ソニーα99の製品版のスペックに関する噂が掲載

Sony Alpha Rumorsに、ソニーのフルサイズ機α99の製品版のスペックに関する噂が掲載されています。

(SR4) First A99 test report! Lighter than the A900, double SD card slot.

  • これまでに、α99は24MPセンサーと驚きの102点AFを採用していることが分かっており、初期(プロトタイプモデルの)のα99から得た更なるいくつかのスペックも投稿した。今日は最終的なα99のいくつかのスペックを投稿する。

    「最終的な製品版のα99には、フラッシュは内蔵されていない(いくつかのプロトタイプ機にはフラッシュが内蔵されていた)。アクセサリーとカメラとの独自の接続が可能な新型ホットシューが採用されている。AFは本当に速い。最終版ではないファームではα99のISO範囲は50-25600で、最終版のファームでは恐らく2段分高感度側が広がるだろう」

    「α99は973グラムのα900よりも多少軽量化され、バッテリー込みで827グラムで、バッテリーはNP FM500Hだ。α99にはCFスロットは採用されておらず、SD/メモリースティックとSDスロットの2つのスロットが採用されている」

 

製品版のα99の噂が流れ始めたので、α99の開発もそろそろ最終段階なのかもしれませんね。新型ホットシューは、詳細は不明ですがm4/3のアクセサリーポートのようなものが付くのでしょうか。あと、α99がα900よりも150グラム近く軽量化されているというのは嬉しい情報ですね。

2012年7月19日 | コメント(60)

コメント(60)

 なぜに・・・なぜにXQDじゃないんだ?
確かにSD&MSは資産があるけれど、
XQDはまだまだ高いけれど、それにしても。
使わないなら、何のためにXQD作ってるんだ?
このカメラのために作ったんだとばかり・・・

SD/メモリースティックとSDスロットの2つのスロットが採用されている>
XQDかCFを1番スロット、そして2番スロットはSDとメモリースティクが良いかと。
α99の24MPセンサーはD600にも載るのかな?
高感度よさそうで楽しみです。

バッテリーは互換性保たれてるのかな?
今までのHと新型のGは何が違うのだろう。
使えたら嬉しいですね。

>匿名3さん
「G」は打ち間違いですので修正しました。

高速な102点AFとISO範囲は50-25600(拡張で+2段)が事実なら嬉しいですね。
ですが、XQDの採用はさらに次期フルサイズ(36MP機?)に持ち越しでしょうか?
ここはやはりというか是非、XQDの採用を期待したいところです・・・。

プリズムなくなっても、これしか軽量化されないんですね。残念。
フルNEXを早く出して欲しい。軽さは正義です!

ペンタプリズムやミラー駆動用のモーターがないのに、ずいぶんと重いですね。
ボディサイズも多分α900と変わらないのかな。

新型ホットシューは搭載するのに、XQDスロットを搭載しないのは意味がわからないです。
何のためのXQDなんだか。事実上、D4専用メモリーになっていますよね。

スペックばかり追い求めてもダメですが、この程度では、D800や5Dmk3を蹴ってα99を選ぶ理由はないですね。

発表予定機種は88でなく99ということで確定ですか。
77は高画素、1スロットで、様子見したのか99はSONY側も改善してダブルスロットで低画素(36MPより)できましたか。
でもXQD対応でないとなるとなんだか、せっかくXQDが先発発売されているのにまたちぐはぐでずっこける人もいるでしょうね。
最近のSONYは少々歯がゆいところがあって少々残念です。

やはり高感度側は結構いけそうな予感ですね。
ただCF不採用はちょっと残念でなりません。

売出し価格はいくらになるのでしょうか?

これで248000円は高いと思う。

XQDもなければ1000枚以上持つ大型電池もないわけだし。

ぜひ198000円で出してほしい。その分レンズに投資するし。

198000円で出して来たら、連写・AF・LV撮影・動画などで
d600や7d2?を圧倒してる意味も出てくるし、来春の36MP機にも期待がかかる。

でもセンスのないソニーだから248000円とかやりそうだなあ。

”AFは本当に速い”のレンズって何でしょうね。
同時発売の標準レンズ?

