
D3s後継もこんな感じならいいのになぁ。

いいスペックですねぇ。
一機種に統合されたのは、別系統で動画に特化したモデルが出るのを
少しは期待してもいいのでしょうか。
でも値段と新しい5d系の発売時期によってはこっちも視野に入れたくなるなぁ。

同時にレンズの発表はないんですかね??

スペック的にD3s後継機とガチンコ勝負になりそうですね。
かなり手堅い内容に思えますが、ニコンはレンズ以外でこれとうまく差別化できるんでしょうか。

価格とISO51200の画質がどの程度なのかを、早く知りたいです。

おそらくニコンのD4もこの超高感度、超高速連写フラッグシップで来るでしょうから、それを見越した部分もあるのでしょうね。(どっちが先かわかりませんが)
フルサイズ高画素機は5D3、D800になるでしょう。
D3Xは結局セールス的には失敗でしょうから、あくまで「売れること」にこだわって機種のクラス分けをしたんだと思います。

やはりセミプロ以上の機種はどうしてもニコン、キヤノンに追いつくメーカーは出て来ませんね。
圧倒的です。
ソニーは恐らくその辺は勝負にならないと踏んで、廉価なフルサイズで勝負してくるでしょう。
「アマチュアにも上級機のスペック、画質を廉価で簡単に」
がソニーの生き残る道じゃないでしょうか。

予想通りでしたね。

とりあえず、予約入れておきます。

基本的には素晴らしいスペックと思うが、CFカード×2だけはヤダなー。

Canon Rumorsの予想価格は$6,800だそうですね。
$7,000という予想もどこかで見たのでその近辺なのでしょうか。
背面のマルチコントローラーの形状見直し&縦位置用を追加していたり、親指AFボタンが大きくなっていたり、きっと先代ユーザーの不満をくみ取ったんだろうなあという操作性の改良がうれしいです。

予定通り発表されましたね。
まさか名前にXが着くとは思いませんでした。
バランスは凄く良いカメラだとは感じます。
が、1DsⅢと1DⅣ統合されちゃうんですね。
1DⅣ(短命だったなー)からは進化があるけど、1DsⅢからだと(モニターやHDMIなどの短所は消えたが)、画素数も下がり残念だと思う方も多いと思いますね。
こんへんのアッサリとラインを変更しちゃうあたりは,キヤノンらしいといえばキヤノンらしいと思いました。
APS-Hはどうするのですかね?
やはり3D=APS-H機
5DⅢ=3000万画素超機
で対応するのでしょうかね。
1DsⅢの変わりになる高画素機なら凄いのが出てくる予感はします。
それはそれで出るのは楽しみではあります。

今後のNikonの新機種の予測にもなりますね。

うーん
D3sの路線の肯定にほかならない結末ですねえ…
キヤノンさんの作る物なんだから、別のアプローチによる製品が見たかったなあ…

すばらしいと思います。正常正当進化とはまさにこのことだと思います。特に画素数抑えたところが◎。フルサイズとはいえ2000万越え出すとちょっと微妙な気がします。kissDNからのウルトラ飛び級でこれが欲しくなりました。
GPSぐらい内蔵にしてほしかったな..

カメラのキタムラで583,200円で予約が始まりましたですね。

格が違うと思いますが、ニコンD800も画素数競争に走らずに基本性能を向上して欲しかったです。
ニコンでこの仕様だったら間違いなく予約していました。流石にレンズシステム含めて総入れ替えは厳しいです。

ペンタユーザーですが、素直に良いカメラと認める事ができるカメラですね。
他社ユーザーに「欲しい」と思わせる事ができるカメラは、良いカメラだと思います。

APS-Hクロップないんですね。ファインダー倍率変わらず、クロップしても1,000万画素確保できるのだから、欲しかったなぁ。。。

ついに出ましたね♪
すでに2店に予約入れました。(激安店)
値段が出たらどちらかを落とします。

61点AFも凄いですが51200のISO感度も凄いですね。
まだサンプルも小さい画像しかなくわかりませんが・・・
解像度的には賛否両論ですが私はありだと思います。
高解像度は5Dに任せます。

