パナソニックDMC-G5はレスポンスに優れ画質も改善されている

ePHOTOzineに、パナソニックLumix DMC-G5のレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix DMC-G5 DSLM Review

  • G5には大きなプロントグリップと背面のサムグリップが採用され、グリップはG3から大きく改善されている。シャッターボタンの後ろに新設されたロッカースイッチは、パワーズームのコントロールか、または露出補正に使用される。マニュアルモードでは絞りのコントロールも可能だ。EVFにはアイセンサーが採用されている。
  • G5には作動音のしない電子シャッターが採用されており、これはシャッター音が目立つ時に役に立つので歓迎したい。
  • バッテリーライフはCIPA規格で340枚で、実写ではバッテリーが無くなるまでに350枚以上撮影することができた。
  • AFは極めて速く、シャッターレスポンスも同様だ(0.15秒)。撮影から次の撮影までの時間は素晴らしい(フラッシュ無しで0.4秒)。連写速度の6コマ/秒はG3の4コマ/秒から改善されおり、GH2の5コマ/秒よりも速い。G5はコンティニュアスAFでも3.7コマ/秒の連写が可能だ。
  • 色再現は野外でも室内でも素晴らしい。肌色のトーンとディテールも良好だ。露出は良好だが、若干アンダーになる傾向が見られたので、時々露出補正が必要になるかもしれない。
  • キットレンズのX14-42mmは、広角側でも望遠側でもディテールが良好で、パープルフリンジも見られず、逆光にも強い。しかし、近接撮影では周辺光量落ちが悩ましい。
  • ノイズはISO160と200では極めて少なく、ISO400ではわずかなノイズの兆候が見られる。ISO800でもノイズはまだ少ないが、ディテールの喪失が見られる。ISO1600ではノイズがより顕著になる。ISO3200では更にノイズが増えるが、GX1よりもノイズは少ない。とは言え、目立ってソフトな画質になる。
  • ISO6400ではノイズが強くなり、これが使用したいと思う上限の感度かもしれない。ISO12800ではノイズが盛大で、非常にソフトでディテールの失われた画質だ。この感度は避けたよほうがよい。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯でも蛍光灯でもすこぶる良好な結果だ。白熱灯のプリセットやオレンジに傾く傾向があるが、暖色系のトーンをキープしたいなら実用的だろう。蛍光灯のプリセットは用意されていないが、マニュアル調整は用意されている。
  • G5はレスポンスに優れ(AFは極めて速く、シャッターレスポンスに優れ、連写も速い)、豊富な機能を持ち、画質も高感度ノイズが改善していて素晴らしい。X14-42mmと組み合わせれば、とてもコンパクトで高画質なシステムになる。G5はG3よりも高価だが、G5の進歩は投資に値すると感じる。G5はコストパフォーマンスに優れており、大いに推薦する。
  • 良い点: 素晴らしい画質、アイセンサー付きのEVF、静音モードのある電子シャッター、6コマ/秒の連写、改善された使い勝手、改善されたメニュー、改善されたバッテリーライフ、新設されたズームレバー、電子水準器。
  • 悪い点: X14-42mmはトップレベルの性能ではない。パノラマモードがあればよかった。標準モードではシャッターの作動音が極めて大きい。

 

G5はグリップの大型化やアイセンサー、ズームレバーの追加などの使い勝手の向上に加えて、液晶モニタの画素数や連写速度、高感度ノイズなども改善されていて、カメラの性能が全体的に大きく底上げされているようですね。際立った新機能こそありませんが、完成度の高い正常進化モデルという印象です。

2012年7月29日 | コメント(12)

コメント(12)

当初G3のマイナーチェンジではと言われていましたが、センサーも異なり改良点も多く、よかったです。
ただ動画が強力なになった割には、スチルの電子シャッターモードが4M画素のままで進歩してないのは残念。あのギザギザの折り返し歪みのままの画は改善しないのでしょうか?

