ソニーがAPS-Cセンサーを採用したコンパクトカメラを準備中?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーのAPS-Cセンサーを採用したレンズ固定式コンパクトカメラに関する噂が掲載されています。

(SR5) A Sony surprise: A compact camera with APS-C sensor and fixed zoom!

  • 驚きのニュースが入ってきた。とても信頼のできるソースによると、ソニーはAPS-Cセンサーと、固定式のレンズを採用する、完全に新型のコンパクトカメラを発表する準備がほとんど完了しているということだ。

    2005年に発売されたDSC-R1は、大きな5倍ズームを採用していたが、新型はコンパクトなズームレンズを採用している。現在では、4倍ズームを採用するキヤノンG1 X だけが、唯一同じような製品だ。

    ソースの人達は、新しいカメラと共に登場するコンパクトパンケーキズームについて興味深い話をしてくれた。(それによると)このレンズは極めてコンパクトなサイズで、近い将来、もしかすると、独立したレンズとしてNEXシステムにも供給されるかもしれないということだ。

 

キヤノンG1 X の1.5インチセンサーの採用には驚かされましたが、この噂が事実だとすると、ソニーは更にそれ以上のセンサーサイズを持つコンパクトを準備しているようですね。

大変にコンパクトがズームレンズが付くということですが、APS-C用の標準ズームでどこまでコンパクトにできるのか興味深いところです。

また、このレンズがNEX用の交換レンズとしても販売される可能性もあるようなので、実現すれば、パナソニックX14-42mmの強力なライバルになるかもしれませんね。

2012年2月21日 | コメント(73)

コメント(73)

R2ですかね

NEXと被らないような製品でしょうか。楽しみ。

おや、例の三層なんちゃらっての使った1/1.7かと思ったら、APS-Cか。
ポケットサイズのハイエンドはもうキヤノンのSシリーズ買うしか無いのかね・・・

少し大きくなっていいのでぜひEVFを搭載して欲しいです。

G1Xキラーですか。 面白いですね。
でもどうやってNEXと差別化するんだろう? C3+標準ズームと共食いしそうですが…よりコンパクトならこっちが勝ってしまうかも。

ソニーは好んで買わなかったけど、このタイミングで大きいセンサーで固定式コンパクト、おまけにEVF搭載なら買うだろうな。キャノンの発売前に発表してくれないと困るな。

小型やデザインに(良い意味で)うるさいSonyなので、スタイリッシュなのを期待したい:) 
パンツは無理でもシャツのポケットにすっと入るぐらいのサイズだとびっくりですね。

実現すれば、ポケットに入るAPS-Cカメラ?
「スマートフォンには絶対負けない!」とソニーが発言していましたが
iPhone4Sに対する究極の隠し玉になるかもしれないですね

ミラーレス機ユーザーのかなり多くが使用レンズはキットズーム1本だけという話もあるので、G1Xやこの噂の機種は必ずレンズ交換式ミラーレスの市場を食う存在になると思う。

唯一G1Xに不満だったのがファインダーでしたので、
こちらのコンパクトのファインダーがEVFなら買います!

昔からソニーは小型化に関して異常なくらいこだわるメーカーですからね。やっと本気をだしてきたって感じでしょうか。はたしてAPS-Cでどこまでいけるのか?楽しみです。

ついにソニーからもハイエンドコンパクトが誕生するのするんですね。
事実ならば非常に楽しみです。
G1 Xみたいな厳ついデザインではなく、ソニーらしいスタイリッシュなデザインに期待します。

ただ、NEX-C3後継機もパンケーキズームを採用するとなると、共食いしそうでちょっと心配です。
デザインやEVFの有無で差をつけるのでしょうか。

ソニーはある意味マーケティング的な線引きのはっきりしたメーカーというのが最近の印象でしたが、少なくとも一眼やミラーレスに注力するようになってからは、コンデジは全て1/2.3インチ以下のセンサーサイズに統一されてしまってましたよね。今後もそういうマス・マーケティング的な路線で行くんだろうと思っていましたが…。ミラーレスの、あるいはスマホの台頭で、市場そのものの志向が変化してきたってことなんですかね。何にせよ、このサイトを見ているような層にとっては、こういう本物志向な製品は嬉しい限りですな。