ところでレンズの発表はないのでしょうか?
24-70Lや100-400Lに期待しているのですが・・・

1D Mark Ⅳは今後高値で取引されるかもしれませんね(笑)


個人的には2400万画素ぐらいにしてAPS-Hクロップモードとかあると良かったのですが・・・。
でもまあ、ノイズ耐性とか考えるとこのぐらいがベストなんでしょうか。

あと、デザインがちょっと丸っこくなってしまって精悍さがなくなってしまったのが残念です

いい後継機だと思います。DIGIC5×2のノイズ処理が過ごそうです。画素数も充分です。

これでAPS-Hは終息だろうと思います。これが12コマ/秒な時点で、Hの役目も担える訳ですし。さらにH機種を出すのなら今回の統一する意味が無いように思えます。

今後必要な機種は、フルサイズの(5D2より)高画素機と廉価機だけ。そのどちらかが5D3を名乗れば分かりやすいラインナップになります。

クロップ無いのにファインダーに液晶を使ってるっぽい。。。

 DIGIC5+っていうのはDIGIC5の高クロック版みたいなものなのかな。ISOの数値は絶対的な指標にはならないから、早くD3sとの比較が見てみたいですね。

1D Mark ⅢやⅣは発表と同時に予約して手に入れてからそれぞれ半年後にはもう一台追加しましたが今度はお預けですね。
1D Mark Ⅳは並行で販売されるのでは?

凄まじいスペックですが、測距点がどうしても中央よりなのはフルサイズでは避けられない問題なんでしょうねぇ。

これを見ると、D3sが相当な脅威を与えていたのが推測されます。
フルサイズ秒12コマ、常用ISO51200、AF61点など。
常用ISO感度は単なる数値のごまかしではなくて、画素数を減らして来ているので、
相当気合の入れようです。
また、動画のテコ入れも気合入っていそうです。
堅実なプロ機という印象ですね。
しかし、発売3月下旬って…(^^ゞ
今でなくても(^^)
ニコンへの牽制は相当なものですね。

画素数抑えて常用ISO51200!
作例見るまで手放しでは喜べないけど方針としては大賛成!
じき来るであろう7D後継もこの路線で来ないかな…。

ライブビューでのAF速度が上がっているといいなー

デザインは変わり映えしないなあ。Xという響きはいいけど、D3Xで使われてるし。やっぱり画素数を上げるより、画素ピッチを広くした方がダイナミックレンジが広がり総合的な画質アップにつながるんだなあと感じる。何かD3sに似てきたなあ。D4もこんな感じかな。

管理人さん、こんばんは。

ついに出ましたね。  それにしても噂通りというところが
噂というか情報を流した人、管理人さん共にすごいなと思いました。

カメラ内でRAW現像出来るようになって良かったです。
他の機種にもぜひとも付けて頂きたいです。

来年になったら、カメラ屋さんで触りに行きます。

どのサイトにも X の読み仮名がふって無いのですが Xって何と読むのでしょうか?
・ふつうに"エックス"
・ローマ数字で10のこと? 1DⅣの次が10なの?
・それともバツ?

>Ilford FP4さん
>"好機到来"と読んで

横から失礼します。
私が新1Dの10月18日発表の情報を受け取ったのは先月なので
それは無いと思いますよ。

フラグシップ10代目というわけでXなのかな?

皆さんCanon褒め殺しですか?
D3後追いでこのスペック、この仕様ではD4に負けるでしょう、これではニコンからCanonに乗り替えるプロはほとんどでないのではないでしょうか?
APS-Hを支持してきた層も失うでしょう。
スタジオ系のプロは5Dが多いのであまり影響はないです。
D3の衝撃が大きすぎたのですね。

統一モデルと言われてもなー

1.3倍が必要な世界のひとには厳しい状態だよね
さらにDS系使ってた人だと画素ダウンだしなー
せめて1DSmk3と同じ画素までがんばってほしかったな

DSとDを使い分けしてた人からすると買うべきか悩みますね

ノイズは少なくいいカメラなのは間違えなさそうですが悩む1台だ

管理人さん
 御指摘ありがとうございます。
 ニコン、ソニーそしてオリンパスが苦境に立たされている この時期に、5ヶ月も先の発売のカメラ...仕組んだような発表だったもので 変に勘ぐってしまいました m(_ _)m