そういえば望遠系の噂はあっても
標準レンズについての話がないですよね。
24-105のf4がきてくれると嬉しいのですが・・・

あと、動体予測もCN並に!!ってのは
まだ無理なのでしょうか?

この記事を読んで真っ先に感じた疑問がアカラナータさんと同じでした。
なぜXQDじゃないのって。
メモリに関しては間違いであることを祈ります。

もしかしてこれって……XQDじゃない……!?
これが確定であればあったで、何故XQDでないのでしょうか。
今の電池だとXQDのエネルギー消費でもたないとか?

初売りが25万円であるとすれば、コストがかかっているのは
102点AF、新型センサー、手ぶれ補正機構あたりでしょうか。
α900のインタビュー記事にありましたが、フルサイズの
センサーを動かす手ぶれ補正装置はかなりの難産であったそうで、
これが意外と価格に跳ね返ってきてしまうのかもしれません。

まだ噂の段階なのでXQDカードについては何とも言えません。 
正式なSONYの発表を待ちましょう。 
とにかくこの情報のスペックでSONYのα99と称されるカメラが発売されるわけではないのですから。 まだ変更される可能性もあります。
あと一月ほどでその全容がわかるでしょう。

バッテリーが継承されるのはうれしいですし、
ツインスロットなのは良いのですが、
SD/MSでのツインなのは残念な話、
XQD普及の為にもXQDスロットつけて
XQDのSDアダプターを用意すべきではないのだろうか?
これはやはりアマチュア&エントリー層を意識した選択なのだろうが、
それらのユーザーでも安定した高速連射を望む方はXQDを望んでるでしょうし、
でなければ逆により安価なエントリーフルサイズでないと
インパクトは弱いでしょう。
あと、
フラッシュが内蔵されないのも不可解
個人的にはそのまま使う事は稀だが、
ワイヤレスコントロール用としては重宝するのであったほうがうれしい
ペンタプリズムがない分スペースには余裕あるので付くものと見ていたのだが、
付かないのなら残念だ。

XQDが採用されると夢が広がりそうなのにちょっと残念です。
軽量化はもうちょっとがんばってもらいたいな。
α900と同じくらいの画素数ですが、高感度が飛躍的に良くなっているとうれしいですね。

α99が非常に魅力的な場合、α99で初めてSonyのFFを使うユーザーも出るでしょうから、(レンズ資産の無い新規ユーザーのために)是非廉価で性能の良い標準ズームレンズキットなどを用意してくれると嬉しいですね。新型なら尚更好印象(笑

α99以外にもフルサイズが出るという噂がありましたが、もう1機種は驚くほどの軽量機でお願いしたいです。
α37ぐらいのボディサイズでできないものでしょうか?

マウントはフルサイズでもAPS-Cでも変わらないし、ミラーやプリズムの無いTLMならではのアドバンテージを最も生かせるのは軽量にできることだと思うのですが。

400g台のフルサイズなんてそれこそ衝撃的だと思うのですが。

ボディが小さいとセンサーの放熱が厳しいんでしょうかね?

ちょっと気になって調べたら
SONYの公式スペックだと
α900の本体のみ約850g
α77が本体のみ約653gでバッテリーとMS込みで約732g
なのでその差からバッテリーとMSが約79g(α65も同じ値)
とすると、
α900のバッテリー&MS込みだとおよそ929g?
973gには44g足りない
CF加えたとしても重すぎ?
実機を量ってみないと何とも言いがたいし、
ここでの話の比較機のα900は他にも付属してたかもしれないのでこんな値でも嘘とまでは言えませんが、
可能性から言えば
α99がバッテリー込み827gというのも
発表する時の公表重量はそれより軽くなる可能性あるかもしれないね。

AFポイントは過度にあっても使いこなしが難しいでしょうし(ファインダー全域にポイントがあれば超画期的ですが)、「AFが速い」は何を基準にしての「速い」なんでしょう。


