キヤノンEF40mm F2.8 STMとEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMは新開発のステッピングモーターを採用?

読者の方から、間もなく正式発表されるキヤノンEF40mm F2.8 STMとEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMのスペックに関する情報を提供していただきました。

  • EF40mm F2.8 STM のスペック
    - EFレンズシリーズ中で最薄・最軽量
    - ステッピングモーター(STM)を採用し静かでスムーズなAF駆動を実現
    - 全長22.8mm
    - 重さ130グラム
    - ガラスモールド非球面レンズ1枚を採用
    - 7枚羽根の円形絞り
    - 絞り機構にマイクロステップ駆動制御を採用し静音化を実現
    - 最短撮影距離は0.3m
    - ワンショットAF後にピント調整が可能なフルタイムマニュアルフォーカス機構

  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
    - 6群ズームとステッピングモーター(STM)による新しいフォーカス機構
    - 動画時のAF性能が大幅に向上
    - EOS Kiss X6i との組み合わせで動く被写体の動画撮影でスムーズなAFを実現
    - UDレンズ1枚と高精度非球面レンズ1枚を採用、従来機種に比べ高画質化を実現
    - 動体撮影時に有効なダイナミックISを初搭載
    - 手ブレ補正はシャッター速度換算で4段分

 

こちらもソースは量販店のサイトに掲載されていた情報なので、内容は期待してもよさそうです。STMは噂にあったサイレントモーターではなくステッピングモーターの意味だったようです。

STMは超小型で静音、加えてフルタイムマニュアルフォーカスも可能ということなので、今後の展開が楽しみな技術ですね。

このSTMに加えて、静音な絞り機構やダイナミックISなど、キヤノンはここにきて一気に新技術を投入してきましたね。正式発表が楽しみです。
------------------------------------------------------------------------------
メール送ってくださった方、情報ありがとうございました。

2012年6月 7日 | コメント(16)

コメント(16)

ステップモーターを採用しているならば、ミラーレス用レンズと同じようにフルタイムAFが使えるんでしょうか?そうであれば快挙だと思います。リングUSMだけっだった機能がさらに普及できます。

一眼レフ用レンズで動画対応第一号のレンズになりますね。一眼レフメーカーは動画対応レンズはまったくやる気がないと思っていましたが、キヤノンだけですね、さすがです。一眼レフ用レンズ見なおしました。18-55もリニューアルすべきです。

パンケーキは、あとは寄れるかどうかだけが、気がかり。
あ、値段もですが(^_^;)

「STMを採用し静かでスムーズなAF駆動」
「絞り機構にマイクロステップ駆動制御を採用し静音化」
いたるところに「静音化」や「スムーズ」という表現が使われていますが
これらは動画機能を視野に入れた仕様なのでしょうか?

「動体撮影時に有効なダイナミックISを初搭載」
これも動画撮影時に有効そうですね。

速度はどうなんでしょうね

>ワンショットAF後にピント調整が可能なフルタイムマニュアルフォーカス機構

パンケーキの方には記述があるので、フルタイムマニュアル可能ですね。でも、18-135には記述がないのが私的にはちょっと気になる。。。

新型Kissも含めて目が離せませんね

発売がまだな、EF24mmF2.8IIやEF28mmF2.8IIにもSTMなる動画対応モーターが採用されるのでしょうかね(確かUSMという話だった気がしますが)。価格的にはあちらの方が圧倒的に高いです。あちらはIS付きですが、動画用という訳ではないのかな??

KISSの画角合わせる画角のパンケーキでは無いというのがちょっと違和感です。

これで電動ズームだったら動画撮影は完璧だったんですけどね。
サイズや静粛性に問題があったんでしょうか。


しかし、「新開発のモーター」「フルタイムマニュアルフォーカス」を使った18-135ばかかりですな…

パンケーキで最短撮影距離0.3mは立派だと思います。全群繰り出しですよね?

USMとどう違うんでしょうか^^;

ステッピングモーターは電気を食うイメージがあるのですが、その辺は対策ができたと考えていいのかな・・
D800依頼、ニコンに話題をもっていかれてたので、キヤノンユーザーとしては楽しみが増えて嬉しいです。

これまでのリーク情報のスペックやリーク画像からは全く期待していませんでしたが、発表前日でのこの情報はまさに予想外のサプライズ。
俄然注目の的ですね。
APS-Cの最上位が7D2で出てくるなら、60D後継機はいらないかもしれない。
それを7Dと二桁機の統合と呼ぶのか、kiss系との統合と呼ぶのかはどうでも良い。

最短撮影距離は0.3mはうれしい。フルタイムでドンピシャ標準レンズ。1.6倍機ならちょうど良いテーブルフォトレンズか。
しかもワンショットAF後にフルタイムマニュアルフォーカス可能とは。これで1万円台なら超お買い得です。レンズキャップがわりで、買うしかありません。

「EOS Kiss X6i との組み合わせで動く被写体の動画撮影でスムーズなAFを実現」
どの程度のもか実機が出てくるまでは何ともいえませんが、画期的なことではないでしょうか?
今後、廉価版フルサイズはもちろんのこと、他カメラメーカー&レンズメーカーも追従せざるを得ないのでは?
個人的には動画撮影目的でキャノンのミラーレースを期待していましたが、X6iも選択肢に入りました。
でもなぜ「X6」にiが付くのかなぁ?

焦点距離によって開放絞り値が変化するEFズームレンズは、無段階変化ではありませんでした。
そのため、動画撮影中にズームすると絞り羽根が動く瞬間に明るさが急変し、極めて目立つ見苦しい映像になりました。
動画用には「開放絞り値が一定」「手ぶれ補正付き」の2つが絶対に必要でした。
ステッピングモーターもいいですが、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS が絞り羽根急変問題を解決しているかどうかの方が気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年6月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS Kiss X6i はコントラストAFと像面位相差AFを併用する「ハイブリッドCMOS AF」を採用?」です。

次のブログ記事は「オリンパスPENシリーズの新型機は9月に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る