>新型はコンパクトなズームレンズを採用
私は単焦点が性に合っているので、DPを選択します。Zoomは要らない。

レスポンスが良くてS100波に小さかったら最強なんですが(^_^;

SONYのコンパクトには期待してしまいます。

近い将来、フルサイズのコンパクトカメラが出る可能性だってあるかもしれませんね…

中途半端なボディに中途半端なファインダーつけても、とても見る気がしない。
ファインダーも、バリアンも既に他の製品でいくつも選択肢があるんだから、差別化のためにそういうの全部取っ払って 
コンデジで出してくれないかな。

コンパクトと言ってもNEXよりは小さくできないのではないかと。なによりレンズのフランジバックがNEXですでに限界なはずで、イメージサークルも考えれば極小レンズにも限界ありかと思います。まあ生産コスト面で考えてもどれだけの画質を叩き出せるか見ものです。

エントリー一眼レフ使用者でもかなり多くが
キットレンズのみでしょうから一眼レフをも食いかねないですね
CanonはKissとの競合を避けて1.5インチでしたが
こちらはもろ被りなのでどうなるか興味深いです。

CanonのG1Xのテスト機のサンプルでは
周辺に明らかなレンズの無理が見て取れましたが
APS-CでSONYがどこまでのものに仕上げてくるか
現状ではNEXのレンズの小型化に苦しんでいるようなので
このレンズの出来は今後を占う意味でも重要なものになりそうですね。

ソニー飛ばしてますねぇ!
ソニー好きとしてはうれしいです。
飛ばしすぎて大丈夫かな?とも思いちょっと心配ともいえますが、沈滞状態の日本にカツを入れるためにも、
カラ元気も元気の内!
ということでがんばって欲しいです(^^

ハンディカム並の手ブレ補正にマニュアル撮影ができる動画性能を持ったカメラだったら一層楽しそうですね。G1Xの弱いところをついてくるかな?

F828系の過剰にサイバーな感じでたのんますw

APS-Cのズームレンズでパンケーキですか。
レンズが どの程度コンパクトになるのかで成否が決まりそう。
本体はNEX-5より小さくしてくるのかな
ボデー内で大胆なレンズの各種収差補正を前提にレンズ設計すれば、従来では不可能なサイズも実現可能?
ソニーだったらやりそう。

2年ぐらい前にAPS-Cコンパクトのリークがあったけど発売されなかったような記憶が・・・
本当に出るなら期待したいですね。

1年半もNEXのキットレンズをテコ入れしない辺り
あまり期待できそうにもないんですが
他商品を食い合わないようにする作戦なのでしょうか・・・

パンケーキのズーム搭載で,それがNEX向けに供給されるというのがとても興味深いです。

NEX7に惹かれつつズームレンズの嵩張りが大きなマイナス要因だったので(それなら一眼レフ持ち出す),コンパクトなズームが出れば即購入してしまいそうです。
パナのXレンズのような位置づけ(画質も追求)だと尚嬉しい。

パンソニックのように沈胴式じゃないとコンパクトとはいかないでしょうね。
しかし、沈胴式を採用しても全体としてどこまでコンパクトに仕上げてくるか。
これは楽しみです。使い勝手が良くてEVFつきなら嬉しいですね。

やっぱりソニー自身コンデジはスマホに食われるとの予測があるのでしょうか?