ソニーの一眼はカタログ上の連写速度ではCやNを凌駕しますが、動体に対する食いつきは個人的には懐疑的です。
仮にプロユースを視野に置くのならば「動体に食らいつくAF」は絶対条件。仮に「15枚/秒のうちピントが合焦するのは数枚」レベルでは、率直に不合格と思います。
「遅延ゼロのEVF」の実装も然り。EVFと心中(したと個人的には理解)したソニーだからこそ、早急かつ絶対に実現して欲しいものです。

新型シュー?
レガシーなISOシューにしてください。
スタジオで使いずらい、下駄が必要とか
本当に不利、かませる物が多いい分不安定。
ただ押してそこに見える物を撮るだけの人には
気にならないんでしょうけど。
極性や電圧、接触不良で苦労することが多々。
ストロボメーカー違いが混在しても信号が届かなかったりも
するので複数の変換アダプター(下駄)を持ち歩くハメに
なってる、古典的なストロボすらスムーズに使えないのが
ネック。
武器と同じで弾が出なきゃエンド。
タダの錘を運んできただけに終わる。
上級機やプロ機は押さえるとこ押さえて欲しい。
この機会にシューをレガシーなものに変えたら
本気と取ります。(ミノルタから移管時に失敗してるよね)
話はそれからだという感じ。
独自規格はこれ以上やめて欲しい。
フラッグシップに値段とか重さとか二義的な物は
どうでもいいです。
明確な戦略価格や小型軽量とかのコンセプトならわかりますが
フラッグシップでしょ?それは別にやろうよと。
極論ですが自転車などは構成部品が変わらないので
素材置き換えで軽量化しますよね、それはもう高額になるわけで。
このクラスで数十グラムははっきり言ってどうでも
良いと思います。
電池とチャージャー共用はうれしいですね。
これも持ち歩くシステムですからトータルで重量や容積を
考えるべきです。
α900から安心して乗り換え出来るDSLRも期待してます。
SLTはいらないOM-Dタイプのミラーレスαなら良いのですが。

36Mセンサー使わないんですね

ニコン開発センサーだから意地でもソニーは使わないのでしょうか?
24Mセンサーの性能の方が凄いのか??

これまで通り、新開発センサーは先にソニー機が使うため
α99発表待ちのせいで、D600がなかなか発表されません・・・

>KOさん、
ニコンの36MPはソニー製と聞いてますよ。

ソニーはソニー開発センサーしか使ったことが無いはずですね
36Mはソニー製かもしれませんが、ニコン開発と言っていますので先に使われてますし

12Mはα700発表後にD300発表
24Mはα900発表後にD3X発表
16Mはα55発表後にD7000発表

と、これまでソニー新開発センサーは当然というか他社は先に使えないんですよね。。だから早く発表してほしい!

XQD非対応だと、連写には期待できないな
バッファメモリもα77と同じぐらいかも

超望遠高いから、
連射出来る、全解像度ズームのせてほしいなー!

そこそこ軽いようですね。あと一踏ん張りして700g台に放りこんで欲しかったですけど。プリズムがないと重量バランスも良くできるそうなので、数値以上に軽く感じるのかもしれません。

しかし、今さらまた独自規格のホットシューを新たに作るんですか…。PENと違ってEVFをさらに付けるわけでもないだろうし、モニタならHDMIから引っ張りゃいいだろうし、ストロボなら新しくする必要性はないだろうし、どういう意図なんだろう…。

XQDが使えないのは理解できません。
XQDとSD/MSのデュアルスロットが良いと思います。
α88と迷ってしまいます。両方は買えないと思います。

相変わらずソニーは"メンツ"に拘りすぎて、ユーザーやユーザーになってくれそうな人達の期待を裏切るのかなぁ。それなら徹底的に独自技術に拘った"高価な"商品と、技術の新旧や著作権関係なく徹底的に精度を高めた使いやすい商品の、2ラインアップで販売すればいいのに。前者は売れないと思うけど…。

