パナソニックLUMIX G X 45-175mm F4-5.6はとても良い汎用望遠ズーム

ePHOTOzineに、パナソニックLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm F4-5.6 O.I.S.のレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix G Vario PZ 45-175mm f/4-5.6 M43 Lens Review

  • 鏡筒はハイクオリティなプラスチックで重さはわずか210グラムで、これは望遠ズームとしては非常に軽い。長さは90mmしかなく焦点距離の割りに信じられないほど短い。テスト機のG3に装着したときのバランスは完璧だが、もっとコンパクトボディのほうが更に合うかもしれない。
  • インナーフォカースとインナーズームを採用しているので、前玉は回転せず、偏光フィルターの使用には理想的。AFスピードはかなり速い。フォーカスリングには適度な重さがあり、ピントの微調整も容易に行うことができる。
  • ズーミングは、ユーザーの好みでズームリングまたはスイッチを使うことができる。スイッチによるスムーズなズーミングは動画で特に役に立つ。ズームリングは焦点距離の両端で機械的に止まらないので、操作には少々慣れが必要だ。
  • 手ブレ補正は、少し気を付ければ望遠端で1/40秒のシャッター速度でも半分以上シャープな画像を得ることができた。これは、おおまかに言ってシャッター3段分の効果。
  • 解像力は45mmでは中央は開放から既に素晴らしい値(excellent)で、四隅は良い値(good)だ。F5.6に絞ると全体的に多少解像力が上がるが、ベストはF8で、このとき画面全域が素晴らしい値(exceelent)になる。
  • ズーム中間域(112mm)では、中央は開放から素晴らしい値(excellent)を維持しているが、四隅はまずまず良いレベルまで落ち込む。ここでも解像力のピークはF8で、このとき画面全域で、素晴らしい値(exceelent)に近いレベルになる。
  • 望遠端では、中央部は開放から素晴らしい解像力を維持しており、四隅もとても良い(very good)のレベルに上昇する。
  • 色収差は、最も悪い175mm F22でちょうど0.5ピクセルで、その他のズーム域ではほとんど見られず、ズーム全域で際立って良く補正されている。大きなプリントでもほとんど問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは45mmでは1.53EV、175mmではわずか0.95EVで、まずまずよく補正されている。F8に絞るとズーム全域で実質的に均一になる。
  • 歪曲は45mmで0.139%のタル型、175mmでは0.506%の糸巻き型でとても良好に補正されている。通常の写真で問題になることはないはずだ。
  • このレンズにはナノサーフェスコーティングが採用されており、逆光では(テスト時に)フレアを出すことはとても困難で、コントラストも極めてよく維持されている。
  • このレンズは若干価格が高いが、造りも設計も優れたとてもよい汎用望遠ズームだ。中央の解像力はズーム全域で開放から素晴らしいが、四隅は遅れを取っている。パワーズームに慣れるのに少し時間がかかるかもしれないが、すぐに問題はなくなるだろう。
  • 良い点: 鏡筒の造り、インナーフォーカスとインナーズーム、効果的な手フレ補正、コーティング、良好な光学性能。
  • 悪い点: 斬新なズーム機構は慣れが必要、カメラの電源を切るたびにズームがワイド端にセットされること。

 

全体的な解像力はズバ抜けて高いわけではありませんが、ズーム全域で安定していて望遠端でもほとんど解像力が落ちない(むしろ中間域よりも上がる)のは素晴らしいですね。また、これまでのパナソニックのレンズは、逆光耐性が問題視されることが多かったようですが、新しいナノサーフェスコーティングによって、逆光耐性はかなり改善しているようです。

2011年12月13日 | コメント(3)

コメント(3)

このレンズの魅力は(パワーズームはもちろんですが)望遠側にしても鏡筒が伸びないことと軽量なことだと思います。小さいm4/3ボディにはあまり全長の長いレンズはバランスが良くないので。長くて重いとGX1程度のグリップではホールドしきれません。
パナソニックのレンズはどれも素晴らしいですね。ボディーやレンズに文字入れすぎるのだけはやめて欲しいですが。

このレンズ買いました。
GFやPEN向けの望遠ズームとしては、大きさ・重量のバランスは良いです。

また、Xレンズというだけの写りの良さがあります。G3やGH2で使っても、バランスよいでしょう。

スイッチでのズーム操作には多少の慣れが必要です。コンデジ上がりの人には、こちらのほうが操作しやすいかも。ズームリングでの操作も可能なので、誰にでも使いやすいかと。

ファームアップ対象機およびそれ以降のモデルでは、ステップズームも使えるので、買って損はないでしょう。今後も、このようなレンズを1本/1Qぐらいのペースで出してほしいです。

あと、20mm/1.7、45mm/2.8macro、7-14mm/4.0の改版も
そろそろ考えてほしいです。

THさんのおっしゃる通りこのレンズの最大の魅力はインナーズーム方式で鏡筒が伸びないことですね。
オリンパスの望遠レンズは14-150、40-150の2本とも小さいのですが望遠側で鏡筒が異常に伸びるためレンジファインダー型のカメラには全く似合わず街中で使用する気になりません。

http://a.img-dpreview.com/lensreviews/olympus_m_14-150_4-5p6_o20/Images/hood.jpg

http://pds.exblog.jp/pds/1/201102/20/25/f0158025_163613.jpg

パナソニックの14-140と45-200は伸ばす前から大きいですし、望遠側でそれなりに伸びますのでやはり不格好になります。結局この45-175がレンジファインダー型のボディーに似合う唯一の望遠レンズということになります。

個人的にはこのレンズはもっと注目されてもいいんじゃないかなと思っています。



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年12月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスのm4/3用の新しい標準ズームは12-50mm F3.5-6.3 macro?」です。

次のブログ記事は「オリンパス12-50mm F3.5-6.3のスペックと価格に関する情報が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る