これでEVFがもう一段高精細になったらG3持ちも文句無く買換えです。
KISSクラスの一眼レフが必要なくなる日は、一般に考えられているより、早いのかもしれない。

G5いいですねぇ。昔G1の発表会に行きましたが、EVFの動体追随性が悪くあまりいい印象を持てませんでした。しかし、GX1の時には大幅に改善されており、またAFも極めて早く、ミラーレス新時代の到来を予感させてくれる機種に変っていました。私も購入を検討していたのですが、E-M5が発売されメインがオリンパスを使用していたこともあり、そちらを買ってしまいましたが、今でも気に入ってる機種のひとつです。G5はその進化形でデザインも良く、記事にもあるように非常にバランスの取れた機種であると思います。私が最初にデジ一眼を購入するのであればこれを買っていたかもしれません。m4/3はレンズも揃っており魅力のあるシステムになりつつありますが、どうしてパナソニックはデジイチの価格の下落が激しいのか腑に落ちません(売れてないからでしょうが)。パナにはがんばってくれとエールを送りたいですね。

無難な一眼フォルムになって、地味だけど今までより欧米で売れそうな気がします。

> 作動音のしない電子シャッター

こういうのがあればとは思っていました。
愛用のNEXのシャッター音が大きいからです。
店で料理をそっと撮りたいと思っても、気になりますし、
静かな夜だと更に、手持ち夜景で、必ず振り向かれます。
ミラーレスで明らかに大きいシャッター音。
音自体もニコ1のような音だといいのに。

G5がこれだけ良くなったとなると、GH3に期待せずにはいられなくなります。
パナはレンズは良いけどセンサーが悪いというイメージがありますが、ソニーのセンサーに早く肩を並べて欲しいものです。
各社から出てくるミラーレスのセンサーサイズを検討してみるとm4/3というのはなかなか良いサイズではないかと思います。ニコンの1インチじゃ被写体深度が深くてボケを生かした写真が撮りづらく、APS-Cだとレンズが大きくなりミラーレスらしい小型軽量化が難しそう。m4/3だと単焦点の明るいレンズを使えば被写体深度の浅い写真は撮れるし、全体のシステムがとてもコンパクト。
当初は、m4/3は眼中になかったのですが、各社のミラーレスが出そろってみると結構良いなぁ~と考えを新たにしました。
G5は正常進化で、これだけ良くなったので、今後のパナには注目したいです。

G5は納得の仕上がりですね。
センサーはGH2のお下がりのようで、連写や動画のフレームレートがGH2より高性能なのて、その改良版っぽいですね。
すっかりEOS Mに話題を奪われてしまった感がありますが、商品の魅力は断然こちらが上だと思います。
GH3にも期待しています。

ファインダー象消失時間はどうなんでしょう。
次の撮影まで0.4秒ってのは、実質消失時間と考えていいのかな?
でもって、連写は6枚/秒ってことは、やはり連写中の動体追従はEVFでは不可なんですかね。

日本での発表はいつなんですかね?
イギリスのLUMIZサイトで、ロンドンオリンピックで使われている画像なんて見せられるとイライラするなぁ・・・

何、電子シャッターとな。
GH2では、ばかでっかいシャッター音に悩まされています。なんで一眼レフより音が大きいんだよ。
こりゃ、これだけでも買いかな。

>必ず振り向かれます。
これは写真を取る人は必ずされますね
音に反応したというより、あくまで抗議の意味で見てるんでしょうが…

くっそ~、12Mのセンサーだったら買いだったのに!

>ISO800でもノイズはまだ少ないが、ディテールの喪失が見られる。ISO1600ではノイズがより顕著になる。

の部分が気になります。
G3や同じセンサーを使ったGX1はISO3200まで使える絵に対して動画にふった為か一世代前のセンサーのせいか判りませんが実際はどうなのか確かめたいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Metabonesが新型のNEX-EFレンズ用の電子接点付きマウントアダプタを発表」です。

次のブログ記事は「ソニーα99は9月上旬に発表、10月上旬に発売?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る