連投すいません。
大変コンパクトなズームレンズですが、
以前こちらで紹介された、レンズ同士がくっつくホドの収納特許を使うのですかね。(記憶違いだったらすいません)
そして、そのコンパクトレンズがNEXのレンズとして出るかもしれないというのも楽しみですね。
最近出たEマウントレンズのロードマップに「コンパクトな標準ズーム」というのがありましたので期待したいところです。

pioca さんに賛同します。ソニーは果たして、APS用のレンズをどれだけ小さくできるのか、品質がどうなるのか、しっかりと見守りたいと思います。

ソニーがレンズの小型化とコストダウンを行うと途端に描写が悪くなるから、G1Xより高いか絵が悪いというのがオチなんじゃないかな。ここは触発されたパナLXシリーズかキヤノンのSシリーズの大判センサー化のほうが期待できるかも。

実はmFTで OM-Dのセンサーと同じ物だったりとか・・・

これ確実にNEXの客を食べちゃうと思うんですけど。少なくともAマウントのお供にするなら、NEXより断然これを選びますね。でも入門レベルのお客さんだとAPS-Cサイズです!って言われても????ってなっちゃうかな。未だに画質=画素数って考えの人が圧倒的だし。どんな客層が狙いなのか?そこん所が見えてきませんね。
レンズの小型化がどこまでできるのか。コンパクトっていてもネオ一眼みたいなサイズじゃ意味がないですし。コンデジはポケットサイズであってこそ意味のあるカメラですもんね。

サイバーショットVシリーズの後継だ!!
V1は発売当時、高くてとても買えなかった。
今では何てことのないボテッとしたカメラだったのに。
やっぱりカールツァイスが光っていた

にわかには信じがたい話かと思いましたが、
世界戦略として、レンズ交換型ミラーレスがあまり売れないような地域に対しても同じレンズを使った一体型コンパクトがあれば売り上げを伸ばせるでしょうし、全体のコストカットにもつながるかもしれませんね

レンズさえ薄型化できれば、現状のNEXを基本に液晶とバッテリーの小型化でポケットに収まるサイズは十分に実現できるかも?
ソニーの新しい高級コンパクトのデザインに期待してます

EVF付きだとNEX-7並の大きさにならざるを得ない気がします

EVF無くて良いので、NEXよりもコンパクトだと嬉しいです。
普段はNEX使えばいいですが
結婚式の二次会などのパーティ時は、ごてごてした物を持ちたくないですし
かといって、カメラ持っていかずにスマホで済ませるのもどうかなぁ…と思いますので
やっぱりボディもレンズもコンパクトなカメラが欲しいのです。
G1Xはでかすぎます。
もっと小さいのが良いです。
明るいレンズだとなお嬉しいですね。
お洒落なのがいいな。
わがままな要求ですねw

交換レンズを買わないエントリー層にはこのカメラを、
そこからのステップアップには発売予定の大口径標準レンズ+NEXをという戦略?
カメラボディに対するこの旺盛な開発意欲を、少しはNEX対応レンズに向けてほしいですw

高画質で評判のiPhone4のセンサーを作っているSONYだからこそ、コンデジが今のままではダメだということがわかってるんでしょう
だとすると、ほんとにビックリするようなコンパクト&高性能な製品が出てくるのかも
楽しみです

APS-Cですからレンズは沈胴式であったとしてもそれ程小さくは出来ないと思いますし、その必要も無いと思うんですが、あんまり無茶苦茶な期待はしない方がいいと思いますね。

G1X位の大きさだったとしても、APS-Cズームレンズの高級コンパクトデジカメとして十分革命的な小ささだと思います。

こうなると、レンズとセンサーが気になりますね。
Zeissに評判の16MPセンサーなら最高ですが、どうなるでしょう^^

ニコン・キヤノン・フジ・オリンパス・ソニーのユーザーです。

G12の後継として、G1Xの発表も興味深く見守ってきましたが、G12と同様、ビューファインダーは、まだまだチープな印象です。サンプル画像も今ひとつ納得できませんでした。残念!