2000万画素程度で足りるアマチュアの自分にはほとんど全部入りの最上位機が手の届くところに降りてきた感じですね。

Xの意味はよくあるextremeでしょうかね。
1Dsと1DのクロスでXという意味もあるかもしれません。

実質1Dのフルサイズ化に見えますから、この下に1Dsと5Dの統合機的なスタジオ/風景向け高画素フルサイズ機(3D)と、アマチュア向けの低価格フルサイズ機(5D3)、APS-Hの代替になる高速連写のAPS-C機(7D2)が並ぶとか。

ついにきた!
これは買うしかない!
APS-H機は無くなるのでしょうね。キヤノンもセンサーの種類を増やしたく無いでしょうし。

ITmediaの記事(http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1110/18/news090.html)で
"「X」の文字は、超越するの意味を込めた「Extreme」の「X」と、画素数優先タイプ(1Ds MarkIII)と連写性能優先タイプ(1D MarkIV)を統合するクロスオーバー機としての「X」(クロス)の意味を持つ。"
という文言があるので、素直に"エックス"と呼ぶんでしょうね。
この文言のオリジナルが見つけられないので、どこで聞いた話だっつーのは否定できませんが(^^;

自分にとっては本機は高嶺の花すぎるので、7D後継機を楽しみにしています。

ついにでましたね。5D2で始まった一眼動画をどこまでブラッシュアップ出来ているのか。90Mbps ”ALL-I" の詳細がとても気になります。

1.DIGIC4のような飛び越し走査記録ではなくきっちり全画素を使ったビニング記録をやっているか?
2.今度こそはハイ4:4:4プロファイルクラスか?せめてハイ4:2:2プロファイル
3.非圧縮アウトプットの有無
4.タイムコード、その他画角や感度等の撮影データのリアルタイム記録の有無
5.電子シャッタースピードをフレームレートと同一もしくは以下に設定可能か?
6.ローリングシャッター耐性の向上度

動画周りの最近の傾向から見る続報注意ポイントの順位としてはこんなもんかと。
1〜6 全てがOKだった時点でREDは確実に吹っ飛びます。

 「名前の由来は?『1D系と1Ds系のクロスオーバー、最上位を意味するエクストリーム、そしてF-1から数えて10世代目という三つの理由』」との事です。
 「1D系と1Dsを今なぜ一本化との問いに『本来は一台で高画質と高速連写を実現したかったが今ようやく技術的にクリアでき、一本化できた』」との事です。この情報の出所はアサヒカメラ11月号との事です。

私が欲しいなぁ〜と思っていた"EOS-1"のど真ん中です!
1D Mark III の不満のすべてが払拭されています。
実売も58万スタートでなんとか手に届く範囲内でホッとしています。

椿や桜は難しいかもしれませんが、
薔薇はぜひこのカメラで撮りたいものです。

いやぁ、嬉しい!!!

やっと理想的なフラッグシップが出てきました。
何年も前からこのようなスペックを望んでいました。
ニコンのD3が出たときも同様でしたがニコンの色作りとAWBの制度の悪さがが好きになれませんでした。
しかし、価格に手が届きません。

Kenzさん
 ありがとうございます。
 Xの読み方納得しました。
 パナの新レンズと言い"X"が流行ってますね(^ ^;;
 Xの次のモデルのモデル名は どうするんだろう? 迷走しないで欲しいな
 

すばらしいですね。
どのスペックもバランスよくかつ最高に引き上げられてると思います。
あとは実写がでてくるのが待ち遠しいです。公式サイトの写真は小さくてわからないですが、D3sは超えてくれているだろうと思います。

画素数に関しては賛否あるようですが、画素数倍にしても解像力はその平方根ですから正直これくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