ぽん太さんに激しく同意です。

フラッグシップで、フラッシュ内蔵だの小型軽量化だのは、
ほぼどうでもいいと思っています。
(というかフラッグシップでフラッシュ内蔵は無いでしょう。)
そりゃ軽い方がイイに決まってますが、たかだか数十グラム軽くなっても、
ハイエンドを本気で使い倒すようなユーザーは、
何本もレンズを抱え、ゴッツイ三脚なんか担いでいるような人たちなのだから、
数十グラムの軽量化など近似値だと思うのです。

勿論、連射性能や高解像度での美しさなどの向上は計られてしかりですが、
それらの進化を上乗せするだけではなく、
何十万回耐えるシャッターユニットなのか?とか、
アイピースシャッターは健在か?とか、
このクラスのカメラの場合、そういった足元と言いますか、
ハイエンドを銘打つにしかる部分こそがよほど重要だと思うのです。
フラッシュ内蔵や軽量化はアマチュア向きのα55〜77クラスで頑張っていただきたい。
ぽん太さんの仰る通り、押さえるところは押さえて欲しいのです。
EOS5D2にアイピースシャッターが無かったこと、
デュアルスロットでは無かったこと、
α900の方がファインダーが明るく見やすかったことが、
α900購入の決め手でした。
(決定打はZeissレンズですけど)

SDHC&MS-Duo/SDHCなんて半端な組み合わせもイタい。
フラッグシップでSDとMSってどうなのよ?と思ってしまうのは私だけでしょうか?。
α900のCF&MS-Duoのデュアルスロットは重宝しましたから、
α99ではCF&MS-Duo/SDHCであることに期待したいところです。
バッテリーが流用可能らしい様相ですので、
できればメモリー達もそのまま活かしたいところです。

そして最後に。
天下のEOS1Dシリーズよりも明るく見やすいOVFを棄ててしまうのは勿体ない。
他社より優れているものは、棄てるべきではなく、より進化させるべき。
OLYMPUSの次期ハイエンド機のファインダーは、
フジとは異なる方式のハイブリッドで出てくるような噂がありますが、
SONYのフラッグシップにも、未来を感じるファインダーを期待しています。
どうもEVFには馴染めないのです。(NEX-7とα77で実感)
私は、撮れるであろう絵ではなく、撮りたい絵をファインダーから覗きたいのです。

DVDやBDドライブを普及させるためゲーム機に搭載した強引さが、カメラ分野では発揮されないんですね。

鳥を撮るとき、中央1点で距離を合わせてます。102点AFはどのような使い勝手なんでしょう。これは、おそらく普通撮影時に威力を発揮するのでしょう。
AFと連射がうまく融合してほしい。
そして連射時のファインダーの改良を期待します。普通撮影と連射時と二つのファインダーがあってもいいと思います。
私が希望する改良点に関して、情報が少なく、プロトタイプのうわさにもないのですが、それがどうも不自然な感じです。(何か隠されているに違いない---??)
ニコン、キャノンの撮影文化を追わず、連射からソニー文化をつくろう。ソニーがんばれ。

高画素機の方は噂の正方形センサーを使ってくるんじゃないですかね・・・ってか、そう期待したい。

ぽん太さん

シンクロターミナルだと駄目な理由ってあるのでしょうか?
スタジオでストロボを使う機会はありましたが、ホットシュー変換ではなく本体の端子につないでいたので。

新開発センサーはソニーが先という仕組みのため、
ソニーはとにかく早くリリースしなければならない、だとしたら、
これが逆に開発陣に相当な重圧になっている気がします。
先出ししたボディは他社の同一センサーボディに比べて、
高感度画質が劣り、いつも割を食わされている気がするのですが。
とくにペンタに比べるとそういう印象が強いです。
2400万画素なら、じっくり構えてから出しても遅くないと思います。