ですので、ソニーのハイエンドコンデジには美しいEVF付きで大いに期待したいところです。
ソニーのコンデジ動画は、使える動画と思っておりますので、静止画と動画、両方の進化を期待しつつ発表を待ちたいと思います。RAWも付けて欲しいですね。

レンズもパナソニックX14-42mmを凌駕するものにして欲しいです。

Sonyは迷走中ですね~
もうすこし土台をしっかり考えて欲しいですね。

コントAF様

 同感ですね~。何を基礎にやっていくのか?何に強みを持つメーカーなのか?今後の継続性はあるのか?
 そういう信頼性のおけないメーカーであるようなのでSONYは敬遠しています。
 CarlZeissの響きは魅力的ですが、CosinaのZE,ZF2他で2大メーカー等でも楽しめますしね。

連投失礼致します。
レンズの話はレンズ交換式の話。
ただ、メーカーの大勢のことに対して投じたかったんです。

CanonG1Xは、購入決定と思ってましたが、
ここへきてそれ以上に魅力的なのが出そうです!
EVF搭載なら、俄然Sonyです。

TC-1デジタルだったらいいなあ。

ズームですしTC-1はないかと(^^;)欲しいですけどね
将来的にはツァイス広角単焦点な高級コンデジも出して欲しいところです

>Tommiさん
ソニーの強みはセンサ内製による高い利益率と海外でのブランド力じゃないですかね
海外で売れないようなメーカの方が事業継続性は危ういと思いますよ?

αユーザとしてはソニーに引き取ってもらったことでマウントの継続性については安心しています

ミラーレスの出現以来、高級コンパクトが停滞してましたが、
より大きなセンサーを使うことで復活しそうですね。
スマホの影響でコンパクトの売れ行きがかなり落ちたらしいですし、
今後のデジカメの傾向は大型センサー搭載に移行していくのかも。
同時に一眼がフルサイズに移行していけば面白いのですが。

ソニーの技術力には感服しますが、カメラの場合も常に新技術投入で、常に実験機を買わされているような気がしてちょっと不安です。このコンパクトもそうならなければいいですが。

ぜひ、水中ハウジンも用意して欲しいです。

>tyKeさん

家電メーカーほど利益率は低いはずなんですが・・・・・

NEXのレンズはボディに対してせり出しすぎなんですよね。
ボッテリした厚いボディになっても構わないので
レンズだけが飛び出したデザインだけは避けて欲しいところです。
(もちろん薄いボディに薄いパンケーキレンズは大歓迎ですが)

RAWで記録出来るのか?
そこんとこが気になる。
現行のサイバーショット銘ではJPEGオンリーのモデルばかりで
αのサブ機になりえなかったですから、

>コントAFさん
「家電メーカーほど利益率は低い」の理屈はよく分かりませんね
そんな常識レベルの話になってるんでしたっけ?

少なくとも最近のソニーに関してはタイ洪水の被害以外で悪い話を聞きませんけど

高画質の標準レンズをボディに固定することで、
金のかかるマウントの廃止とレンズとセンサーの
関係を最適化できるメリットは大きいと思います。
ずっとR1が気に入ってつかってきて、さすがにデジタル
部分が古臭くなりNEXに乗り換えましたが、またSONYらしい
カメラが使えるのかと思うとものすごく楽しみです。
NEXはマニュアルレンズ用として、普段使いはこちらが
主力ななりそうです。小型化にまい進するあまり、レンズ
性能が犠牲にならなきゃいいんですが、それだけがちょっと
心配。ミノルタ色が全くないSONYらしいカメラに期待大
です。

>tyKeさん

ソニーは業績が悪くて社長が更迭されました。
大手電機メーカーで第3四半期決算が良かったのは日立だけだったと記憶しています。
(パナは過去最悪の7800億円の赤字です。)
ただし、カメラ事業がダメなのかは知りません。

こんな強烈なスペックのコンデジの噂がでるとは・・・
やはり、コンデジは商売にならなくなってるのでしょうか?
消費者としては選択肢が増えて嬉しいのですが、メーカーの体力が削られることにならないか心配ですね。