収差の補正機能だとか、そういう細かいところもきっちり装備してきたのも好印象ですね。

多くの方がおっしゃるように、方向性はD3sに近いですが、全体として一回り上回っている感じですね。
あとはやっぱり仕様ではわからない画質云々の話によって評価されていくのでしょう。

総合的にユーザーの要望をキヤノンさんがきっちり受け取って反映させた結果のように思えます。7D後継もこういう路線で行ってほしいなと思うと同時に、期待も膨らみますね。

このような進化を待ち望んでいたユーザーは多いと思いますね。
価格もさることながら重量も。
今後何年先までこのような重量機が支持されていくのか分かりませんが、個人的には大きな潮の流れを感じる昨今です。

これって買い替え需要とお仕事的に使わざるをえない層以外にどれ程の請求力があるんでしょうね?
DIGIC5の処理能力は素晴らしいとは思いますが・・・・

とんがった1Dsとは異なりフルサイズ1D的なよくまとまったフラグシップになりましたね。

1Dユーザーは1D Xと7D後継機に移行させていくと。7DをAPS-Cながら1桁機にした時点で既に1Dsと1Dの統合を見越していたのかもしれないですね。

1Dsの代替は次期5D系を高画素にしてまかなうのでしょうか。
現状でも5D Mark IIが1Dsの需要をかなり食っている感があるのであまり問題なさそうですが、プロ機としてはメカ的に少々頼りない部分もあるので高画素機は別に用意してくるかもしれません。
5D Mark IIは今や15万円台ですから後継機は廉価版フルサイズとして10万円強の価格帯に投入して、高画素機を1D Xと5Dの間に追加というのもあり得ますね。

動画も出てきてますね。連射はさすがにものすごいです。
http://www.youtube.com/results?search_query=Canon+EOS+1D+X&aq=f

みなさん本体の方に気が行っていらっしゃるようですが、同時発表の新バージョンDPPは偉い事になってますよ。

1. レンズの残存収差だけでなく、OLPFや回折ボケによる画像の劣化まで補正
2. HDRi生成機能
3. 画像合成機能

カメラに付属の無料ソフトでここまでやるかという内容になっています。
まさか1DX専用、それ以外の機種向けには使えないor有料で販売、なんてオチは無いでしょうね?

発表された内容を見ると、10月5日付けの読者様からの情報というのが悉く当たっていたのがわかりますが、すると、この情報の最後の方に書かれている
•24-70mmの新型レンズ(価格は20万円程度)の他、1.4倍のテレコンバーターを内蔵した200-400mmズーム(価格は100万円程度)も発表。
•1Ds後継は5Dの新型を2500万画素程度として、こちらにその役割を担わせるよう。発売は1Dの約1カ月遅れらしい。
という記載も期待してよいのでしょうか…?
1カ月後がまた気になります。

これで1.6倍シリーズとの二本立てになるということでしょうか。今後の展開を想像すれば中途半端に見える1.3倍機APS-Hの中古相場は急落でしょうか…。

正直、予想外に良いですね。手堅く且つ道具としての部分で進化させたのは、やっと、ユーザーの言う事を聞く気になったのか?と、感じさせますが…ただ、穴が増えたことによる、強度と防塵性の低下は気になるところですね。(そんなシビアな環境で使いたくないですが(--;;))特に、ボトム部にSP穴があるのは、良い感じはしませんね。全体的に、ブラッシュアップできる要素は残してある感じですねぇ(^^;

でも、久しぶりに欲しいと思えるカメラですね。

ただ、発売は約半年後ですしねぇ…今良くても、半年後には、目が肥えてきて、少し見劣りするかもしれませんねぇ(^^;

しかし、ここまで堅実だと、過去言われてきたように、上位(上位というよりも、実験的要素が強い?)のド級なものがありそうな感じはしますね。

ニコンユーザーですが、旗艦機としては正常進化と思います。

鳥撮りだけの観点でだけの意見を書き込みますと

1.感度が向上しより速いシャッターで飛び物を追える
  ようになった
2.AFが向上しF4、F5.6のレンズでもクロス
  測距ができるようになった
3.連写が向上し、より一瞬を切り取れるようになった