α99の発表が9月のフォトキナであれば、ニコンD600の発表は10月以降ということでしょうか? そしてキャノンの廉価版フルサイズ機はD600を見てからでしょうから、さらに遅くなるのでしょうね!僕は廉価版フルサイズは小型軽量が重要だと思いますので、KissフルサイズやD7000シリーズのフルサイズがいずれメインとなるような気がします。でもやはりミラーレスフルサイズが軽量コンパクトでは有利でしょう。ペンタックスもフルサイズ(ミラーレスだと思う)出すかもという噂だし、ソニーもNEX9出すかもですから、来年は、「廉価版フルサイズ」VS「ミラーレスフルサイズ」となるのではと予測してます。

>管理人さん
バッテリー名の訂正ありがとうございました。
α100から続くバッテリーが使えるってのはうれしいですね。

CF不採用は残念でしたが、SDXCカードはうれしいですね。
XQDカードを要望している方がたくさんいらっしゃいますが、XQDカード規格はキヤノン、パナソニック、オリンパス、リコーなどは参画していませんしマイナーな規格なのでこの先不安です。
まだ、価格も高いですしね。
SDXCカードなら、UHC-IであればCFカード並みの速度はでますし、価格もXQDカードに比べ1/3と廉価です。
なにはともあれ、早く正式に発表されないかな。

私はソニーには軽量化を追求してほしいですね。
フルサイズを使う人は気にしないという意見もあるとは思いますが、軽量化によって今まで重くて敬遠していた層が手を出せるカメラを出すことはすごく重要だと思います。
そしてソニーがまず獲得していきたいのはそういった層の人ですよね。
EVFに舵をきって、N、C社使用者の中で保守的な層は見向きもしてませんし。

manuさんに同感です。同じ性能だったら軽いことはとてもありがたいです。RX100のように得意の軽量化と小型化を存分に発揮していただきたいです。

元々プリズムやミラーボックス自体はたいした重さじゃなく、重量の大部分はマグネシウムボディでしょうから、こんなもんじゃないでしょうか
(他社と違って手ぶれ補正機構も内蔵しているわけですし)

軽量化のために剛性や耐久性が犠牲になってしまっては元も子もないかと

α900は結構ミラーショックが大きくて盛大な音が鳴るので、α99では静音化を目指して欲しいです

MMMM さん

実際にはスタジオより屋外や室内での撮影での使い勝手です。
完全なスタジオ貸切で結線も自由なら「なんとか」なります。

■内蔵ストロボ(+純正ストロボ:リモート発光)
・あればたまに助かる程度、密封性対侯性の脆弱化)
・自分より後ろのストロボや遠距離、日中は信号が届きません
■シンクロケーブル
・最後の保険、安定発光は台数分の接続が必要
・スタンド転倒やカメラの落下の可能性が増大
・ライティングの自由度少
■スレーブ発光
・動作不安定
・他者がいる場合不可
・LED電球の高速閃光でもたまに誤動作して発光
・屋外では受光センサー飽和で受信しない
・設置向きが受光センサーに依存
■ホットシューによる無線シンクロ
・スタンド転倒や破損の可能性が極少化
・遠距離、後方、壁の向こうなど位置障害物関係なく発光する
(海外製トランスミッターなら100mは軽く届きます)
・もちろんプラグ出力できるのでジェネ、モノブロック対応
・ライティングの自由度大
という感じです。
人物と静物の撮影では無いと話しになりません。

ところがαでは・・・
◆汎用トランスミッターには変換アダプターが必要で動作安定が
著しく落ちることがある。
・FA-HS1AM 希望小売価格 13,650円
・中華アダプター(個人輸入で2,000円)
など上記のいずれかでないと光らないなどもあり、
安い高いの問題ではありません。
むしろ下駄が重要!忘れても壊れても終了のお知らせw