今使ってるリコーのCX3はマクロ性能は満足ですが、風景を撮るとやはり性能不足感が歪めない。

そこで登場してきたCANON S100やG1Xはまさに彗星の如く現れた感じでしたが、もしSONYがやってくれるなら自分にとっては選択肢が増えて幸いです。
特に一眼やミラーレスを買ってもセットレンズだけで楽しんでそうな自分にはこういうハイエンドコンデジが一番合ってます(笑)

最近知ったシグマのDP1 DP2 メリルシリーズのほうも気になって仕方ありません(笑)

ソニーの中で、少なくても半導体部門は比較的高い利益率を確保しているようですので、少なくとも継続はしていくでしょう。
また、ベータやメモリースティックの規格を見ても分かる通り、自分たちの製品に対する面倒見は、ソニーは良いですよ。

さて、APSC相当のレンズ一体型デジカメというと、DSC-R1を思い出しますね。
あれとレンズが同等以上のクオリティーなら、元所有者としては買いですが、果たしてどうなることやら。

>きまぐれさん
事業悪化と言っても、実質足を引っ張ってるのはTV部門だけですけどね。もはやシェアNo.1のサムスンですら赤字で、TV事業は家電業界のお荷物と化してますね。
まあ市場破壊商法をしたサムスンと、そのサムスンに技術を提供したソニーの自業自得でしか無いですけど。
新社長である平井社長は、今後力を入れる部門としてカメラ部門を指定しています。ジワジワとキャノンニコンのシェアを奪いつつあるという事を見ても、ソニーにとってカメラ部門は利益を出している部門なのではないでしょうか。
そういえばサムスンもデジカメやってますけど、ここでは取り上げられませんね。ま需要が無いかw

>サムスンもデジカメやってますけど、ここでは取り上げられませんね

外国企業の製品で国内で販売されないものについては、原則取り上げていません(マウントアダプタ等、面白そうな製品は、例外で取り上げることもありますが)。

>家電メーカーほど利益率は低いはずなんですが・・・・・

カメラメーカーと家電メーカーで区別する人がいますが、何の意味があるのでしょうか。

コンデジに関してはどこのメーカーも同じです。
薄利多売でどうにかやっているのが現状です。
だから少しでも利益率を上げるために各社高級コンパクトに力を入れているんですね。
キヤノンやニコンも例外ではないですよ。

メーカー間の利益率の差なんて、同業種の中だって違って当たり前でしょう。そんなことより、このところ利益を圧迫しているのは災害と円高だと各社トップが言ってますよ。

S100を見ればわかるように、レンズを極端に小型化するのはデジタル歪曲補正の技術だけど、そのあたりは現在キヤノンの独壇場でしょう。同じことをソニーができたらソニーの時代が来るかもね。
でも現状ソニーのコンデジは、動画以外見るとこ無いからな。

>レンズを極端に小型化するのはデジタル歪曲補正の技術だけど、そのあたりは現在キヤノンの独壇場でしょう。


歪曲補正はNEXでも可能ですし、さらに言えばμ4/3ではデフォルトで補正がかかるようですけど。
ソニーのコンデジならば、DSC-TX1(たしか2年くらい前のカメラ)が静止画撮影時のみ歪曲補正をしていたような気がします。
当時の画像処理エンジンでは動画撮影時には補正出来ず、散々文句を付けられていたように記憶しています。

 ソニーから発表されたEマウントレンズの新ロードマップの「標準ズーム」は、もしかしたらこのコンパクトカメラの「コンパクトパンケーキズーム」の事かもしれません。

カメラ業界で利益率が高いってどのくらいでしょう?

ひとむかしまえでも20~30%に設定されていたのは
1社だけなんだけどなあ。もう1社が10前後
あとはその半分以下なんだけど・・・・・

メーカーが適正に利益を上げられる状況なら
現在のように小売店も苦労しないだろうねえ。

今の時代に利益率が10%以上の電器メーカなんてごく稀でしょう
テレビと違って黒なだけマシ

C社の利益率は異常に高いですけど、コンデジでも未だにそんな数字をキープしてるんですか?

