ニコンD4とD800は1月と2月に、D400は少し時間が経ってから登場?

byThom(写真家のThom Hogan氏のサイト)に、ニコンの新製品発表に関する予想が掲載されています。

Predictions Dec 19 (※個別記事にリンクできないのでトップページにリンクしています)

  • D4とD800は近日中に発表される。しかし、私は1機種は1月に、もう1機種は2月に別々に発表されると考えている。そして、程無く発売されるだろう。
  • レンズは一度に発表されるのではなく、少しずつ継続して発表されるだろう。日本のレンズ製造企業で働いている人によると、(タイの洪水の影響で)業界全体がまだフル操業のための復旧作業中だということだ。
  • D400はタイの洪水以来、まったく話を聞かない。3月終わりまでニコンがフル操業できないことを考えると、短期的に2台(D4、D800)よりも多いカメラの発表はありそうもない。D400(または、それに類するもの)は、少し時間が経ってから登場するだろう。D7000(1200ドル)とD800(4000ドル)の価格のギャップは非常に大きく、ニコンにはこのギャップを埋める2000-2500ドルのレンジのカメラが必要だ。

 

読者の方のコメントでも「D800は2月になるかも」という情報がありましたが、ThomHogan氏もD4とD800の発表が1月と2月に分かれると言っているので、(D4の1月発表は固そうなので)D800の発表は2月になるのかもしれませんね。

D400に関しては、以前、信頼できる方から「D300S後継機の話は無い」という情報を提供していただいていますが、これはこの記事のThomHogan氏の話と一致しているので、やはりD400の近日中の登場は期待薄かもしれませんね。

2011年12月20日 | コメント(11)

コメント(11)

きっと生産能力に対して注文が多過ぎて、
何カ月も待たされるんでしょうね。
初期ロットはリスク高いから避けたいけれども、
いい被写体が多くなる春以降には
自在に使いこなせるようになっていたいし、
買うタイミングが難しいなぁ。

D800が4000ドルというのはどうなんでしょうね。
本当ならば価格的にもD700の後継機ではないような。
D300sの後継にD400を置いたとしても2000~2500ドルでは高過ぎますし、せいぜい1500~1800ドルくらいになるでしょう。
そうなると画素数を抑えた2500ドルくらいのフルサイズみたいな隠し玉がないとAPS-Cとフルサイズの間が開き過ぎではないでしょうか。
D400がフルサイズだというのならば納得できなくもないですけどね。

D800が4000米ドルというのは、売り出し価格としては妥当ですね。
デジタル一眼レフは、高価格帯と低価格帯で二極化。
FXは高価格帯で、可処分所得の高いユーザーをターゲットにしているのです。メーカーはボディだけを売っても儲けは少なく、交換レンズが売れてこそ利益が出るので、ナノクリ・クラスの交換レンズを購入してくれる層にFXボディを売りたいのでしょう。それによって、ブランド力も向上します。
FXの廉価版は、しばらくは期待しない方が良いのではないでしょうか。

D800が4000ドルってD3Sの後継機ですか?
D700が生産終了間際に16万円台だったのに、D800が4000ドルじゃ、このクラスのシェアを失ないますよ。
ご祝儀価格で3000ドルがいいところでは。

(発表後)「程無く発売される」ってのは嬉しい事ですね。発表だけして発売は遥か先、なんて正直ひきますので。

>morimoriさん
矛盾してないですか? Bodyで儲けたいなら高額なBodyを、Lensで儲けたいなら安価なBodyで、ってことになりませんかね?
コンデジは価格競争で儲けがでないらしいし、一眼でもエントリークラスは価格競争が激しい上にLens Kit買って終わりなユーザー層がメイン。となると、D7000クラス以上のBodyじゃないとLensが売れない。でも、高すぎるとBodyが売れない。
ということで、D7000+α程度の価格でFX機を出すことは十分にあり得る、と言うか戦略的に正しいと思います。
D400が廉価版FXで、D300後継はD9000なんてのが理想ですけど。

2400万画素と言われる小さい方のソニーのフルサイズCMOSを積んだモデルが追加されるように思います。APS-Cの最上級はニーズとして少ないように思います。

D400はD7000のCCDを積んで、300sの本体を引き継ぐぐらいがベストですかね・・・←出ればの話w

D800、出だしの売値が$4000は、D700の売り出し価格とほぼ同じですので、こんなもんだろうと思います。
それが4年も経てば$2500になってると。
元記事も言ってるように、D7000との間が開きすぎているので、これを埋めるべく、DXの最上位機種か、FXの廉価版を、スタート$2500前後でという戦略はあるかもしれません。
どっちにせよ、タイの復旧が終わって本格的に生産体制が整えば、この2機種以外にも出てくる可能性は大いにありだと思います。
楽しみだなぁ。買えるかどうかは別にして(笑)

>矛盾してないですか? Bodyで儲けたいなら高額なBodyを、Lensで儲けたいなら安価なBodyで、ってことになりませんかね?

D3購買層が一番レンズを買っていると思いますよ。

D800めちゃくちゃ期待しています。
D300s・D7000とAPSC機の横のスペースを空けて待ってます。
Nikonさん、発表だけでもフルサイズ2機種同時に1月で!
待ちくたびれてますよ。

動きの速い動物を撮影していたら、隣ですごい早い連射をしている男がいた。見るとソニーアルファ77だった、僕はD300をロスレス圧縮にして対抗した。
D400はアルファー77を16百万画素くらいにしたもので
FXフォーマット対応が望ましい。それにニコンが最近特許出願した55-300mm F2.8-4のレンズを付けたらどんなに楽しいだろう。
カメラ本体とレンズ合計で40万円以下で買えると言いと思う。
考えただけで楽しくなる。早く出してよニコンさん。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2011年12月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD4の発表は2012年1月6日?」です。

次のブログ記事は「ソニーNEX-7とライカM9の画質の比較テストが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る