◆αシュー用トランスミッターでは大概αシュー用レシーバ
で汎用性が無い。
純正ストロボ:ハイスピードシンクロが出来る○ 微弱発光が出来ない×
汎用ストロボ:シンクロ速どまり△、他でも使える◎
と非常に運用がちぐはぐで、結局は純正クリップオンと
汎用マニュアルクリップオンストロボを運用するので荷物の増加と
安定性が下がります。
そりゃ、プロであのシューである限り使わないという話は半分
本当でしょう、怖くて仕事用に出来ません。
ロック機構も弱いですしハッキリ言って
特に大型クリップオンフラッシュのポン付け運用は危険を伴います。
ケーブルオフセットしたリチウム電池(重さ2/3)で接続部の負担を
フィルム時代から緩和して使っておりました。
接続が多いほどトラブルが増えるという単純なことなんです。

しかも純正ハイエンドフラッシュは電池蓋が脆弱、
勘合爪がすぐ衝撃で吹き飛びます。
しかもロックは樹脂で脆弱
落とすと即物理破損。
ACストロボ、クリップオンの運用はかなり見劣りするものです。
静物や人物に好描写のレンズが多いのに足を引っ張られてるのが
昔からの印象であり実態だと思うんですよね。
その点キヤノンの無線ストロボは頭一つ以上抜け出したと思ってます。

EVFで高速連写というのも良いですがレリーズラグと像消失短縮の
ほうがハイエンド機には重要だと思います。
それにAPSのほうが望遠倍率や光学系の移動質量も軽いでしょうし。
より突き詰められると思います
むしろフルサイズ普及機はフルサイズSWEETデジタルでも出して欲しいくらいです。
命名法則が支離滅裂になってきた型番はまんま将来展望のいい加減さに
感じます。

価格がだいぶ下がってきたとはいえフルサイズのセンサーはまだそれなりのお値段がするのでしょうから、フルサイズ=上級機の構図がなかなか崩れないのでしょうね。

ただ、金属外装で軽量化はこのぐらいで限界な気もします。
あとはチタンですか。でもすごく高くなりそうですし、F1マシンみたくカーボンファイバーを整形するってなったらさらに高価になっちゃうでしょうし。

むしろ重いレンズを使う側としては今ぐらいの重さに縦位置グリップ付けてちょうど良いくらいですね。
フロントヘビーになって使いづらいのでグリップがカウンターウェイト代わりなんです。

フルサイズが上級機だけの物とは全然思ってないので、エントリ-向けのフルサイズもアリだと思いますし、そのうち出てくるでしょう。

ただし、軽さを求めるならおそらくプラボディ&防塵防滴無しは我慢しないといけないかもしれませんが・・・。

ぽん太さん

丁寧なご回答ありがとうございます。
無線シンクロはすっかり考慮から欠落しておりました。
確かにライティングの自由度から言えば汎用シューを使用した無線シンクロは欠かせませんね。

リモートフラッシュ自体は純正でも出来ますが、松でも本体発光必須(-:1にしても信号発信の為に光る)のには参いりました。
回り込みも弱いので、リモートを後方に置くと不安定だったり……。

強度に関しても、私のような素人レベルでは不都合がなくとも、本腰を入れて撮影される方にはやはり問題なのですね。

像消失短縮ですが、アフタービュー無しの設定でも不足と言うことでしょうか?
α900の他にα33も所持しているのですが、飛行機撮影でその設定を行ったら特段不都合が無くなったもので。

汎用シューではなくてまた変な規格を作るのですか?
何でもかんでもアダプターが必要になっちゃいますよ。アダプターがないとマイクすら付けれないなんて…。

キャノンに乗り換えてからふとSONYに振り返ってみると、かなり異常なオーラが見えました。

XQDは…このままだとニコンD4を道連れに黒歴史になってしまうw

>KOさん
XQDも現状ソニーしか作れませんが採用されてるのはニコンD4だけですよ。

確かに昔のソニーなら自社が真っ先に量産成功したフォーマットは自社製品に採用してましたが今のソニーはそうではなくったようです。

α99はCF(コンパクトフラッシュ)を採用しないでSD/メモリースティックのダブルスロットですか。
XQDだろうと思っていましたが、CF無しは信じ難いですね。
100%確定では無いのですが
まあSDも高速・大容量化していますから。

もしこれが事実ならXQDを採用した更に上位機があってスタンバイしているのかな。
α1 ?......