と、ここまでは良い事ずくめですが

4.センサーがフルサイズになってしまった

これは鳥を撮るには痛いですね
鳥を撮る上ではフルサイズは特にメリットはないですし
いままで1.3倍されていた部分はx1.4のテレコンを
つけないとならなくなりますから
最新のテレコンはより素晴らしくなったのですが
やはり、できればテレコンはつけないほうがいいですしね
さて、1DMarkIVまでの鳥を撮ってたユーザーはどうす
るのでしょうかね?
1D-Xに買い換えてテレコンで妥協するのか、7Dの後継
機を待って乗り換えるのか、何かAPS-Hボディが出るまで
粘りつづけるのか
良くも悪くもこの10代目は転換のときなのですね

これで、5Dが高画素と1800万画素の2系統に成るんでしょうか? それとAPS-H機の代わりに7Dの格上げ?それとも新機種(3D)が、出るんでしょうか? 面白く成って来ましたね。

流石に新フラッグシップなだけのスペックですね。アマチュアの自分にとっては高嶺の花ですが…

5DMarkII後継機で高画素化されるとしたら、DIGIC5の効果とセンサの製造技術で相殺して、高感度性能は据え置き~やや向上くらいですかね。

個人的には7Dの後継機に期待したいです。
現状の基本的機能を備えた上で、画素数押さえ気味、常用ISO12800くらいになればいいなー

ニコンのD4も1800万画素程度で出てくる様子です。
プロの要求は1800万画素程度で十分ということなんでしょうかね。

色気や欲に流されず、何が本当に必要で何が過剰かを事細かに精査したような模範的な仕様に見える。

扱いやすそうなスペックですね。
この値段ではちょっと手が届かないので連射8コマ、AFポイント30くらいの廉価版が出てくることを期待して待ってます。

あ~でも、端子類のキャップは分けてほしかったですねェ…

おお、いいっすねえ、ど真ん中ストレート。さすが王者というスペックです。ソニーユーザーですが、こう堂々としたカメラをキャノンが出してくれると、なんか嬉しいです。

αは…まあ高速スライダーとカミソリシュートで、時たま甘くなって一発喰らいつつも何とかやってくしかありませんね…(笑)。

コメントの多さが反響の大きさを物語ってますね。バリアングルにしてほしかったが、耐久性の問題か。

ライカM9とほとんど同じ画素数なんだ。目利きはまだまだライカに及ばないんですかね。

広告業界の高画素はleafとかphaseに移行しつつあるんで1800万画素あれば十分ですね。これは買いです。

来年3月発売だというのにこんなに早く発表したのは自信の表れでしょうか。画素、連写、高感度のどれかひとつでもニコンが上回るのか注目です

中央部のF8センサーが無くなって、鳥屋さん達には厳しい仕様ではないでしょうか?
個人的には、1D4+2.0Xテレコンで望遠撮りをしていた人と2110万画素でフルサイズの高画素数とボケを活かして撮っていた人の両方を切ってしまったような気がして多少心配ですね。
まあ、これくらいの画素数だと高感度は期待できそうなので楽しみですが。

ラチチュードがどれぐらい広いのか気になりますっ。
1D系を統合したからには、画質には自信あるのでしょうね〜。

従来1D系のモデルチェンジに際して「前機種のブラッシュアップ主体」とやや保守的なアプローチをして来たキヤノンが、新型機の開発にあたっては、センサーサイズ変更はもちろんの事、AE/AFシステムの全面刷新やDIGIC5+をいきなり1Dでデビューさせた事など、「キヤノンが本気でフルモデルチェンジして来た」という印象を強く受けます(やっと…)。
早く触ってみたいものです(けど、貧乏サラリーマンには買えないので、本機のエッセンスを程よく詰め込んだハイアマ機の発売を希望します…)。

さて、ボディは発表されました!

望遠系のレンズは、「EF70-200mm F2.8L IS II USM」、「EF300mm F2.8L IS II USM」、「EF400mm F2.8L IS II USM」、「EF500mm F4L IS II USM」、「EF600mm F4L IS II USM」など、プロの要求を満たすレンズがぞくぞくと発表、発売されています!