G1XやNEXとの競合も当然あるでしょうが
m4/3を高級コンデジとして使っていた層との競合もあるでしょうね
コンデジがスマートフォンに食われて上級にシフトという戦略で
X-Pro1が出たわけですが、方法論は違ってもどこも似たようなことは
考えていたということでしょうか

例に挙げたのはひとむかしまえの話ですよ。
現在、電機メーカの設定する標準的な利益率って5%前後ですよ。

実際には大手量販店の値切りで
それを切って2~3%上がれば御の字かな・・・・
この時点で赤の商品もかなりあるしなあ。

今は、派遣社員よりも
給料固定の正社員のほうが安いからね。

最高のコンデジが登場することを願います。
コンデジの基準が変わるぐらいのものを。

現状でもNEXのサイズで驚くほどの高感度耐性を持っています。
それがコンパクトデジカメで、レンズが固定であることによって最適なチューニングができるならば、、
カメラに興味のない一般のユーザーにとっても
最も簡単に高画質を手に入れられることになります。

高画素化の時代が終わって欲しいのもあって期待してます。

>歪曲補正はNEXでも可能ですし、さらに言えばμ4/3ではデフォルトで補正がかかるようですけど。

書き方が悪かったようですね。たしかに歪曲補正だけならどこのメーカーでもやってる。でも歪曲収差や倍率色収差、シェーディング補正を正確にコントロールし、小さくて明るく高解像度なレンズを作れるのがキヤノンだけと言えばいいでしょうか。
ハイエンドのコンデジでS100だけが別格で薄く、他社がいつまで経っても追いつけないことからそれがわかるでしょう。
高価格なのに沢山売れて注目度も高い。そんな製品はどこの会社だって出したいが、現状は技術が追いつけないんですよ。

新世代のハイエンドコンパクトは、小型ミラーレス+標準ズームよりコンパクトでないと、いくらレンズ一体型でも苦しいでしょう。その点キヤノンの1.5インチ機は余裕でクリア(ミラーレスは厚さ6~9cmになる)してますが、ソニーはAPS-Cでどこまで小型化できるでしょうか。

供給過多か、ミラーレスではレンズ込み2万円台がちらほら出てきていますので、すくなくとも厚さ6cmくらいに抑えないと厳しくなると思います。新品で3万円もしないカメラが、操作性や総合機能で劣るとはいえ、4~6万円のハイエンドコンパクト(豆粒センサー)に画質で優ってる状況ですから。

家電量販店のカメラコーナー行っても、最近は撮像素子サイズを具体的に宣伝するようになっており、素人もセンサーサイズと写りの相関に気づいてる人が増えてます。画素信仰は確実にすこしずつ雪解けしているようで、だからこそ以前なら訴求力がなかったであろう1000万画素のニコワンがけっこう売れてるわけで。

今のところ小型のミラーレスカメラで回転バリアングルがついているのは、パナソニックのG、GHシリーズだけですのでこれに期待しています。

元R-1使いです。固定レンズに最適化されたAPSセンサーでLV、EVF付きなら間違いなく購入します。個人的には大きくて良いので明るめの低倍率ズーム希望です。
できれば換算24-72(f2.5-4.6)とかで。RICOHのA12.50mmのようにハーフマクロ域まで寄れたらゼッタイのゼッタイに買います♩。操作性が良ければX100同様の単焦点バージョンも欲しいです。
小さくないけどα77よりずっと高画質のミラーレスに期待します。

もう2ヶ月近く経ちましたが、まだ影も形もありませんね。
APSCでコンパクト機なら、ズームより28mmや40mm単焦点出して欲しいところですが。
NEXの標準ズームが多少コンパクトになっても、普段持ち歩く気にはならないので。

そちらも出る可能性は無いのでしょうかね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年2月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスはフルサイズ機をずっと検討しているが、いつになるかは分からない」です。

次のブログ記事は「将来はオリンパスPENシリーズにEVFを内蔵する可能性もある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る