メディアの耐久性は、プロ/ハイアマにとって大事な物なのに、どういう事なのかな。

新しいホットシューだと、今までのフラッシュは何かアダプタを使わないと付かないのでしょうか。だとしたら不便で困りますね。

小型軽量にするならSD一択でしょうね
いっそのことシングルスロットにすればいいのに

これで99、248000円スタートは
ほとんどの人が納得しないでしょう。

88、198000円スタートなら
その先も期待するし、良いのですが。

プロ機たるものストロボは非搭載っていうのに憧れます。
デザインもα900を踏襲したものになるといいですね。

ヒロさん

大きさと出てきた噂からみて
99はハイアマ機材ですよ。

しかも、プロの観点ではまだまだなハイアマ機材。

だからこそ、ありったけの技術を実装するか、
値ごろ感のある製品にしないといけないのに
中途半端さが予感される噂ばかり。。。

>αかEOSさん
アイピースシャッターは付かないでしょう
TLMの場合EVFだから
ファインダー側からミラーボックスへは光は入り込まないのですから
三脚撮影時の為にシャッターやキャップを付ける必要はまったく無いです。

匿名3 (2012年7月20日 11:56) さん

>XQDカード規格はキヤノン、パナソニック、オリンパス、リコーなどは参画していませんしマイナーな規格なのでこの先不安です。

XQDの将来性に関する懸念は杞憂かと思いますよ。
XQDの規格を提唱したのは、サンディスク、ソニー、ニコンの3社ですが、最終仕様を公表したCFA(標準化推進団体)にはキヤノンから在籍している理事もいますし、今後益々普及して行くものだと感じています。

今や将来的にはコンパクトフラッシュによる微細化やさらなる高速化への懸念は大きく、次世代メモリーカードとしてXQDの規格化は必然であったように思います。
SDXCに関しては期待もしているのですが、開発スピードが発表当初の想定より遅れている事、仮に今後開発が順調に進んだとしてもUHS-II採用までにかかる時間、300MB/秒を越える速度を出すためにはW単位で電力消費量が跳ね上がること等々、課題は少なくありません。
どうにかブレイクスルーによる発展を期待しています。

余談ですが、XQD採用を期待されている方が思っていたより多くて驚きでした。
ぜひ皆さんの意見がSONYの担当者にも届けばと願います。

>ぽん太さん・αかEOSさん
α99(?)に関しては、ニコンやキヤノンとはまた勝手が違ってくるだろうと思います。
以前の最終試作型の通りにα77のような稼働液晶が採用されるのなら、その特性上、
ニコンやキヤノンのフルサイズとは異なり手持ちで様々な位置や角度から写真や動画を
撮る人の割合は多くなるでしょうから、その点に置いて小型化・軽量化というのは
今までのように無視できるものではなくなってくるのではないでしょうか。

>新型ホットシュー

NEXのターミナルのように、接点数を多くした
次世代のホットシューではないでしょうか?

E-M5やGX1は汎用ホットシューの後ろに独自の
接点を設けていますが、いちいちダイヤルを回して
装着するなど、デザイン・使い勝手共にあまり良くありません

Aマウントのオートロックアクセサリーシューは
ワンタッチで取り外し可能で使い勝手は汎用ホットシュー
よりはるかに良好ですが、あくまでフラッシュ用であり、
接点が四つしかありません

例えば外部モニターとの装着にUSB接続が必要だったり
外部マイクとの接続もややわずらわしいなど、
フルハイビジョン撮影の際には、ケーブルレス化が
不可欠ではないか?と考えています

パソコンやハイビジョンテレビで標準化したHDMIのような、
高い将来性とデザインに優れた新型ホットシューであると
期待したいです

>フラッシュ非内蔵

ミラーレス一眼NEX-5がそうであったように、
強力な高感度性能を備えるであろうα99にはフラッシュ撮影は
さほど必要性は無いのかもしれません
巨大な24-70ZAをカバーする内蔵フラッシュとなると
ヒンジの長さも必要で、たぶんデザインに相当な負担となる
のではないかと
またプロ・セミプロの要求するタフネスさを維持するためでも
あるでしょう

新型ホットシューで、小型・インテリジェント制御可能な
標準フラッシュを発売してくれればそれでよしです

XQDカードを採用しない?