でも、標準系は???
「EF24-70mm F2.8L USM」の後継レンズは、「EOS-1D X」と同時発表しなかったですね…。
どうなっているのでしょうか?

4K2Kどころか1080/60pさえ搭載していないのは意外でしたが、スチルがメインのプロ機としてはこれでいいのでしょう。
映画関係者は24pがあればいいし。
動画を重視するスチルカメラは5D3を待ってね。
動画メインなら11月3日をお楽しみに。
そういうことかと。

 このスペックではどう見ても1Dsが担っていた部分を内包しているようには思えないのですが、事実として5D2の完成度の高さが1Dsの存在をスポイルしてしまった感がありますので、1D系の統合っていうのはあくまでもキヤノンのメンツの上での建前で、本音としては1Dsユーザーは5D3を買ってくださいね、という事なのでしょう。

ウォルサムさんの書かれていたDPPの新バージョンの中身って本当ですか?!キャノンさんのサイトをいろいろ探してもそのDPPの情報にたどり着けなかったのですが、もしそうだとしたら、本当に偉いことだと思います。特に「OLPFや回折ボケによる画像の劣化まで補正」ができてしまうとしたらすごいことだと思います。もしも、DPPのスペックアップとの合わせ技で、1800万画素でもいままでの2400万画素と同等だったりそれ以上に精緻な絵になるとしたらけっこう惹かれます。…でもやっぱりもっと画素数が多くなった5DMarkⅢのほうが良いかな…(NIKONユーザーなのでどっち道すぐ乗り換えることはできないのですが・・・)

今のニコンのように5D系を2つに分けて欲しいですね。
5DSと5DXで18Mと36Mか。
D3Xは売れなかったようですが、高画素が欲しいなら5DX以外の選択肢が無いようにしておけば売れるでしょう。

 画素数比較論はどうなんでしょうね。1DMK4と7Dで主にスポーツシーンを撮っています。広告カメラマンでもスタジオカメラマンでも無いので、実際7D の1800万画素もあれば通常の仕事は間に合います。私はDIGICⅢの色作りがしっくりこなかったので、MK2NからMK4に飛びましたが、MK3が1010万画素でも仕事に使えたのは、画質が画素数だけでは語れない部分で優れていたからでしょう。実際、MK4と7DのLサイズで同じものを撮って比較すると、1610万と画素数の少ないはずのMK4のファイルサイズの方が情報量が多いせいか、1800万画素の7Dのファイルより1500kb程重いんです。
 1DXはフルサイズ・センサーでで1810万画素、これでもスタジオで十分使用出来るとは思いますが、12fpsにしてきたところなど、ロンドンオリンピックを控えたスポーツシーン需要を意識したのは間違いありません。画質の向上も当然期待されている中、 MK4の所謂aps-Hサイズと同等のトリミングをしても画質的には同じか余りあると想像出来る訳で、フルサイズになったからスポーツ系、或いは飛行機屋さん・鳥屋さん系に弱くなったとは一概に言えないと思います。
 先日、到着したばかりの新製品ニュースをキタムラで貰って来たついでに確認したら、同店の買価は大体前出の通りでしたが、MK4の下取り価格は約28万だそうです。1DXはデザイン的にもMK3、4のチープなものから先祖帰りしてMK2Nに多少なりとも近くなったことは、個人的には嬉しい部分なのですが、MK4も良いカメラなのでもう暫く使ってあげたいと思っています。

アメリカにおける1DXの動きに変化があったようです。

ADORAMAやB&HでPreOderが始まっていたのが、いつのまにやら製品の表示さえ消えています。

3月の発売が4月になるという噂は聞いておりますが、製品の表示さえ消えてしまったのが気がかりです。

販売店から表示が消えた件ですが、以下の理由によるようです

The EOS-1D X has not been authorized as required by the rules of the Federal Communications Commission. These devices are not and may not be offered for sale or lease, or sold or leased, until authorization is obtained.


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2011年10月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがα77・α65用のバージョン2.0のファームウェアを準備中?」です。

次のブログ記事は「今月のニコンの新製品発表はタイの洪水の影響で延期される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る