キヤノンがEF500mm F4L IS II、EF600mm F4L IS II、EF200-400mm F4L 1.4xの発売延期をアナウンス

キヤノンが3本の交換レンズの発売延期をアナウンスしました。

EOSシリーズ用交換レンズ発売時期変更のご案内

  • EF500mm F4L IS II USM  2011年年内(これまでの予定)→ 発売時期未定
  • EF600mm F4L IS II USM  2011年年内(これまでの予定)→ 発売時期未定
  • EF200-400mm F4L IS USM Extender l.4xに関しても、2011年2月7日の開発発表では2011年内の発売を予定しているとお伝え致しましたが、こちらも年内発売を延期することとなりました。

 

500mmと600mmは、以前、2011年5月(600mmは2011年6月)発売予定だったものが、2011年内に延期されていましたが、再度延期され、今後は発売時期未定になってしまいました。

キヤノンはレンズの製造問題と震災の影響で多くのレンズの発売が遅れていたようですが、これらの問題がまだ尾を引いているんでしょうかね(もしくは、タイの洪水の影響でしょうか・・・)。

2011年11月15日 | コメント(2)

コメント(2)

まだまだ生産面での混乱が続きますね。
各社、安定して魅力ある製品をたくさん出してほしいものです。

私には、手の出せない価格帯のレンズたちの話ですが…。

最近のキヤノンの発売スケジュールは、高性能化したセンサーの性能を生かしきるための新型レンズ発売が遅れ、カメラボディのみが進化し続ける。

「EOS-1D X」、「EOS5D Mark III」…。
これらのカメラが発売されて、その性能を本当に出し切れるレンズって、現行レンズのうち何本あるのでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2011年11月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがタイ国内の別工場でデジタル一眼の代替生産を開始」です。

次のブログ記事は「ペンタックス01 STANDARD PRIME 8.5mm F1.9はセンサーの能力を最大限に発揮するレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る