噂段階なので話し半分で受け止めておきます。
画質には関係ないとは思いますが、α77だってUHS-1対応のSDを採用してきたのですから、XQDカード不採用はあり得ないでしょう。

sonyのカメラはAFはCNと比較してもダントツ遅いし、詰めが甘い。RAWは12ビットだし、TLMだのEVFで評価も悪い。しかし私みたいな風景、花のアマチュアで四切程度しか伸ばさない人にはRAWの12ビットもどうでもいいしTLMの画質の低下もどうでもいい。それでもカメラ雑誌には入選できる。間違いなく素晴らしいボケが表現できるレンズと自分のイメージの色作りを即座にできるEVFのおかげと思う。77であくびしている70-200Gレンズと24-70ZEISSの実力がフルに発揮できるEVFのフルサイズのカメラを適当な性能と価格で早く出してほしいだけだ。性能は今公表されているので結構だし価格も高くても売れなければ勝手に下がる。77ではどうも焦点距離が中途半端でいけない。使えばわかるけれどMINOLTAの素晴らしいレンズ資産があるしsonyレンズは本数は少なくても良いものがたくさんありなかなかだよ。

yuunosukeさん

OVFとEVFの機構の違いくらいは承知しています。写真で仕事してますので。

ブラックボックスといえば、少し前に話題になりましたが、
EOS5D3でバックライト点灯すると露出が変わってしまうロットがあったとか。
そういえばEOS5Dなんて、ミラー枠がはずれるなんて不祥事もありましたよね?
意外と多いCanonのリコールの多さには驚きました。


さて、ファインダーですが、
α77や65は一時的な試作機構搭載モデルのようなもので、
台数を稼げる中級機でEVFを成熟させ、フラッグシップではOVFとEVFのハイブリッドであって欲しいと。
今の流れでは、フラッグシップであってもEVFになるのかも知れません。
ですが、まだまだOVFの存続を望む声もあると私は思っているのです。
何年か経って「そういえばSONYはミラーでいろいろ試みてた時期があったよね〜」
なんて言われるようになると思っているのですが。。。

昔ながらの実像ファインダーを活かした、新たなハイブリッドファインダーは出来ないものでしょうか?
全くカメラとは関係ない業種ですが、例えばPioneerのカーナビ(サイバーナビ)みたいな発想とか。。。
フロントガラスにデジタル画像を投影しているわけで、あれもいわばハイブリッド画面。

社長も交代しましたし、既成概念に捕われず、
それこそ昔ながらのチャレンジングなSONYに期待しています。

ミラーがスッ飛ぶカメラ売っても王者になれる業界なので、
無難なカメラより、革新的なカメラを生み出してもらいたいものです。
NEX5、NEX7はなかなか良い出来映えだと思っていますので、
是非、Aマウントでも傑作を!
(でも、押さえるところは押さえつつでお願いします。)

XQDスロット内臓では無く、ワイヤレストランスミッターで、ポータブル型のリーダー&ライターに書き込まれるアイテムが出たらおもしろいですよね
独自アイテムが好きなSONYらしい。
画像はアンドロイド端末から閲覧。携帯回線からクラウドサーバにも自動バックアップとか?
新型ホットシューもブルーツースで高速なレイテンシーを実現して、ワイヤレススレーブ発光でもシャッタースピード世界最速とか?

本体が平凡な分、αの環境製品に夢見てます


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスXZ-2(XZ-1後継機)は8月末に発表?」です。

次のブログ記事は「オリンパスOM-Dシリーズのハイエンドモデルが6ヶ月以内に登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る