オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZは際立ってシャープなレンズ

Simply ROBINに、オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZのマクロ撮影のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko 12-50mm F3.5-6.3 Review: Macro Shooting at Butterfly Park, KL

  • サンプルの撮影は、E-P3と外付けフラッシュを使って行った。絞りはF8-F13で、シャッタースピードは1/100~1/125秒、ISOは200-400だ。全てRAWで撮影し、Olympus Viewer2で現像している。ノイズリダクションを完全にOFFに設定しているので、画像は通常よりもノイズが目立つかもしれない。
  • このレンズは、E-P3との組み合わせでは極めてバランスがよい。もう少し小さければと皆が思っているのは知っているが、このレンズのサイズと重さは適切であることがわかった。このレンズはよく手に馴染み、これまでのキットレンズと比べてずっと安心感がある。
  • マクロボタンを押しながらズームリングをスライドするとマクロモードになる。この操作はとても簡単だ。マクロモードにすると、レンズの焦点距離は43mmで固定され、ズームは無効になる。ワーキングディスタンスは十分にある。
  • これまでのキットレンズ( I 型でも II 型でも)では、マクロ撮影でAFをロックするのに苦労したが、12-50mmでは改善されており、マクロモードでもAFが完璧に機能する。また、AF速度は20%ほど速くなっている。AFは正確で、MFによる調整は必要なかった。AFは特にマクロ域では顕著に改善されている。
  • 標準ズームとしては、このレンズのシャープネスはとても際立ったものだ。純粋なマクロレンズではないが、得られるディテールはちょっとした接写には十分で、画質はとてもしっかりしているように見える。ピクセル等倍では解像力はなかなかのもの。私はこのレンズの光学性能には、概ねとても満足だ。
  • このレンズは45mm F1.8よりもシャープだろうか? 並べて比較することはできなかったが、私の記憶では45mm F1.8の方が12-50mmよりも若干シャープで、そしていくらかパンチがある画質だった。しかし、45mmはマクロ機能が無く、この2つのレンズは用途がかなり異なっている。

 

サンプルはほとんどが縮小画像ですが、等倍切り出しの画像("100% Crop"というキャプションが付いている画像です)もあるので、解像力はそちらを参考にしてみて下さい。

12-50mmはこれまでのキットレンズに比べるとかなり大きくなっていますが、AFを含めて使い勝手はとても良好なようです。

画質はサンプルを見るかぎりでは、色乗りがよくズームレンズにしてはボケ味もかなりよさそうですね。解像力はこのサンプルだけでは分かりにくいですが、ズームのマクロ機能としては優秀なのではないかと思います。あとは、遠景の描写を見てみたいところですね。

2011年12月30日 | コメント(6)

コメント(6)

でかい、暗い、絞り羽根5枚ってことで
微妙な玉になると感じたんですが、
なかなかどうして、おもしろそうな玉ですね。
しかしズームボタンはどこに・・・?
キットレンズの替えにちょっと欲しいかもです。

この暗さなので全域でマクロorハーフマクロ位可能かと思ってた・・・43mmのみマクロモードとは・・・orz。

ノイズリダクションOFFといっても実際はそれなりに
かかっているのものですが、オリンパスは本当にぎりぎりの
ところまでノイズを残している、稀有なチューニングです
このレンズは一日でも早く欲しいのですが、EVF一体型PENが
出た場合セット販売することも考えられるので、ひたすら
我慢の連続です

今度は防滴仕様のボディカメラの噂も出ているので、それとこのレンズが組み合わさるのかな?楽しみなような、まだ早いような。

レンズは注文してあるので待ち遠しくなってきました。

この手のレンズならAPS-Cセンサー機がいいと思う。
m4/3が立ち位置を誤らないよう願ってやまないが、それはどうせ市場が決めるだろうな。

こんな光学性能が良いコンパクトズームはAPS-Cには真似出来ないと思いますが。その分高感度には強く無い規格ではありますけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2011年12月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスXZ-1後継機(XZ-2?)とパナソニックLX5後継機(LX6?)が近日中に発表される?」です。

次のブログ記事は「オリンパスが近日中にEVF内蔵で防塵防滴のm4/3機を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る